toggle
2020-10-01

【牡羊座満月時】のヘリオセントリックチャート〜新しい知恵や考えを伝達していくといった目的に従って、自己の社会活動の質をより根源的なものにしていくためには、自分の満足いくかたちで知識や情報を伝えられるようにまとめていく必要がある〜

2020.10.2 6:05 牡羊座満月のヘリオセントリック(太陽中心)チャート解説

太陽中心のヘリオセントリックチャートは、太陽の不動の精神、無限の創造力を地球に持ち込むというテーマで理解する必要があります。そして、人生の発展創造を示す「純粋な精神の向かう先」=「意志の発揮のテーマ」を表しているものと考えます。  

大事なのは、太陽中心であるがゆえに、誰に邪魔されるでもなく、誰を気にするでもなく、誰に忖度するものでもない、限られた時間の制限や限られた空間の縛りもない、純粋な創造性の発揮のテーマですので、ヘリオセントリックチャートを活用するときには、地球の重い物理感覚やエゴ感情、他人を気にすること、地球で起きてくるデーモン的(悪魔的)な出来事とは関係なしに運用していく必要があります。

ヘリオセントリックチャートは、ジオセントリックチャートの地球の地上世界での適応や、物理的な外環境の推移を表すというより、地上で事象化されることの因子として働く、創造意志そのものと考えます。より五次元世界以上の普遍的な太陽系の意志の働きを示すホロスコープチャートとも言えます。魂の生き方を実現したい人、創造的な生き方をしたい人、人間の本質で満たされたい人は、光(恒星太陽)の生き方に標準を合わせてみてください。

このタイミングのヘリオセントリックからの目線は、ジオセントリックの満月と同じ方向に地球があることになります。そのため、ジオセントリックの牡羊座満月と同じサインと度数が地球星座のポイントとなります。地球は牡羊座9度【サビアン牡羊座10度:古い象徴に対する新しい形を教える男】までやってきて、同じく牡羊座のキロン、火星と合。ケフェウス座の恒星アルデラミン、アンドロメダ座の恒星アルフェラッツと重なります。

ここからの創造のテーマは、創造的な能力と大胆さを持って、他人に自分の考えを伝達していくことになります。その他人に自分の考えを伝達していくといったことに関しては、それは、人生の途中で発見された可能性についてかもしれません。(牡羊座地球)

ここで発揮していく創造性は、既知の象徴を、時代とともに変化する自分の思考や感性にあわせて自分流の変更を加え、独自の見解として外に伝えていくことになるでしょう。(牡羊座地球)

この時代とともに変化する自分の思考や感性というのは、よりマクロなことへ関心が向かった中で風を読むといったところから気づいてくる、気配や予感といったことからきているものであり、それがこれまでの世界にはなかった、新しい知恵を持ち込んできます。(牡羊座地球, キロン)

基本的にこの牡羊サインの地球テーマで表されてくる創造性というのは、シンプルに〝新しい〟ということになります。新しいということは、それを受け取った人々にとっては馴染むのに時間がかかるということになります。そのため、最初のうちはこの創造性がそんなに広がることはないかもしれませんが、このタイミングでは広がることが重要ではなく、まだ誰も知らないような内容を表現することのほうが重要であり、その新しい自分の考えを他者に伝達していくことで、確信を深めていこうとします。(牡羊座地球, キロン)

ここで新しい考えを外に伝えるにしても、ギャップを感じるような環境を自覚していきつつ、比較的時間がかかることを認識していきながら、独自の挑戦や野心をまずは地上世界の身近なところへ浸透させていくことになっていきます。(牡羊座地球, キロン, 火星)

ここに恒星の流入をオープンにすれば、牡羊座火星にケフェウス座の恒星アルデラミンとアンドロメダ座の恒星アルフェラッツの作用が働いていきますので、それをしっかりと掴んでいく場合は、独立的に遊離していく個の力を強化して、尖った独自の新しい知恵を浸透させていく行動力に、どんな拘束も受けないようなかたちの自由性と移動性の力が加わっていくことになるでしょう。それによって精神と生活を合致させていくことに、妥協のない意志のパワーを発揮していくことになります。(牡羊座地球, 火星, 恒星アルデラミン, 恒星アルフェラッツ)

ただし、妥協のない意志のパワーを発揮していくにしても、ギャップを感じるような環境を自覚していくことにはなるでしょう。それは地上世界的な次元では、創造的な意志活動と矛盾して、必ず足を引っ張る環境というのもが存在することになります。(牡羊座地球, 火星-150°-蠍座ジュノー, 海王星遠日点)

