toggle
2020-08-31

【魚座満月時】のヘリオセントリックチャート〜確信を持って徹底的に追求する道は、集団やグループ、表舞台への参加によって、大きく創造が花開く〜

2020.9.2 14:22 魚座満月のヘリオセントリック(太陽中心)チャート解説

太陽中心のヘリオセントリックチャートは、太陽の不動の精神、無限の創造力を地球に持ち込むというテーマで理解する必要があります。そして、人生の発展創造を示す「純粋な精神の向かう先」=「意思の発揮のテーマ」を表しているものと考えます。  

大事なのは、太陽中心であるがゆえに、誰に邪魔されるでもなく、誰を気にするでもなく、誰に忖度するものでもない、限られた時間の制限や限られた空間の縛りもない、純粋な創造意思の発揮のテーマですので、ヘリオセントリックチャートを活用するときには、地球の重い物理感覚やエゴ感情、他人を気にすること、地球で起きてくるデーモン的(悪魔的)な出来事とは関係なしに運用していく必要があります。

ヘリオセントリックチャートは、ジオセントリックチャートの地球の地上世界での適応や、物理的な外環境の推移を表すというより、地上で事象化されることの因子として存在する純粋な意思そのものの創造性と考えます。より五次元世界以上の意思の働きを示すホロスコープチャートとも言えます。魂の生き方を実現したい人、創造的な生き方をしたい人、人間の本質で満たされたい人は、光(恒星太陽)の生き方に、標準を合わせてみてください。

このタイミングのヘリオセントリックからの目線は、ジオセントリックの満月と同じ方向に地球があることになります。そのため、ジオセントリックの魚座満月と同じ度数が地球星座のポイントとなります。地球は魚座10度(サビアン魚座11度:「光を探している男たち」)までやってきて、同じく魚座のセレス、はくちょう座の恒星デネブ・アデジ、エリダヌス座の恒星アケルナル、ほうおう座の恒星アンカーなどと重なります。

このヘリオセントリック次元では、ジオセントリックテーマで表されていた「風の時代の地上生活として見えてくるエーテルビジョン」をはっきりと見ることになるでしょう。地球の地の時代特有の物質至上主義的なバイアスから抜け始めている人は、ここで純粋な創造意思としてのテーマを発見することになるかと思います。(魚座地球)

それは、これまで自分では見てこなかった世界、または排除されてきた世界にフォーカスを向け、それを味わったところで見えてきた世界のテーマの発見によって、これからその可能性を追求することになります。ここからは、ジオセントリックテーマにもあったように、思い込んだことを徹底的にやることが重要です。(魚座地球)

ここで見えてきた世界のテーマにおいて、チャンスに賭けることになっていくかもしれません。(魚座地球)

それは、はくちょう座の恒星デネブ・アデジとセレスの影響もともなってくれば、独自の思想や、シャーマニックなものを追求していくといったことになるかもしれません。さらにそれを育てていき、より大きく成長させていく意思が湧いてくるでしょう(魚座地球, セレス, 恒星デネブ・アデジ)

ここで発見したテーマの追求によって育んでいく世界は、新しい人生の生き方の、自己のしっかりとした価値観を確立させることができるものでもあるでしょう。その気配がここで感じられるかもしれません。それによって、自己の確かな確信といった天啓のようなものから、これで限界突破するんだといった野心が満ち満ちてくるでしょう。(魚座地球, セレス, 火星近日点, 恒星デネブ・アデジ)

エリダヌス座の恒星アケルナルとほうおう座の恒星アンカーの影響にさらされれば、この確信がともなったテーマの発見によって、そのテーマを徹底的に追求する道は、苦境の状況を好みながらも、緊急な対処力とか立て直しの力で、状況に対応する力を身につけていくことを求めていくようになります。それによって、目の前の問題からもっと本質的なことへと視点を転じさせていき、新しい人生に向かうために習慣的なものを壊していくことになるでしょう。それはこれまでの通念や常識を書き換えてしまうことでもあり、人生の変容や超越へ向かっていく力を宿すことになります。(魚座地球, 恒星アケルナル, 恒星アンカー)

