toggle
2020-05-22

【双子座新月】〜仕事やお金の得方、いろんな価値基準を風の時代のステージへと飛ばしていくとき〜

2020.5.23 2:39 双子座 新月

  • 2020.5.29:水星-蟹座入り
  • 2020.5.30:上弦-乙女座
  • 2020.6.6:満月-射手座【半影月食】
  • 2020.6.13:下弦-魚座
  • 2020.6.18:水星-逆行開始(蟹座)
  • 2020.6.21:夏至(太陽 蟹座入り)/新月-蟹座【金環日食(日本では部分日食)】
  • 2020.6.23:海王星-逆行開始(魚座)
  • 2020.6.25:金星-逆行終了(双子座)
  • 2020.6.28:上弦-天秤座(2020年度最大)/火星-牡羊座入り

(現在、感情ストレスがたまっている方や神経に負担がかかっている方が多いので、記事を読んでいて気分が悪くなったら即ご退散ください。情報には自律的な選択をしていきましょう。)

はい!現在わかりやすい影響というところでは、土星・木星・金星の絶賛逆行中の期間であります。(冥王星もですが)

【土星逆行5/11〜9/29(水瓶座〜山羊座)】・【金星逆行5/13〜6/25(双子座)】・【木星逆行5/14〜9/13(山羊座)】〜仕事と豊かさの新たなかたちへ〜

これは、仕事面(社会生活面)、金銭収入面でのバージョンアップ期間と言えますが、細かいところでは個人レベルでもさまざまな体験や事象が起きてきている最中なのかなと思います。

仕事のスペース面の見直し、仕事の規模の見直し、これまでの仕事のルールの見直し、キャリア自体の見直し、社会的責任の見直し、発展方向の見直し、向上意識の矛先の見直し、何を信じて生きていくのかの見直し、信念体系の見直し、人生の意義の見直し、対人&契約(ビジネス)関係の見直し、金銭所得の得方の見直し、好きなことや自分に備わっている潜在的な資質の生かし方の見直し….などなど….

ざっとこの辺のテーマが強く炙り出されている期間となっています。

感情的にも、自他を通してこれまでの役割や責任とか、今までのルールや決まりとか、正義感とかに紐付いた感情がいっぱい出てきて、その感情と対峙するような出来事も個人個人で起こっているかもしれません。

このタイミングの土星&木星の逆行は、ある意味200年間変わらなかった、もしくは200年間変えてこなかった各自の社会性や仕事のルール、信念体系の刷新が必要な時期となりますので、それだけセンセーショナルな土星&木星テーマのシフトが起こってくる必要があるでしょう。

ここで、各自としてこれから社会に紐付いていく意識が、風の時代バージョンに再設定されることになります。

これがある程度時代の流れに乗って能動的なシフトを遂げていく場合には、この土星&木星逆行期間(9月末ぐらいまで)で、今後の200年間の各自(各社)の社会生活の基礎基盤を模索しながら整えていくことになります。

能動性がなくても、この土星&木星逆行期間は、社会はどぶさらい期間ですので、変わりゆく社会に合わせて個人や企業の社会的取り組みや立ち回り方も変化していかざるを得ないでしょう。

しつこく言いますが、今後の200年間というレベルで(肉体寿命は別にして)、それだけ重みのある社会基準のシフトなんだということをちゃんと前提に考えて、仕事とか生活とか信条、信念とかを見直していくことが重要になっていきます。

目の前の現実だけを見ていると、緊急事態宣言云々とかで各自の置かれている社会的立場の違いはあるにせよ、そこまであまり大きな人生の転換といった実感がない人も結構いるかもしれませんが、実はかなり凄まじいシフトなんだということをしっかりと理解する必要があります。それは物理的なことをシフトさせていけばいいといったことに目が行きがちなのですが、実はかなり大きなレベルで意識のシフトが大前提なんだということにフォーカスできるかが鍵かなと。

ともかく、過去のスタイルとか、過去の人生設計とかに戻すとか戻るという考え方は、程度や規模によっては非常に危険(のちの痛みが大きくなる可能性)だったり、希望とか可能性を見出せる方向ではないので、この土星&木星逆行期間で、仕事とか社会生活において、取り組みから様式から構造から仕組みから意識設定から信条信念に至るまで、どれだけクラッシュ&スパークが起こせるかかもしれません。

▶︎双子座新月のジオセントリックチャート(地球中心)

双子座2度【サビアン双子座3度:テューレリー庭園】の新月で第2ハウス。双子座新月に第10ハウス水瓶座逆行土星&逆行パラス・アテナと第6ハウス天秤座逆行ジュノーでグランドトライン。双子座新月に第11ハウス魚座火星&セレスがスクエア。

  • 風の時代の仕事、キャリア、所得へ向かって、大きく目的意識を掲げ、実際的かつ能動的に動き出すとき
  • 時間の使い方や、空間の使い方などで、新しい規則的なルールを作ってみる
  • 少し頭を使って、自分の能力とか技術とかを用いた仕事の仕方や金銭の得方を考えてみる
  • 仕事上や収入上、無秩序状態(カオス的)だったものを、今後の流れを汲んで論理的な整合性をもたらしていく
  • 論理的な整合性への意識的な努力を行い、実生活や社会生活基盤の再設定への意識化と実際的な取り組みの始まり
  • 実生活攻略の論理的思考の目覚め
  • 仕事上や収入上の無秩序状態(カオス)や、実生活におけるばらばらな事象から法則を導き出す
  • 無秩序状態(カオス)からの思考の実験、また、創作への熱中
  • 風の時代への社会基盤、金銭基盤の戦略の考察(政府の給付金や補償なども含めて)

