toggle
2020-05-06

【蠍座満月】〜この深い暗闇は自分の本性を抑圧して生気を失うか、真に価値があると思うことに取り組んで高い理想を掲げて変容するのか〜

2020.5.7 19:45 蠍座 満月

  • 2020.5.11:土星逆行開始
  • 2020.5.12:水星-双子座入り
  • 2020.5.13:火星魚座入り/金星逆行開始
  • 2020.5.14:下弦-水瓶座/木星逆行開始
  • 2020.5.20:太陽-双子座入り
  • 2020.5.23:双子座新月

(現在、感情ストレスがたまっている方や神経に負担がかかっている方が多いので、記事を読んでいて気分が悪くなったら即ご退散ください。情報には自律的な判断、審神〔さにわ〕を下しましょう。是非そういう訓練をされていくことをお勧めします。)

蠍座満月となりました。

レイキ発祥の地、京都の鞍馬寺では毎年恒例のウエサク祭ですが、現在はお寺自体は拝観もできないようですし、ウエサク祭は今年は一般公開はなしとのことです。

釈迦が生まれ、覚醒し、亡くなったと言われているのが、太陽が牡牛座から昇る日の満月であり、彼は執着(牡牛)と死(蠍)を心から解放させることについて教えたと。

各自がブッダ(=目覚めた人)へ変容していくのも、リアルは今ここからということなのでしょう。

現在は日本国民、はたまた世界の人々共通で、再生のための死の通路へと移行していく儀式を執り行っている最中とも言えます。(比較的長期的なスパンで)

国民総エレウシス儀式中。ですね。

グレートマザーの隠された密儀として伝わるこのエレウシス儀式は、エジプトのイシス宗教にまで遡りますが、偉大な母なる地球のイニシエーションを経て、私たちは今、本当に生まれ変わろうとしているのかもしれません。

この隠された教えは、面白いことに血液変化の謎にも関わるので、話題の◯Gも大きく変容のイニシエーションに貢献することになるかと思います。地球を生き抜くという意味では、セレス・デメテルの教えは偉大なものなのです。

物質次元100%で視点を置いて見るのならば、新コロナウイルスも含めて脅威以外の何ものでもないのかもしれませんが、地球上の覚醒のための最上で万能な捧げ物は、実はより悪魔的であり、忌避される対象となるものであり、汚物扱いされるようなものであったりします。

これを精神の次元で見つめている視点がないとなると、極性の闇だけを見て、感じて、ぎゃーぎゃーとなります。こうなると、下手したら物質的な作用というよりも、半分以上は恐れの作用でやられていくのかもしれません。閉ざされた生き方の結末ですね。

また、星々の高い次元から降りてくるアストラル体領域が、物質的身体(現実)を破壊していくという意味においては、移行期においては肉体保護と精神拡大のバランスをしっかりと取っていくことが非常に大切になっていくかと思います。

そのため、今現在では物質次元的(身体的)に細かく整え、管理し、それなりに保護していきつつも、精神の次元を開け放って、熱性をギンギンにしておくことも必要と言えるでしょう。これはできるだけソフトランディングで変容し、再生していくための調和とバランスという意味ですね。

ちなみに、各自の人生という名の車を運転しているとしたら、運転手は精神となり、助手席にいるのが身体ないしは物質となる必要があります。

この主従関係が重要で、人生の助手席へとチェンジしたところの物質の恐れのレベルで生きていく分には安全なのですが、運転手が精神ではなく、変わらずに物質でい続ける場合は、その恐怖の質と量は異常となり、さらに物質より高い次元にいる精神によって、助手席から攻撃みたいなものをくらうので、いろんな意味で危険な状態というか病的な状態というか破綻しやすくなります。

新コロナとか云々は、原因ではなく過程の作用として現れてくるものと言えますが、それを物質的な面だけで捉えると立ち行かなくなるでしょう。

肉体と精神の主従関係の転換、さらに両方の階層での認識で同時進行で関わっていければ、より客観的になれるかと思います。

▶︎蠍座満月のジオセントリックチャート(地球中心)

蠍座17度の満月で第12ハウス。第12、第6ハウスの満月ラインに第4ハウス魚座海王星が調停。サビアン蠍座18度【豪華な秋色の森】。

  • 自分に閉じこもることと自分を解放することを交互に繰り返すことで、少しずつ成長していく
  • 表に出していない本当の自分の思い、リアルな本心、実はこれこそが価値があるものと思っていることに集中する
  • 労務について良い成果を上げたければ徹底的に集中する。その後、自分でもわからなかったことがたくさん見えてくる
  • 未知の題材に秘密裏に取り組んでいくかもしれないが、それを人に公開していくことで人に貢献していく
  • 確実な成果を得ると、その繰り返しの中で充実した生き方が手に入る
  • 自分の奥にある資質、真に自分の本性であるものに、徹底的して集中的に取り組む姿勢を身につけておけば、それを真剣に取り組める習慣が生まれる
  • 自分の生命力が充実してくる意義深い精神的価値へと融合していく
  • 素直な心の中で本当に価値を持っていると思えることに、高い理想を掲げ、献身的に取り組んでいく
  • これまでの表社会の自分自身(ペルソナ)ではないところに集中し、完成させて、解放する
  • いつの間にか影に押しやっていた潜在的な感情を、個人のオリジナルの仕事で表現していく

