toggle
2020-03-10

【乙女座満月&水瓶座にて水星順行】〜あたかも完成されていたかのような俗物個人の生皮が剥がされ、人生の途上で捨て去ってきた影が侵入してきて、それを新しい可能性として評価する時がきた〜

2020.3.10 2:48 乙女座 満月

  • 2020.3.10:満月-乙女座/水星-逆行終了(水瓶座28°)
  • 2020.3.16:下弦-射手座/水星-魚座入り(②回目)
  • 2020.3.20:春分(太陽 牡羊座入り〜惑星地球レベルの1年間がスタート〜
  • 2020.3.22:土星-水瓶座入り(①回目)
  • 2020.3.24:新月-牡羊座
  • 2020.3.31:火星-水瓶座入り

さて、乙女座満月ということですが、コロナ騒動で世の雰囲気は一気に変わりましたね。

未来の場所で魚座海王星とコンジャンクションして魚座水星の逆行が始まり、魚座新月ではIC海王星で小三角の頂点。魚座も海王星も「ウイルス」の象徴で、魚座海王星は「際限なく広げる」、水星逆行は「隠れていたものを表出」させ、実際的な「中止」、「頓挫」、「変更」を促す…

海王星は地震にも津波にも関係しますが、今回はウイルスというかたちで何やら事象を持ち込んできました。さらに自己免疫(海王星)は大丈夫ですかと問いかけるように、気づいたら一気に海王星祭り(魚座祭り)状態となっていましたね。

さてこの事象が水星逆行も終わりでひとまず収束するのか.. それとも、この魚座シーズンと水星逆行でアクティブになったコロナテーマを地球は悠然と引っさげてこれからの未来へ向かうのか。非常にリアル感(肉の世界観)が出てきて面白くなってきました。

スピ系の世界で言われるような、地球はゲームということならば、ここからますますワクワクするレベルへ突入することになります。

ウイルスがどうかというよりも、今までのアクティベートから考えればこれだけのことが起こって当然の時代の流れですので、「なぜこんなことが〜!!」となっても時間は元に戻せませんから、現実的な意識を今後の時代適合に合わせて行動を変えていくことしかありませんね。

今年は環境(外界)のほうから先に変わるとどこかで言いましたが、まさにそのタイミングですね。

こうなってきたほうが変化が早い&否が応でも変化せざるを得ないので、かなり多くの人がなんとか地球の新しい時代のペースに乗っかっていけるでしょう。

外圧からしか変われない国、日本(日本人集合意識)ですので、外圧がアクティブになればなるほど可能性の扉がガンガン開いていきます。

水星の運行の切り替わりですので、この社会状況含めて半ば呆然と覇気がなくなっている人も多いかと思いますが、そうだこういうことのための実行役のコロナねと心を整理してみながら、各自のやる気モード、希望モードをしっかりとシフトさせていってください。

生まれ出でてからこれまでのすべての人生(生き方)、本当にご苦労様でした…—もう、じゅうぶんですよね?といって、仕留める。急所を射抜く—「社会のすべての仕組み」、「社会構造」、「政治経済」、「国家の法則・ルール」、「政府」、「会社組織」、「公職」、「キャリア」、「仕事」、「ビジネス法則」、「物質世界」、「親」などのテーマに相当なグレードアップが勝手に求められる—⬇︎

【山羊座新月◉部分日食】〜これまでの人生や生き方の実際的なオペの始まり…(成功を祈って、決心と覚悟を用意する)〜

地球でたかだか100年生きたとしても、これだけ大きな時代転換のギャップに生きるということは、本当に希少すぎる地球のタイムラインを私たちは生きているこのイベントのために今、自分自身が地球にやってきたということをもっと自己存在認識として実感したほうがよいこんな一大イベントの当事者となれることを受容したほうがよっぽど面白く感じれるだろうし、地球だからこその二元性の恐れや不安もひっくるめて、そういったのを本気で楽しめる感性がこれからは必要私たちは、現行の肉の感覚(物質・お金・見えるもの・物理感覚が主の意識)が至上で至高のものということにとらわれている以上、これからの時代なんて悪の極みのような時代にしか映ってこないそれによって個人も恐れと不安が増幅して、さらに保守、頑な、変化への抵抗となって、自分で自分を悪的なものが手招く方向へ導いていくことになる⬇︎

