toggle
2021-03-12

【魚座新月時の《ヘリオセントリックチャート》】〜制限や抑圧をかけてきた自己の中心の火(熱源)を噴出させ、真の元気を取り戻すことで、次元を貫いて機能する自己の完全な合致に至っていく〜

2021.3.13 19:21  魚座新月のヘリオセントリック(太陽中心)チャート解説

太陽中心のヘリオセントリックチャートは、太陽の不動の精神、無限の創造力を地球に持ち込むというテーマで理解する必要があります。そして、人生の発展創造を示す「純粋な精神の向かう先」=「意志の発揮のテーマ」を表しているものと考えます。  

大事なのは、太陽中心であるがゆえに、誰に邪魔されるでもなく、誰を気にするでもなく、誰に忖度するものでもない、限られた時間の制限や限られた空間の縛りもない、純粋な創造性の発揮のテーマですので、ヘリオセントリックチャートを活用するときには、地球の重い物理感覚やエゴ感情、他人を気にすること、地球で起きてくるデーモン的(悪魔的)な出来事とは関係なしに運用していく必要があります。

ヘリオセントリックチャートは、ジオセントリックチャートの地球の地上世界での適応や、物理的な外環境の推移を表すというより、地上で事象化されることの因子として働く、創造意志そのものと考えます。より五次元世界以上の普遍的な太陽系の意志の働きを示すホロスコープチャートとも言えます。魂の生き方を実現したい人、創造的な生き方をしたい人、人間の本質で満たされたい人は、光(恒星太陽)の生き方に照準を合わせてみてください。

地球は乙女座23度【サビアン乙女座24度:メリーと彼女の白い羊】までやってきて、魚座海王星と180度。乙女座地球と魚座海王星の180度を山羊座冥王星が調停。乙女座地球と乙女座ベスタが緩く合。乙女座地球と水瓶座パラス・アテナが150度。そして乙女座地球は、コップ座の恒星アルケス、しし座の恒星デネボラと重なります。

このタイミングでは、そもそもの存在としてある大きな自己と、地上的存在としての分割化した自己(小さな自己)が、相思相愛となっていきます。(乙女座地球)

ある意味では、次元を貫いて機能する自己の完全な合致です。(乙女座地球)

屈折も虚栄もない、そのままの存在としての生き方をはじめていきます。(乙女座地球)

ここでは大きな自己を受け止める器として、地上的自己を生きていくことになるでしょう。(乙女座地球)

コップ座の恒星アルケスの影響が入り込めば、大きな自己から受け取る、自分にとって非常に大切な意義を地上で守りつつも、それを人生において運んでいくことになります。(乙女座地球, 恒星アルケス)

ここで表れてくる目的意識は、何らかを継承していくことにもなるでしょうから、その目的の部分において、自分が属しているネットワーク(共鳴しているもの)が何かをはっきりさせておくとよいでしょう。(乙女座地球, 恒星アルケス)

ここからは、自分のするべきことだけをして、満足に素朴に暮らしていきます。(乙女座地球)

ここで本当の個性という予感を受け取り、今までのこれが個性だと思っていた考えの壁を突破し、本当の個性というものを、地上に存在する確かなものとして視覚化していきます。(魚座海王星, 天王星遠日点- 180°-乙女座地球, 天王星近日点)

また、しし座の恒星デネボラの作用が入り込むと、大きな自己と分割化した自己(小さな自己)の合致によって、誰もが同じ考え方にならなくてはいけないという姿勢から離れていくことになるでしょうから、これまでの社会的慣習の主流からは外れていくことになるでしょう。(乙女座地球, 恒星デネボラ)

自分の本当の目的と合致して、地上における強力な目覚めが起こってくるならば、他人とは違う意見を強気で主張することにもなっていきます。(乙女座地球, 天王星近日点, 恒星デネボラ)

乙女座地球と緩めのコンジャンクションですが、ここでは乙女座ベスタが鍵を握っているでしょう。乙女座ベスタのサビアン「噴火している火山」は、自己の中心の火(熱源)の噴出が必要だということを示しています。(乙女座地球・ベスタ)