この人生の超越レベルで、自己の確信がともなったテーマを育てつつ追求していく創造の道のりに対しては、品位ある感受性の独立性によって、本当の自分の(魂の)個性の才能を満足なレベルで使うことができる楽しみや喜びが、よりスムーズな創造の道の進展をもたらすことになるでしょう。(魚座地球, セレス, 恒星デネブ・アデジ, 恒星アケルナル, 恒星アンカー-60°- 牡牛座金星, 天王星, 海王星近日点, 恒星ハマル, 恒星シェダル

ヘリオセントリック次元では、地上的な、感性や美意識に襲いかかる男性性プライド?圧力?バイアスみたいなのがないので、ここからの創造の道のりに対しては、各自の存分に天上的な女性的なエネルギーが、協力的な援助をしていくことになります。現在のヘリオセントリックチャートにおける牡牛座天王星、海王星近日点、恒星ハマル、恒星シェダルあたりのポイントは非常に重要な目覚めどころというか掴みどころかと思いますので、今回はそこに金星がやってきて、楽しみや喜びってまさにこれだよね!と思い出させてくれるような感じです。実際に自発的にそう感じれるということです。

また、深層意識の探求や芸術表現、新しい生き方を求めることによってもたらされる、新しい信頼の形の人間関係によって、この確信がともなうテーマの追求といった創造の道に、より加速されていく活動性が加わってくるでしょう。ここでもし、新しい信頼の形の人間関係が始まっていくようであれば、自己のイメージ力や、また思うような関係や立場によって、これまでの限界を超えて、理想を実現していこうとする強い欲求が生まれてくるかもしれません。(蠍座ジュノー,海王星遠日点-120°-魚座地球, セレス

ここでは、品位ある感受性によって本当の個性を発揮することで満たされていく独立的な生き方が、その新しい信頼の形の人間関係の創造を前進させていきますので、ここでもやはり鍵となるのは、牡牛座天王星・金星、海王星近日点、恒星ハマル、恒星シェダルポイントですね。(牡牛座天王星・金星、海王星近日点、恒星ハマル、恒星シェダル-180°-蠍座ジュノー, 海王星遠日点)

ヘリオセントリックの扱い方は、創造意思を、意思の次元で絶対に離してはならないので、待ってても何も起こりません。肉の都合に関係なく、意思を掴み続けなければいけません。

また、蠍座ジュノーに対して、みなみじゅうじ座の恒星アクルックスの影響を引っ張ってくる場合は、ここからの新しい信頼の形の人間関係で理想を実現しようとする強い欲求は、堅実で着実なステップで、地上的にシステムを構築するといった具体化の力をアクティブにしていくことになります。精神的な労力といったことがポイントになってきますが、行き着くところアクルックスは、物質的な富をもたらすと考えられています。(蠍座ジュノー, 恒星アクルックス-120°-魚座地球

ということは、アクルックスにかんむり座の恒星アルフェッカの影響も考慮して考えてみると、精神的な労力を代償として払うかわりに、現在の立場や所属する社会が向上し、誰かの引き立てで、成功や栄光にたどり着くといった展開にもなってくると考えられるでしょう。(蠍座ジュノー, 恒星アクルックス, 恒星アルフェッカ-120°-魚座地球

だとすると、ジオセントリック、ヘリオセントリック双方を含めて考えてみても、ここからは「徹底的に」「堅実に」といったことがキーワードとなるのかなと思います。ジオセントリックに降りてきたところの、第1ハウスの山羊座天体群のテーマということとも言えるでしょう。

ひとまず、この時節からの人生の方向づけといったことに関しては、まずは集団への参加だったりグループへの参加ということに手を出していくといったことが言えます。シンプルにこれは、各自が表舞台に触れていく、手を出していくといったことでもあります。またここでは、時代や社会を超えて、永遠に通じるような知恵に触れていくといったことも関係してきます。(ヘリオでは、基本的に肉体が触れていくということではないので、意識上で触れていくので、それはオンライン上でもできるということです)(天秤座水星