【獅子座満月】〜玉石混合の闇と光の中で、己の人生の方向を選び取る〜

◉今回の乙女座満月の10時間後に水瓶座28度で水星が順行となります。今一度、水瓶座28度(サビアン29度)の水星順行タイミングのテーマを確認しておいてください。⬇︎

【水星逆行2/17〜3/10(魚座〜水瓶座)】〜未来の可能性を無限に広げる新しいことを始めていくような流れの中で、実は真新しい何か!?が始まるというよりは、自分の伝統に許可を出し、身を任せればいいだけ〜

コロナ騒動で現実には何でもかんでも制限されていくように見えますが、これは既存の古くさくなった取り決めやルールが取り払われている(そこには執着できなくなった)にすぎません。肉体意識から見れば苦しみですが、宇宙から見れば解放であり、ブレイクスルー(行き詰まりの状態の打開)です。

まったく人に知られていないような、各自の古来から続く伝統的な精神の啓示の道に至るまでは、この肉次元の行き詰まりは続くかと思います。スーパー山羊座年は、山羊座の牧神パンの系統であるサテュロスのマルシュアスが天狗になりすぎて太陽神アポロンに生皮を引き剥がされたように、単純に見積もっても地の時代の200年間ほどで調子に乗れていた自我はここらで脱皮する必要があるということですね。

錬金術の大いなる業の三段階の一つ目、第一段階のニグレド「黒化(腐敗)」が始まったかのようです。このニグレドつまり「黒化(腐敗)」は土星が担い、土星は錬金術で非常に重要なものとして繰り返し言及されています。すでに1.13の山羊座土星・冥王星・セレスのカジミでパーフェクトアクティベートされていましたので、逆に、こんなレベルのこと本当に始まるのかな?と私も半ば思っていましたが星々は裏切りませんでしたね。ばっちり現実世界の様相は変わってきました。

それぞれの違いが、国が違うというか、もう生きている星が違うんじゃないかといったレベルにまで、近い未来には感じられてくるかと思います。それは、ただ一個一個の選択の仕方で⬇︎

【山羊座で太陽・土星・冥王星・セレスのカジミ】〜時代や個人の大きな大きな切り替え点〜

ユングはこのニグレドのプロセスを、無意識と本当に対決する前に必ず必要な自我の防衛の打破と結びつけ、土星が「君臨する」とされ、自己を象徴する重要なシンボルである「賢者の石」が最終的にそれから現れる第一義的な物質とみなしました。たぶんこれから社会全体で始まるのは腐敗現象であり、経済宗教とも言えるようなものを信仰していた自我の死、浄化、不純物の燃焼、そして個性化…といったかたちで、黄金時代(水瓶座の時代)へ向けて賢者の石が生成されていくことになります。

木星・土星の大会合のスパンで言うところの200年間ほどの至上で至高の真実だった経済宗教ともいうような信念体系がついに崩れるのかといったような現実になってきましたが、ウイルス(魚座海王星)に経済(既存の仕事)を脅かされることで、経済宗教に執着しようにも執着できなくなってきたかもしれません。

個々の改宗も間近かもしれませんね。

人によってはこの先真っ暗で呆然と立ち尽くしてからが本番ですので、変容が中途半端にならないためにも、思いっきり変化に抵抗する(経済宗教に頑なにしがみつく)ことも大事です。

▶︎乙女座満月のジオセントリックチャート(地球中心)