各自の真実の思い、深く高い理想、ビジョンがキーとなるでしょう。

自分を騙していない自分、自分を欺いていない自分、純粋な魂レベルの自分というものを根っこに据えるときということにもなります。

自分を欺き続ければ、人生や世の中は永遠によくないものとして映るでしょう。

魂の思いをアクティブにしていけば、広大な可能性へと導かれていきます。

精神面、実務面ともに大きく可能性が開かれていくときなので、今こそ感情の制約、仕事の制約を取り払っていくときなのかもしれません。

真に価値があると思うものを、通信伝達などの手段を使って、生きていくための実際的な労働環境に用意していくことで、社会生活上のつながりがパラダイムシフトレベルで再構築されていきます。(第3ハウス魚座セレス・第6ハウス牡牛座天王星・第4ハウス牡羊座キロン・第10ハウス天秤座逆行ジュノーでブーメランヨッド

これは、風の時代のセオリーとなっていく、〝個々のつながりによるキャリアの獲得〟で、それは、これまでの世間的なペルソナからの解脱を意味するでしょう。

▶︎蠍座満月時のヘリオセントリックチャート(太陽中心)

太陽中心意識は、真に不動の精神を獲得することになります。

太陽中心のヘリオセントリックチャートは、太陽の不動の精神、無限の創造力を地球に持ち込むというテーマで理解する必要があります。そして、人生の発展方向を示す「純粋な精神の向かう先」=「意思の発揮の仕方」を表しているものと考えます。

大事なのは、太陽中心であるがゆえに、誰に邪魔されるでもなく、誰を気にするでもなく、誰に忖度するものでもない、時間の制限や環境の縛りもない意思の発揮のテーマですので、ヘリオセントリックチャートを活用するときには地球の重い物理次元(感覚意識や感情、地球で起きてくるデーモン的〔悪魔的〕な出来事)とは関係なしに運用していく必要があります。

ソーラータームでは、6月21日の夏至までは、まずは5月5日の立夏(ブルズゲート)のテーマにしっかりと取り組んでいけるとよいでしょう。

【2020立夏-ブルズゲート-】〜そろそろ解き放たれる時期がきたことを理解する〜

この立夏テーマを踏まえつつも、さらに補足すると、

真に価値があると思うことに徹底的に集中しつつ、それをクリエイティブなやり方の表現で人に伝えたり、また真に価値があると思っていることのテーマで自分の経験を人に伝えたりすることで、より高揚感が高められ、加速した活動性が生まれてきます。(蠍座地球-120°-魚座海王星)

その高揚感の中で加速していく活動性によって、新しく構築される地位やキャリアの恵みが生まれていきます。(蠍座地球・魚座海王星・山羊座木星で小三角

これはエーテルキャリアの発展による金銭的な恵みといった意味でも考えられますが、それ自体は、一切の制約が取り払われたところで生まれてくる恵みなので、表面的な大人の意識で何かを取り繕っているものではないということになります。簡単に言うと、これまでの表向きの肩書きや地位や立場における発展的な恵みではないということとも言えるでしょう。(蠍座地球・魚座海王星・山羊座木星で小三角

より本能的な、無意識の領域の中にある裸の心に価値を置き、それを伝達し、表現していくていくことの発展的な恵みとなるでしょう。(蠍座地球・魚座海王星・山羊座木星で小三角

これは、日々の生活の資源を確保することだったり、伝達やコミュニケーションの仕方においての、ベースとか枠組みとか、また立ち位置が今までと違ってくるということなので、これまで運用していた社会的自己のボックスとは違うボックスが必要になってくるということです。(山羊座天体群

山羊座天体の密集が物語っていますが、箱替えが必要な時期ですね。

あとは、自分の楽しみとして密かに続けてきた事柄や興味の続いてきたものを、言語表現などによって新たな社会環境でお披露目するときとなります。この新しい方向づけによってやる気が促されていくでしょう。また、好奇心のままに面白いと思える情報に出かけていくのもよいです。(双子座水星

そこで、自分が価値があると思っていたことの共鳴や、感受性の共有や、共通体験によるつながり合いの感動的な楽しみが湧き出てくるかもしれません。(蠍座金星

この好奇心が伴う考えや情報の発信や発見と、感受性の共有できることや共通体験によって、これまでの表向きの考えや価値観の偏見を超えていきますので、そういったかたちで、風の時代の個性化がより進んでいくことになります。(双子座水星-150°-蠍座金星/蠍座金星-180°-牡牛座天王星

風の時代の個人性と、風の時代的な個々のつながりから生まれる集団性といったことに、どんどんシフトしていきますね。

今までの当たり前が閉ざされることで、シフトせざるを得ないのでしょう。

関連記事