ただしその環境というは自分の影のようなもので、切っても切れない結びつきでもあり、人間の自と他といった両極の象徴のようなものです。そしてそれに足を引っ張られないと、意志活動(牡羊の自我感覚)というのは、取り返しのつかないところまでいってしまいます。(牡羊座地球, 火星-150°-蠍座ジュノー, 海王星遠日点)

ここで地上世界的に待つことを学ぶことは、忍耐強い人格が生まれてくることになるし、自分の影の領域を救済するといったような姿勢にもなっていきます。逆に、環境の中に存在できる足がかりがあるということでは、それは幸運なことだと考える方がよく、地上世界的な環境との接点がちゃんとあるということになっていきます。(牡羊座地球, 火星-150°-蠍座ジュノー, 海王星遠日点)

ここで自己の創造活動と対立してくるように見えてくるのが社会化された絆なのですが、ここでは自己が環境との接点を持つためにも、社会化された関係性との融合をうまく意識的に図って、自己と環境との結合を工夫して考えていくことが必要な要素となっているでしょう。(牡羊座地球, 火星-150°-蠍座ジュノー, 海王星遠日点, 恒星アクルックス)

また、自己の創造活動に関して、このタイミングで新しい知恵を持ち込んで新しい考えを伝えるにしても、これまで無視してきたのものが壁のように立ちはだかって、その現実の壁にぶつかるかもしれません。(牡羊座地球, キロン-120°-獅子座ベスタ)

ただし天上的なルーツの中にある、自己の中心の火の力としての強い使命感や、熱性を帯びた大義に対する個人的な専心によって、あらためて創造の夢の実現のために、立て直しをする意欲が戻ってくるかもしれません。(牡羊座地球, キロン-120°-獅子座ベスタ)

ここでは以前よりは賢くなっているはずで、風の時代に示されていく各自の人生の具体的な輪郭へ向かって、まだ本当の創造は始まったばっかりといえるでしょう。(牡羊座地球, キロン-120°-獅子座ベスタ/獅子座ベスタ-180°-水瓶座土星, パラス・アテナ)

自己の中心の火の力、その熱感覚を呼び覚まし、ここで創造性を立て直し、人生の立て直しを図るチャンスとなっています。(牡羊座地球, キロン-120°-獅子座ベスタ)

そして、このタイミングからの動き出しの方向づけとしては、まず各自の職業的な箱枠の構造の中に沈み込み、奥深くの古層へと向かって果てしなくさかのぼっていく必要があるでしょう。それによって社会の根底の部分に接触し、ここからの社会活動の質を、異なる社会とか文化に抵触しているようなものとして、より根源的なものにしていくことになっていきます。(山羊座水星, 冥王星, 土星サウスノード, 冥王星サウスノード)

私たちが現在仕事やビジネスや社会といっているものは、ごく表面的なもので、時間の経過とともに様変わりしてしまう儚いものだということに気づくかもしれません。(山羊座水星, 冥王星)

ここでは自分の属している社会を支えている伝統の中にある、より奥まった力の源の場所にたどり着いていく必要があるかもしれません。それは自分が属している社会を支えている伝統の〝根源的精神〟に到達していくということにもなっていきます。(山羊座水星, 冥王星, 土星サウスノード, 冥王星サウスノード)

そのことで表面的な実務力や野心発揮の場からは離脱したかのように見えるかもしれませんが、実際には引退でもなく消極的になったわけでもなく、もっと根本の力を掴み取るんだといった野心から、各自の職業的な方向づけや選択がなされていくことになります。(山羊座水星, 冥王星, 土星サウスノード, 冥王星サウスノード)

そして、自分の属する社会には存在しないような異質なものをよそから持ち込んできて、自分の職業的な立ち位置を完成させていくことになっていきます。(山羊座水星, 冥王星, 土星サウスノード, 冥王星サウスノード)

また、社会的な活動の質をより根源的なものにしていく方向づけの中で、新しい知恵や考えを伝えるために、どうやったら自分の満足いく形で知識や情報をまとめることができて、それを満足なレベルで言語化していけるのか、といったことにもなってくるでしょう。(山羊座水星, 冥王星-150°-双子座金星)

ここでは伝達に関してかなり工夫していくことが大事になっていて、まずは新しい知恵や考えの伝達においてあまり重要でない知識や情報は、自分が伝えていきたいことの意図に沿って全体が妙な形にならないように、カットして編集することが必要になってきます。(山羊座水星, 冥王星-150°-双子座金星)