自己の中心の火(熱源)を燈し、長い間無視されてきた、抑圧してきた繊細な思いや本当の思いをちゃんと外界に噴出させていくことによって、魂レベルの自己の一体化という欲求が喜び、生命力がどんどんみなぎって、真に元気になれるでしょう。(乙女座ベスタ- 180°-魚座金星)

それは、これまでの地上的自己のアイデンティティの制限や安定を奪っていくような体験になるかもしれませんが、失っていた自己の中心の火(熱源)を取り戻していく体験になるので、後で考えるとよかったと思えるようになるでしょう。(乙女座地球・ベスタ)

これまで無視して捨ててきた、魂そのもので感じられる喜びを、そのまま地上的な世界に出して前進させてみることで、これまで思い込んでいた自分のイメージを壊していきます。(乙女座ベスタ, 地球)

これまで固めてきた自分という存在は一時的にショックかもしれませんが、もっと自由になっていくという点で、これは自己脱皮となります。中心の自己は満足しています。(乙女座地球・ベスタ)

このタイムラインでは、人生の超越をももたらしていけるような、感受性のひらめきの部分を決してないがしろにせず、無視せずに取り込むことができれば、新たな人生への予感が冴え渡り、次元を貫いて機能する自己の完全な合致がうまくいくでしょう。嗅覚を働かせ、微細な印象を認識していくことで、内的統合によって自己認識の偏見を超えていきます。(魚座海王星-180°-乙女座地球/水瓶座パラス・アテナ-150°-乙女座地球)

またそれには、時代性によって自分がなじんでいたり縛っていた立場へのこだわり捨て、異質に見えるような眠っていた立場を放出するという創造性を発揮することによって、大きな自己と分割自己(小さな自己)の合致がスムーズにいくでしょう。(魚座海王星-180°-乙女座地球を山羊座冥王星が調停)

ここからの人生においては、後天的に素朴になって、子供になった自分というものを表現していきますので、人生において、もう変な工作も妙な策略もなくなっていきます。(乙女座地球)

ただし、自分にも他人にもまだ緊張していたり、まだ怒っていたりする場合は、大きな自己と分割自己(小さな自己)が合致して、次元を貫いて機能する人生行路の本質的な意義には到達できません。(乙女座地球)

その緊張感や怒りの原因となっている、握りしめていて掴んでいる(た)ものを離し、人によっては一度死んだと思うぐらいゆるゆるになったら、そこから自己の中心の熱で押し切るのです。それは、心(ハートの中心の思い)だけで人生を押し切るということです。(魚座金星・海王星, 乙女座ベスタ・地球)

ある意味では、地上の地の時代的な欲求や怒りの感情などがここで燃え尽きている必要があるので、それが燃え尽きるまでは、地の時代的な価値を握りしめて掴んで離さないことをやり切っていく必要があります。ただし、それ自体がもうくだらないことだと思っているならば、さっさと「あきらめる」ことが肝心で、そんな感情でこれからの人生を生きなくてもいいじゃんとなったら、すぐ楽になれるかもしれません。ただ、本気でそう思えないと自己合致(太陽中心アクティベート)は難しいでしょう。

ここから人生をうまく進めていくためには、射手座水星による人生の方向づけが大切になります。

自己の全体的な存在としての健康やバランスなどを重視し、よりナチュラルな状態で生きようとする意志を発揮していく中で、精神的な豊かさが追求できる具体的な移動や、趣味や学習や情報発信に興じていくことになります。(射手座水星, 恒星ラス・アルゲティ)

その精神的な豊かさのために、これまで考えてもみなかった遠くの方へと移動していくこともあるかもしれません。拡大する情報網のネットワーク上で移動するということも考えられます。(射手座水星, 恒星アンタレス)

この射手座水星は、ロイヤルスターであるさそり座の恒星アンタレスの影響を受けていくことにもなり、辻の神のアンタレスは、ここで死と再生レベルの越境の人生選択を設けているとも言えます。(射手座水星, 恒星アンタレス)

