toggle
2020-06-05

【射手座満月⚫️半影月食】〜自身の意義や追求を新たな社会環境の中でもたらし、風の時代のステージへと引き上げる〜

2020.6.6 4:12 射手座 満月【半影月食

  • 2020.6.13:下弦-魚座
  • 2020.6.18:水星-逆行開始(蟹座)
  • 2020.6.21:夏至(太陽 蟹座入り)/新月-蟹座【金環日食(日本では部分日食)】
  • 2020.6.23:海王星-逆行開始(魚座)
  • 2020.6.25:金星-逆行終了(双子座)
  • 2020.6.28:上弦-天秤座(2020年度最大)/火星-牡羊座入り

さて、射手座満月となりましたが、今回の満月は月食の満月となります。

月が地球の影に入ることで満月が欠けて見える月食は、月の一部分が影(本影)に入って欠ける「部分月食」、月の全部が影(本影)に入る「皆既月食」のほかに、地球の半影部分に月が入ることで起きる「半影月食」があります。

1月の半影月食(蟹座)に続いて今年2回目の半影月食が起こることになりますが、未明のことで、途中で月がしずんでしまいます。

食の始まりは、6日の夜中2時46分ごろからのようですが、全国でみられるようなので、興味のある方は各地の観測詳細をご覧ください→(AstroArts

2020年は半影月食が4回あるのですが、そのうちの3回が日本で見られる月食で、その1回目が1.11の蟹座半影月食で、今回は2回目となる射手座半影月食です。

今年1月の蟹座半影月食もものすごかったですが、蟹座という家族性の意識や共同体意識が、これまでとはかなり違ってくるイメージを持ち込んできましたので、家族意識なんて今と比較したら思いっきり変わるなあと思いましたし、集団や共同体への同調の仕方なんて、風ありきの水というものになるなと思いました。

家族を構成する根っこの基準とか、集団をつくる根っこの基準とかが全然今までの水っぽさや地っぽさ主軸でなくなるので、ついに風の時代の到来というか、水瓶座の時代の到来が迫ってきな、みたいな感じを肌感覚で実感しましたね。

そのためサインの捉え方なんかは、風の時代基準で捉え直さないと、そのうちにそんな生き方はもう誰もしてないよといった感じになるのだと思います。

今回は射手座というテーマで月食が起こるので、これは言ってしまえば、「これまでの信じていたもの」が変わる。というものです。

射手座は「宗教」や「信仰」と関係するサインですが、日本人は無宗教の人が多いので、各自の中で、この射手座意識を自覚している人はあまりいないかもしれません。

ただそうなると、ほとんどの人が社会信仰となるので、今回のコロナの件で言うと、自粛ポリスみたいな正義感(煽られた恐怖感からくるもの)は、根っからの社会信仰と言えるかもしれません。

あとは、経済宗教というものがこの時代の多くの人が信仰せざるを得ないものになるのですが、純粋な自我を捨ててまでこれに盲信していることがありますので、これはここでどうこう言うよりも、木星や冥王星が水瓶座に移ってきた時にちゃんと経験してわかることです。

ただ、射手座は思索、ビジョンとも関わるので、ある意味サードアイ的なのですけれど、ここに何層も今までの時代の当然真理みたいなバイアスがかかっていますから、今後、頭カチ割られるような感じになるかもしれませんけれども、もしそうなったとしても腰帯締めて踏ん張りましょう、といった感じですかね。

▶︎射手座満月【半影月食】のジオセントリックチャート(地球中心)

ということで、今回の満月は〝食〟です。

5月前半に月のノード軸も双子座・射手座ラインに移動してきましたので、今年は今後この両サインで食が起こってきます。

食が伴う新月満月では、やはり普段の新月満月とは影響力が違ってきます。

日常のバイオリズムである新月満月のサイクルは、日々の習慣や生活サイクルを整えていくために活用できるものとなるのですが、食ともなると、人生の大きなターニングポイントや、ある程度長期的スパンでの節目になるような再習慣化や、バイオリズムの明確な設定変更が起こってくるということになります。

それらを踏まえて、占星術的な月食というのは、過去を手放して古い習慣や恐れを捨てる準備をさせるもので、月食星座である射手座は、今生の魂がよりバランスの取れた進化を遂げるために必要不可欠なテーマをもたらすことになります。

また月食星座である射手座のエネルギーには、魂の経験の中でバランスを崩している分野や、研鑽が進み、もう少しで完成する人格の側面などが網羅されています。

今回の射手座テーマは、「成長」「発展」の方向性のシフトを表します。

それが、「新しい社会環境」で、「新しいつながり方」で、「新しい協力関係」でといったことでもたらされます。

これは、忍耐力を通じて、自分が本当にこの人生でやりたいことを発見し、それによって新しい社会環境へ向かっていき、そこで新しい関係性を築いたり、人とのつながりを更新していくことになるでしょう。