この乙女座満月は、2020年の満月の中では2番目の近地点となる、ほぼスーパームーン満月です(来月4月8日の天秤座満月が今年最大のスーパームーン満月です)。

とりあえず、コロナ騒動の状況と照らし合わせていきながら今回の乙女座満月を解説していきます。

まず、連日連日テレビなどのメディアではコロナ..コロナ..ばかりですが、結構疲弊している人も多くいるのではないかと思います。

かなり乙女座満月の消極面がアクティブになりやすいので、ウイルスきっかけで心配性、情緒不安定、被害者意識、犠牲者意識、細部にこだわり大局を見失う、狭量になる、木を見て森を見ず、取り越し不安の粗探し、過敏過ぎ、過剰潔癖、断罪、ジャッジメント、とりあえずピリピリして批判、心気症…等がかなり盛り上がっているかもしれません。しかも恐怖を伴って。(第8ハウス乙女座月)

日本人は総称して乙女座タイプの人種とも言えますので、世界的に見ればとても清潔できれい好きな人々という乙女座的メリットはあるのですが、これが裏目にでると、上記の傾向がものすごく強くなっていきます。さすがに現在のご時世では、これは集合意識的にかなり強く出てきそうです。(第8ハウス乙女座月)

海王星の影響で、特にメディアを通じて不安が煽られると、完全に眉間のサードアイチャクラ(先見性、予測、予見、知恵、理解力、見えるものと見えないものの統合)がもっていかれますので、ここが曇るとコントロールされ放題となります。(第8ハウス乙女座月-180°-第2ハウス魚座太陽&海王星)

(別の言い方をすれば、ここを操れば簡単に人はコントロールできますし、このチャクラに自律性を持っている人はかなり少ないんじゃないかと思います、要は洗脳に使うチャクラです)

見えないものなどの不純な影響とか、不安が募ると、このサードアイチャクラ(海王星チャクラ)が濁るので、自分や人のことを不必要に考えすぎたり、真実と物事の本質を見極める力を失ったり、視野が狭くなったり、決断ができなくなったり、高い思考を働かせることができなくなったりします。(第8ハウス乙女座月-180°-第2ハウス魚座太陽&海王星)

この現象を私は海王星のお濁りさんと勝手に名称していますが、海王星の影響は本当に厄介なので、気づかないうちに浸透するエネルギー(集合意識的なものも含め)に染められていることが多いです。

個人で情報が得られ分別できるようになった時代に、大日本帝国時代のような国民精神を未だに持っている人が多くいるように感じます。それはまるで「敵艦隊に突っ込めー!」「はい!わかりましたー!」と神風特攻隊のように、完全に「右向け右の精神」ですね。これはお上の鶴の一声もそうですが、メディアの情報にも簡単に踊らされまくるという状態です。

国民性というのはよくもわるくもそこまで変わるものではないのでしょう。

また、私たちは「情報はいくらでも手に入る時代..」とか、「もう情報社会だから..」というフレーズをご挨拶レベルで言ったり聞いたりするかと思いますが、これだけ様々なメディアが発達していて、それを情報の知識というのならば、知識を本物の知識(理解)にできている人間が現代ではどれだけいるのでしょうか。

要は知恵のことですが、知恵とは知識を経験によって理解し、本物の知識となったものです。

情報を識別し精査できる能力、知識に洞察を深めることができる能力を持った人間はかなり減ってきたように感じます。だいぶ前から言われていますがこれは思考停止状態というものでもあり、海王星のお濁りさんでもあり、眉間のサードアイチャクラの洞察力や理解力、直観力を失っている状態です。(第3ハウス牡羊座キロン)

物事の透明性や真実よりも見せかけの安心がますます好まれている社会ですので、もはやそれでよいということです。スーパーにトイレットペーパー(諸々紙系)だけがないのが異様な光景ですが、見せかけの安心が脅かされたら必死にその見せかけの安心に飛びついていく…