これは新しい知恵や考えの伝達という創造の目的に従って、知識や情報をまとめていく行為ですが、基本的には自己の哲学や生き方、また時代性といったものが反映された形で、自分の言葉や言語を結晶化させていくことになっていきます。(山羊座水星, 冥王星-150°-双子座金星)

また、自分の満足いく形で知識や情報をまとめたり、言葉を結晶化させていくためには、ここでは恒星の力をふんだんに取り込んでくることがポイントとなっています。(山羊座水星, 冥王星-150°-双子座金星)

新しい知恵や考えの伝達といった目的に従って、自分の満足いく形で知識や情報を伝えられるように、まずはオリオン座の恒星ベラトリックスで無意識や超意識を扱いながら、はと座の恒星ファクトで固まっていた知識や情報を切り分けていき、ぎょしゃ座の恒星カペラで動くもの移動できるものの形にして、オリオン座の恒星アルニラムで新たに知識や情報をまとめていく力、結束させていく力を発揮して、おうし座の恒星エルナトで、これまでの知識や情報を終わらせ、新しくまとめられた知識や情報に生命を与えていく、といったことで恒星力を発揮していきます。(山羊座水星, 冥王星-150°-双子座金星, 恒星ベラトリックス, 恒星ファクト, 恒星カペラ, 恒星アルニラム, 恒星エルナト )

これらの恒星の力をがっつり取り込んできて、自分の満足のいく形で知識や情報をまとめたり言語化していくことに、創造力(恒星力)を思いっきり発揮していくときとなっています。そしてそれがここからの各自の人生の立ち位置に役立っていくことになっていくでしょう。(山羊座水星, 冥王星-150°-双子座金星, 恒星ベラトリックス, 恒星ファクト, 恒星カペラ, 恒星アルニラム, 恒星エルナト )

風の時代で行き着く人生の具体的な輪郭を、より明確なものにしていくときとなっています。

新しい知恵や考えを伝達していくといった目的に従って、自己の社会活動の質をより根源的なものにしていくためには、自分の満足いくかたちで知識や情報を伝えられるようにまとめていくといった創造タイミングとなっています。

◉牡羊座満月時テーマのアファメーションヒーリング【セルフサウンドヒーリング

トランシットチャート(新月満月やヘリオトランシットなど、今現在に天を移動している外的要因の変化を表すチャート)に沿って、自分自身の人生を動かしていくことは、実はとても重要なホロスコープワークとなります。

特に、この太陽中心のヘリオセントリックチャートは、風の時代に必要になってくる人類の意識レベルと呼応し、創造の人生の実践のための新しいスタンダードとして指針になってくれるチャートです。

私たちは、真の太陽(恒星)を招き入れ、光り輝く人生を創造するタイムラインにどんどん突入しています。風の時代、水瓶座の時代には、これまでの時代性の中で失われてきた精神を取り戻し、魂の喜びを取り戻し、知恵(恒星意識)を発揮して生きて行く存在になります。

高い振動数によってもたらされる、ヘリオセントリックのトランシットチャートで人生を意志していくことは、風の時代の新しい生き方へと自らを導いていきます。

そういった意味でも、ヘリオセントリックのトランシットといった、日々移り変わる宇宙の創造サイクルのテーマで自分自身を同期させていくことは、自然な流れで新しい時代基準の自己実現を可能にしていくことになります。

このアファメーションヒーリングは、そういった人生のより良き創造の展開の流れをセッティングしていくものです。是非、アファメーションヒーリングを実践してみてください。

継続的に行うことで、人生の新しい充実感が始まっていくことを体験することができるでしょう。

アファメーションヒーリングのご案内は、前回同様動画レクチャーで、改めて別記事で!

 

 note「水瓶座塾」にて、『地の時代から風の時代へ〜社会の生き方基準が大きく変わる〜』動画解説公開中。

・【Part 1】「水瓶座塾」地の時代から風の時代へ〜社会の生き方基準が大きく変わる〜
https://youtu.be/KkdShXMXBEA

・【Part 2】「水瓶座塾」地の時代から風の時代へ〜社会の生き方基準が大きく変わる〜
https://youtu.be/0ntaL_ZY5uU

【Part 3】終)「水瓶座塾」地の時代から風の時代へ〜社会の生き方基準が大きく変わる〜
https://youtu.be/ELy7FFJTPko

関連記事