toggle
2021-09-26

アクエリアスラジオ(#029) 9/27~10/19天秤座水星逆行&9/29蟹座下弦の月について

第29回目のアクエリアスラジオは
〇天秤座 水星逆行について
〇蟹座 下弦の月について
をお届けしていますッ!

ラジオのなかでお伝えした、水星逆行期間に起こりやすい一般的なよくある現象を下記に挙げておきます。

  • もろもろの交通機関の遅延(移動手段の混雑や渋滞、また故障や工事や事故など)
  • 通信障害
  • 連絡や伝達事項(メールや伝言)の遅れ、行き違い、不通
  • 意思疎通の食いちがいや誤解、勘違い
  • ものごとの遅れ
  • 二度手間
  • 決めていた計画や予定、スケジュールの変更
  • 何らかの故障、修理、工事、修繕
  • 実務、情報、学習の確認作業やまとめなど、過去にさかのぼったテーマで再度やり直す
  • 旧友や旧人との再会(ばったり遭遇や連絡が来るなど)
  • 気になっていたもの、忘れていたものの連絡が来る、情報が入る
  • 失くしもの、忘れていたもの、隠れていたものが出てくる
  • 隠れていた体調不良の症状や箇所が現れやすくなる

そして、水星逆行期間に好都合とされていることは、

  • 日々の実務や業務の整理、再確認作業
  • 労働環境の見直し
  • ものの片付け、書類整理
  • お掃除、清掃作業
  • 体調管理、健康管理の見直し、養生
  • もう一度文章や記事を読み返して再確認、再理解する
  • 勉強や学習などの復習や学び直し
  • 必要な情報をあさる
  • 実務的な技術や能力向上のためのスキルブラッシュアップ
  • 過去に戻りつつの実務、技術、学びのバージョンアップ
  • 過去にやり損ねたことに取り組む
  • 挫折したこと、放り投げたことのやり直し
  • 行き当たりばったりな移動、旅
  • 内観、内省
  • 休息

などには持ってこいの時期となるので、こういったことに使える期間としてどうぞ過ごされてみてください。

今回の天秤座 水星逆行期間(2021.9.27〜10.19)に特化したテーマは、「自らがトリックスターとなって、地上における異能の役割を積極的に受容し、また、自分軸の理想理念による、風の人生の意義を求める向上心とチャレンジ精神で、自己の主体と客体の転換を享受していく、自己イメージ交代のイニシエーション期間」となっています。

また、「箱がえや、看板がえや、立ち位置がえ、ブツ(物)替えを受容して、より条件付けを取っ払ったかたちでの地上生活、地上活動の拡大、追及を強化していく期間」ということでもあります。

今回の天秤座 水星逆行期間では、水星逆行タイミングの風の大三角(第5ハウス双子座 月・セレス・リリス/第8・9ハウス天秤座 火星/第1ハウス水瓶座 土星)の一角を担う、天秤座 火星のアクションがポイントとなるでしょう。

それは、一度捨ててしまったもの、挫折してしまったもの、脱落したものに改めてチャンレンジしていく、探求、追求しなおしていくという意欲と行動力といったことが、風の人生における箱や看板と、人格そのものの、ここからの大きな発展と再生に至っていくカギとなっているということです。

そして、9.29の蟹座 下弦の月のテーマは、「これまでに実現された願望の達成と、手に入れた安住による人と環境の防衛から離れ、リアル本能の衝動が求める満足感と安心感に、未来の道を明け渡すとき」といったことになっています。

「既存の安住」と「真の安住」といったことで、各自の中で二つの勢力がうごめき出すときかもしれません。ここらで環境や人間関係を見渡して、「既存の安住」と「真の安住」の落差を感じていくときとなります。

ただし、このあたりのタイミングで感じる環境や人間関係における〝安住の違い 〟といった落差のストレスこそが、ここからの人生の再方向づけの推進力になっていきます。

今回の下弦となる蟹座の月はかなり突飛なので、いろんな意味で反動があればあるほどよいでしょう。ただし、各々各所でその気持ちが表に出てくれば、これまで共同心理でくくられていた同一化した環境や人間関係の安心を、掻き回していくことになるかもしれません。ここで自己に開かれた生き方の場合は、それは普通です。

ぜひお聴きください!

 

▼下記よりお聴きいただけます

「アクエリアスラジオ」は、ランダム配信にてお送りしています。

 

▼YouTube からはこちら:

 

関連記事