ただしこれは、本当にやりたいことを発見するというテーマともなるため、それには深く考えなければならず、そのためには長い待機の時間も必要となることもあります。

その期間中に、是非とも技術や知識を育てておくとよいでしょう。

今回のチャートでは、満月ラインに前進への後押しのTスクエアががっつり効いています。
射手座満月(サビアン16度「船を見ているカモメ」)が第7ハウス。第1ハウス双子座太陽・金星と第7ハウス射手座月の満月ラインに、第10ハウス魚座火星・海王星・セレスがTスクエア。

自分自身の中で追求しているものや学んできたことや、より抽象的な分野のことなどを、新たな環境の実社会的な活動の中に落とし込んでいきます。

さらに、そこに強力な推進力をもたらすために、大きな力が加わります。

「もっとも純粋な感性の直感」、「ひらめきの流れに対する行動力」、そして、今までの自分を超えるという「超越的な光に向かった突破口への集中」です。

このスーパーな直感に集中力を増していき、生産力が働けば、ここで新たな自己と新たな実社会的な活動がスタートするでしょう。

これからじわじわと夏至、そして夏至と同日に起こる次なる金環日食の新月(日本では部分日食)に向かって、太陽は力を高めていきます。

▶︎射手座満月時のヘリオセントリックチャート(太陽中心)

太陽中心意識は、真に不動の精神を獲得することになります。

太陽中心のヘリオセントリックチャートは、太陽の不動の精神、無限の創造力を地球に持ち込むというテーマで理解する必要があります。そして、人生の発展方向を示す「純粋な精神の向かう先」=「意思の発揮の仕方」を表しているものと考えます。

大事なのは、太陽(恒星)中心であるがゆえに、誰に邪魔されるでもなく、誰を気にするでもなく、誰に忖度するものでもない、時間の制限や空間環境の縛りもない意思の発揮のテーマですので、ヘリオセントリックチャートを活用するときには地球の重い物理次元(時間と空間の縛り、感覚意識や感情、地球で起きてくるデーモン的〔悪魔的〕な出来事)とは関係なしに運用していく必要があります。

これは5次元のホロスコープチャートとも言えます。

自分自身の中で追求しているもの、人生において意義を持っているもの、また哲学的な世界や抽象的な世界のことなどの、教養だったり何らかの情報だったりを、楽しみを持って発信、伝達していくことで、実社会的な活動の落とし込を行っていきます。(射手座地球・金星)

またそれは、自身の経験してきたことを人に教えたり伝えたりする必要に迫られるかもしれません。今がその時期とも言えます。(射手座地球・金星-90°-魚座海王星)

その教えたり伝えたりすることは、そもそもアストラル領域の情念だったり、記憶の中にあることだったり、無意識の世界のことかもしれません。これをただの言葉ではなく、イメージ的に伝えることになります。(射手座地球・金星-90°-魚座海王星)

これはある意味、個人的な感情は捨てて、何か大きな目的のために奉仕するような、新たに芽生える理性的な自己像によって発信、伝達していくようなかたちで活動性を高めていきます。(射手座地球・金星-60°-水瓶座セレス)

何かの目的に向かって自分を移動させていくような感じですが、それはなかば無意識の状態で、すでに決まっている一つの答えに向かっていくような感覚かもしれません。(射手座地球・金星-60°-水瓶座セレス)

新しい未来として映ってくる、意識・感情・感性の側面から見た、人間同士のより普遍的なつながりや共存の方向に強く関心を持っていくことになります。(天秤座水星・ジュノー)

その人間同士の普遍的なつながりや共存の未来へ向かっていくためにも、その方向へ引き上げていくのは、やはり新たに芽生える理性的な自己像によるものとなります。(天秤座水星・ジュノー-120°-水瓶座セレス)

これはまさに、風の時代に向かっていく方向付けとなるでしょう。(天秤座水星・ジュノー-120°-水瓶座セレス/天秤座水星・ジュノー-90°-山羊座木星・冥王星・土星・火星)

ただ、それには、これまで維持してきた物理的な箱や、地域や社会的役割や立場、価値観、目的意識、今まで信じてきた考えといったようなものが、ごっそり色あせていくことで、新しいステージに移動していくことになります。(天秤座水星・ジュノー-120°-水瓶座セレス/天秤座水星・ジュノー-90°-山羊座木星・冥王星・土星・火星)

外宇宙の流入に開け放っておくことで、はるか彼方のどこまでも触れていくような、エーテルの箱を創り出していくときです。天秤座水星・ジュノー-90°-山羊座木星・冥王星・土星・火星)

 

◉ noteにて、「水瓶座塾」まもなく始まります…

関連記事