これは、集団やグループ内、まはた表舞台で、専門知識や技術を持ち寄って触れれるようにしたり、それを相互に活用していったりして、理解力を育て、新しい状況をつくっていくといった方向づけとも言えます。ここでは時代や社会を超えて永遠に通じるような知恵に触れていくといったことをしながら、互いの知識の範囲に橋をかけていくことが大きな意味を持つことになります。ここで新しい知識への欲求が生じてきた時は、それらを扱うグループに参加し、積極的に学んでいくこともよいでしょう。(天秤座水星

また、ここから集団やグループ、表舞台に参加して理解力を育てるといった方向づけが、うしかい座の恒星アルクトゥルスやおとめ座の恒星スピカの影響を受けていくのであれば、学習や教えによって、個々人や社会の新しい未来の道が示されていくことになり、さらに各自の知識や教養といった天賦の才能を使っていくことに、輝きが与えられていくことになります。この影響を受けた人生の方向づけは、人の存在の奥からポジティブな可能性が引き出されていくといった性質も出てくるでしょう。(天秤座水星, 恒星アルクトゥルス, 恒星スピカ

さらに、集団やグループ、表舞台に参加して理解力を育てるといった方向づけによって、別の側面では、何かしらの概念を言葉にして伝えていくことの影響力で、自己が爆発的な変身を遂げていくといったことが創造的に磨かれていくので、ここでは各自が新しい力を身につけていくパワーが非常に強まっていると言えます。(天秤座水星-150°-牡牛座セドナ, 恒星アルゴル, 恒星アルキオネ

そして集団やグループ、表舞台に参加して理解力を育てるといった方向づけは、同時に、世間の裏側に存在するものへと自分の本心が共鳴することによって、素早く定まっていく魂の仕事や奉仕活動への焦点化が、この社会の中でしたいことの創造の輪郭を、確かなものとして構築していくことになるでしょう。それは未来のかたちとして見えてくる新しい理解力や価値観からなる、自己の立ち位置や発展性のまったく新しい人生の形態といったことが、具体的にイメージ化されていくということです。(天秤座水星, 蟹座ベスタ〔土星ノースノード・恒星ポルックス・恒星プロキオン〕, 山羊座冥王星・木星・土星・パラスアテナでTスクエア

このタイミングは、自己の確信がともなったテーマを追求していく創造の道のりにおいて、集団やグループ、表舞台に参加して、理解力を育てるといった方向づけが始まることで、同時進行的に、新しい価値観によって社会でしたいことの具体的イメージや、形あるものとしての輪郭が、意思の上で磐石になり、未来への立ち位置や発展性のあり方を、創造的に推し進めていくことになるでしょう。

確信を持って徹底的に追求する道は、集団やグループ、表舞台への参加によって、大きく創造が花開いていくといったタイミングです。

◉魚座満月時テーマのアファメーションヒーリング【セルフサウンドヒーリング

トランシットチャート(新月満月やヘリオトランシットなど、今現在に天を移動している外的要因の変化を表すチャート)に沿って、自分自身の人生を動かしていくことは、実はとても重要なホロスコープワークとなります。

特に、この太陽中心のヘリオセントリックチャートは、風の時代に必要になってくる人類の意識レベルと呼応し、創造の人生の実践のために、新しいスタンダードとして指針になってくれるチャートです。

私たちは、真の太陽(恒星)を招き入れ、光り輝く人生を創造するタイムラインにどんどん突入しています。風の時代、水瓶座の時代には、これまでの時代性の中で失われてきた精神を取り戻し、魂の喜びを取り戻し、知恵(恒星意識)を発揮して生きて行く存在になります。

高い振動数によってもたらされる、ヘリオセントリックのトランシットチャートで人生を意思していくことは、風の時代の新しい生き方へと自らを導いていきます。

そういった意味でも、ヘリオセントリックのトランシットといった、日々移り変わる宇宙の創造サイクルのテーマで、自分自身を同期させていくことは、自然な流れで新しい時代基準の自己実現を可能にしていくことになります。

このアファメーションヒーリングは、そういった人生のより良き創造の展開の流れをセッティングしていくものです。是非、アファメーションヒーリングを実践してみてください。

継続的に行うことで、人生の新しい充実感が始まっていくことを体験することができるでしょう。

アファメーションヒーリングのご案内は、前回同様動画レクチャーで、改めて別記事で!

 

関連記事