この新月には、力の強い第10ハウス山羊座逆行冥王星と逆行木星も調和的な関係で絡みますが、これは政府の給付金とか補償制度の活用という方向や、体力のある企業などの各自に対するキャリアや金銭の保障といったことに働くかなといった感じです。

ただこれも、今は一時的にそうであるということで各自が捉えていれば問題ないのでしょうが、その現状でより大きな発展性とか可能性の拡大方向のリンクは生まないので、今の状況に安心とか安泰を感じるという考えは持たない方がよいでしょう。逆に危険というか、木星や冥王星が水瓶座に移行してきたらその答えは明確になります。

それよりも風のグランドトライン(大三角)で、創造的な思考と認識力を働かせて、とてもロジカルに物事を整理して、労働上のつながり、キャリア基盤、金銭収入のすべてを、もろもろ風の時代バージョンに能動的に動かしていくタイミングです。

この大三角を発動させるには、かなり思い切りも必要かと思いますが、ただ、動きを生み出していける双子座太陽シーズンになってきたので、動き出すにはバッチリな時節となります。

未来や希望をもたらす場所から限界突破の強い意志が働きかけます。これは古い地球から新しい地球へといったレベルで再生の門をくぐらせるほどのものですが、まっさらな自己の信念に命を懸けるほど(これまでの自己保存や自己防衛は崩れます)の活動が始まっていくのであれば、日常意識を突破した超越的な体験をしていくような可能性と、唐突に訪れる限界突破の中で、新しい天啓を得ていくようなことになるでしょう。

ほとんどの人が肉自我から物質界の願望を優先的に取り上げてしまい、ここで一度歪んだ構造を元に戻したいと思ってしまうのですが、風の時代のステージ設定の醍醐味はまさにこの再構築で、これが風の時代のエーテルキャリアの獲得となります。

移行の中で、大概肉体への負担(どっかがおかしくなる)が出てくるのですが、これは各自の惑星力が恒星と結びつき、恒星人間になる過程のことでもあるので、まずは人格クラッシュまで進んでいくことが大前提ですね。

そして、人格が変わるw… 別人になります。

それは望んだ通りの者になっていく、人生の支配者、運命の支配者となっていくということでもあります。

いま、閉じこもって閉じこもって、抑えて抑えてといったかたちで、視点も意識も矮小化させて、排他制御的になっていたりするかもしれませんが、爆発的な転換というのが表裏一体で潜んでいるというのがリアルなところでしょう。しっかりと少しづつ取り組んでいくしかありませんね。

爆発と言えば、昨今話題のオリオン座のベテルギウスですが、この劇的なシフトを仕切っているのがベテルギウスであるとも…

▶︎双子座新月時のヘリオセントリックチャート(太陽中心)

太陽中心意識は、真に不動の精神を獲得することになります。

太陽中心のヘリオセントリックチャートは、太陽の不動の精神、無限の創造力を地球に持ち込むというテーマで理解する必要があります。そして、人生の発展方向を示す「純粋な精神の向かう先」=「意思の発揮の仕方」を表しているものと考えます。

大事なのは、太陽(恒星)中心であるがゆえに、誰に邪魔されるでもなく、誰を気にするでもなく、誰に忖度するものでもない、時間の制限や空間環境の縛りもない意思の発揮のテーマですので、ヘリオセントリックチャートを活用するときには地球の重い物理次元(時間と空間の縛り、感覚意識や感情、地球で起きてくるデーモン的〔悪魔的〕な出来事)とは関係なしに運用していく必要があります。

これは5次元のホロスコープチャートとも言えます。

インスピレーションとして受け取っている、自分の潜在的な可能性の漠然とした概念の中にあるオリジナルの仕事内容(宇宙的仕事のスタイル)を、このあたりからしっかり視覚でキャッチして捉えていきながら、その可能性を追求したキャリア・社会生活へと向かって方向性を定めるときです。(牡牛座天王星-120°-乙女座水星)

キャリアや社会生活において、インスピレーションで受け取っている概念にしっかり焦点を定めて視覚化し、その視覚化したものを動的なアクションをともなって地上で拡大、拡散させるとです。そこに計画的な戦略を立てて、この創造の力を地上に着地させることができます。(牡牛座天王星-120°-乙女座水星/乙女座水星-90°-射手座地球)

また、キャリアや社会生活においてインスピレーションで受け取っている概念を視覚化できれば、自己との統一と再建によって、より自分にとって意味のある(無駄なものが削がれた)共感的な集団性へと、実りあるかたちで浸透していくことになります。(牡牛座天王星・乙女座水星・蟹座ベスタで小三角)

これは、個人の本質的な道や目的に向かって動き出していく本当の仕事への参入であり、それを拡大、拡散的にクリエイトすることに力を注いでいくことによって、これまでの社会奉仕の仕方や社会秩序のあり方の偏見を超えていくことになります。(牡牛座天王星・乙女座水星・蟹座ベスタで小三角)

現実世界と純粋な自我の感覚とのギャップを理解しつつも、このタイミングで創造のテーマに気力を奮い立たせて積極的に生きることが、この先の人生の成功の鍵となるでしょう。(牡羊座キロン座-120°-射手座地球

これまでの空間性と時間性の中で価値や資源を生み出していた枠組みが、上の次元から降りてくる新たな枠組みへつくりかえられることで、理想と希望の未来を見出せる人間関係やつながり合いの新しいかたちと、真の自由と平等の権利が担保された刷新的な社会的立場が構築されていくことになるでしょう。(山羊座木星・火星・冥王星・土星-90°-天秤座ジュノー)

動的に、冒険的に、挑戦的に、拡散的に、向上的に、限界突破へと動き出していく、創造のスタートの始まりです。(射手座地球

ギャップ越えへ向かって、機は熟したようです。

関連記事