アンタレス的に言えば、ここでの人生の選択は中途半端なものにはならないので、今後の人生の大きな変容に関わるほどの、魂の選択の道が用意されているということです。アンタレスは人生の中庸の妥協という選択がないので、ということは、ここで何か感じている女性性的なところの自分とか、繊細な感受性を発揮できるものに、妥協のない選択をしていくことでしょう。(射手座水星, 恒星アンタレス)

とにかく、この太陽中心の次元では、物質界に癒着している余計なもの(考えや感情)をくっ付けていませんから、理屈(でも..いや..だって…)なんて言っていたら地球の重力世界に取り込まれます。あくまで自己の中心の熱で、心(ハートの中心の思い)だけで人生を押し切っていきます。

そのことで水瓶座土星というガチシンクロ世界を体現することになりますが、その共鳴現象やスピードは笑ってしまうほどで、ちゃんと物質生活も上手くいくという世界です。心で走らないと行くことができない世界です。

またこういう時は、余計なものをまだ背負っていたり掴んでいたりして、人生において地の時代的な世界の価値が主軸になっている場合は、その世界観がこれまでの統制がきかないほどボロボロのぐちゃぐちゃである場合のほうが、強烈に浄化が進んだ魂の恵みをわかりやすく享受できるかもしれません。単純な個人レベルでは、仕事もしかりですが、肉次元での体調不良や健康不良みたいなものがあると、ここでは方向転換しやすいですね。(射手座水星, 恒星アンタレス)

ここから大きな自己と分割自己(小さな自己)が合致して、次元を貫いていく完全な自己に至っていくためには、自己の本能的な喜びの記憶に入り込みつつ、自己の深い思想の中にあった独自の才覚を感じ取っていきながら、人生のグレードアップのための思索を巡らせていくことです。(射手座水星, 金星サウスノード, 天王星サウスノード)

このタイミングでは、自己の精神的な豊かさを叶えていく、具体的に必要な情報(趣味や学習、知識など)をちゃんと集めていったり、抽象的な情報を具体性の中にまとめたりしなくてはならないという衝動に迫られるかもしれません。(射手座水星, 水星遠日点)

新たな人生の超越へのひらめきの予感で、無視したり抑圧されてきた自己の中心の火(熱源)を噴出させて、大きな自己と分割自己(小さな自己)の合致によって真に元気になっていくためには、精神的な豊かさに必要な具体的な情報を追い求めたり、これまで考えてもみなかった遠くの方(ネットワーク上も含む)へと移動していったり、自己の精神的価値の中にある抽象的な情報を具体的にまとめて発信していったりしていく必要が出てくるでしょう。(魚座金星・海王星, 乙女座ベスタ, 射手座水星, 恒星アンタレス, 水星遠日点でTスクエア)

また、精神的な豊かさに必要な具体的な情報を追い求めたり、これまで考えてもみなかった遠くの方(ネットワーク上も含む)へと移動していったり、自己の精神的価値としてある抽象的な情報を具体的にまとめたりして発信しながら、新しい自己イメージを育んでいくと、風の自己の創造性が拡大し、個の解放的な生き方の大きな発展のチャンスに恵まれていくことになります。(射手座水星, 牡羊座セレス, 水瓶座木星で小三角)

制限や抑圧をかけてきた自己の中心の火(熱源)を噴出させて、真の元気を取り戻すことで、次元を貫いて機能する自己の完全な合致に至っていく、そんな魚座新月時の創造タイミングとなっています。

あとは自己内の圧力を高め、他は何も考えてはならず、何も考慮してはならず、ただただ発光するのみです。

心で立った世界に、本当のアマテラス(太陽=熱源=自分自身)をみることでしょう。

 

◉魚座新月時のテーマのアファメーションは、3/15(月)配信のポッドキャスト「アクエリアスラジオ」の方で、魚座新月についてのだだ喋り解説と共にお送りします。ポッドキャストの内容はYoutubeでも配信します)

・Apple Podcast(ポッドキャスト):https://apple.co/3siBDiz
・YouTube からもお聴きいただけます:https://youtu.be/pxrURYOMCfA

 

 note「水瓶座塾」にて、『地の時代から風の時代へ〜社会の生き方基準が大きく変わる〜』動画解説公開中。

・【Part 1】

・【Part 2】

【Part 3】終)

 

関連記事