toggle
2022-01-14

3月20日(日)【チャクラ惑星音叉Ver】実践講座のご案内:Astrological Celestial Tuning Fork Class

◎『チャクラ惑星音叉Ver』実践講座概要(参加資格:オープン)
〈ASTROLOGICAL CELESTIAL TUNING FORK CLASS – 占星術と惑星音叉クラス

ethical cosmic がご紹介する『チャクラ惑星音叉Ver』実践講座は、身体のチャクラに興味がある方、惑星音叉に興味を持っている方、また、これから惑星音叉を使ってみたい方などにおすすめするリアルワーク講座です。

【チャクラ】とは、「wheel=車輪」の意味であり、古代インドのヴェーダでは、人間のバイオフィールドを流れるかすかなエネルギーが、チャクラ(車輪)と呼ばれる渦をまく部分をつうじて、物理的な肉体と相互に作用し合っているとされています。

ヴェーダでは、チャクラはナーディ(気の通り道≒経絡)と結びついて、生命力やバイオフィールドの仲介役を果たしているとされ、さらに各それぞれのチャクラは、人体でホルモンを分泌し、体のみならず感情的反応にいたるまで幅広いはたらきを制御する内分泌腺にかかわっているとされています。

チャクラは車輪のように回転しながら、宇宙エネルギー(惑星世界)と肉体レベルをつなぐ役割を果たしているということなのです。

惑星音叉の周波数は、実はそのままチャクラの周波数に当てはまり、惑星音叉の多様な周波数の微細エネルギー流によって、チャクラ状態のスキャニングや調整が可能となります。また、そこから肉体や感情レベルの状態まで観察することができます。

古代エジプトでは、音叉にとてもよく似た道具を用い、それを体内エネルギーの中枢でありエネルギーの渦であるチャクラを活性化するために使っていたとされています。さらには意識の高次領域に入ることを導き、そこで諸世界を探究するのを助けていたというのです。

チャクラに対して音叉はとても有効で、この実践講座では、チャクラに対応する惑星音叉を用いて、二通り(肉体に近いエーテルのレベルとその対となっている感情体のレベル)のチャクラパターンのスキャニングと、その調整方法を安全に学んでいきます。さらには、各それぞれのチャクラに対応する肉体や感情パターンの意味も理解していきます。

— — 
※こちらの実践講座については、音叉の扱いについて感覚的なところで共有していく部分が多分にあるため、リアル受講のみでのご案内、受付となります。また、実践はリアルで学んでいきますが、チャクラの知識情報は事前にオンラインで学ぶかたちとなります。
※本講座は、ethical cosmicが独自に提供する、占星術的な哲学や概念の天体理解を基に、惑星音叉を用いて心身魂を整えていくことを学ぶクラスである『〜Astrological Celestial Tuning Fork Class〜 : 占星術と惑星音叉クラス』のカテゴリーにおいて行われます。

◎講師:杉山 陽一 プロフィール


・Sound Healer サウンドヒーラー
・Astrologer 占星術家

セラピストとして「音(周波数)」のみを用いた施術において現代医療現場にて10年の臨床実績。トータルヘルスケアを掲げ、さまざまな患者さまと向き合い、人と音の可能性を追求し、研究してきた。独学で積み重ねた占星術の研究と人体機能への研鑽を深めていくに連れて、天体と人=意識と身体の関係性を見つめていく独自の医療占星術的アプローチを構築する。惑星音叉の活用法を分析し、実践レベルで有効な方法を見出していきつつ、ホロスコープを活用した惑星音叉のセッションも行う。現在は独立し、惑星音叉や占星術の啓蒙とセッション通じて、人に備わる潜在的可能性のクリエイトをサポートする。

◎開催日時・受講料

【日時】2022年3月20日()10:00~17:30
【場所】ethical cosmic 鳩ヶ谷サロン
【アクセス】埼玉高速鉄道(地下鉄南北線直通)「鳩ヶ谷駅」地上出口よりすぐ

【定員】6名  ※どなたでも受講可能
【受講料】33,000円(税込)
※知識情報は事前にオンラインで学び、実践はリアルで学んでいきます
※音叉をお持ちでなくてもご参加いただけます
※惑星音叉周波数のチャクラ音叉&アクティベーターをお持ちの方はご持参ください
※お支払いは、銀行振込/ PayPay/PayPalをお選びいただけます
※お昼は、
簡単なおにぎりとお味噌汁のご用意がありますが、各自必要な分、足らない分はご持参ください
※服装は、締め付けのない楽な格好でお越し頂くか、楽な服装のお着替えをお持ちください

◎お申込み・お問い合わせ先

ご予約」よりお申込みいただくか、ethical.cosmic@gmail.com までご連絡ください。

みなさんにお会いできること、たのしみにしています!

関連記事