単純に、もう考えることはいらない、情報(知識)はメディアにすべてあると思っている人もいるかもしれません。そう思っていなくてもそうなっちゃっている人もいるかもしれません。ただこの頭脳の場合は、非常にコントロールされやすくなります。

情報犠牲というか、教育犠牲とも言える時代がもうすぐそこまで来ているので、2025年の双子座天王星・セドナのコンジャンクションがある種の大きな節目となるでしょう。2025年は本当にセンセーショナルです。

もはや日本語を話してても会話が通じないことがあり得る世界がやってくるでしょう。表層知識や情報はロボットの方が上を行くので、知恵を持たない人間たちは、ロボットやコンピューターに支配される社会を生きることになるかもしれません。それも一つの水瓶座の時代の特徴です。

基本的にほとんどの考えすぎは自律的な思考ではなく、どっかから当てつけられた思考や、感情と癒着した思考を巡らせているため、その思考による信念体系はもはや気分(感情)の領域ですので、外界のあぁだこうだにもすぐに影響を受けて、簡単に吹き込まれる情報にサーッと染まり上がります。とにかく安易です。簡易さを求める社会性や国民性が裏目に出てくる状況ですね。

これだけSNSなどが普及してきた世の中で、メリット・デメリットがこの先はより明確になるのかなと思います。バランスを実現する時代に向かっていくからこそ、バランスを欠いていくことが目立ってくるでしょう。

これからは情報を精査できる自律的な思考能力を持ち、知恵と決断力の上で、その自己責任を持って自身の人生をしっかりと定めていける能力が持てないと本気で結構大変でしょう。

この魚座の時代の末期では、自分を欺くことと責任転嫁をフィーバーさせますが、お上も四苦八苦して混乱している状態では、お上に責任転嫁をしようにもしきれないかもしれません。

また、経済信仰を続けるにしても健康ありきで成り立つので、人が生きる上での必要不可欠な養生の知識と生活面での知恵がないと生き残こりも難しいでしょう。

風の時代、水瓶座の時代は、常識といわれるものや、お上信仰、肩書き信仰から、個人で自律的な思考を獲得するというリアルな思考の飛躍、意識の飛躍がないと喜び勇んで生きるのがとても難しくなるので、進級課題はますます高度化してきているのかなと思います。戦争とか自然災害の方が単純明快ですが、ウイルスに関してはちゃんと知恵がないとただビクつくだけの人生になってしまいます。

コロナの影響で東京のサラリーマンなんかは毎晩外で飲んで身体を蝕む油と添加物まみれの外食産業で毎日のように食事をしなくなっただけでも健康面では幸運と思ったほうがよいでしょう。そしてテレワークや時短営業などで家族や夫婦間で話す時間ができたこともお恵みですし、山羊座の塊が示すように教育も根本的に変わらざるを得ないタイミングでもあるので、もっと人間らしい生き方や健全な生き方、地球の豊かさってなんだろうと、置き去りにしてきた価値を再発見する方向に向かっていけるとよいですね。(第8ハウス乙女座月

企業にしろ個人にしろどんどん視点を変えていくことが重要ですし、これは変われるチャンスということですね。

経済は期待しないほうがよいでしょう。とにかく不安定というか変動がかなり大きくなる状況となりそうです。ある意味、金銭や経済をスパーッとかっさらっていくような天体配置とも言えるので、素直にやり方を変身させたほうがよいかと思われます。(第8ハウス乙女座月・第1ハウス山羊座木星&冥王星・第4ハウス牡牛座ベスタ&セドナでカイト)

一部のマスクなんかは海外から届かないみたいなのもありましたが、実は今こそ国産魂の技芸や技術を蘇らせるタイミングですので、冴え渡る才気を発揮して強い信念とモットーを持って、社会生活の再構築に向かっていく必要があります。(第8ハウス乙女座月・第1ハウス山羊座木星&冥王星・第4ハウス牡牛座ベスタ&セドナでカイト/第1ハウス山羊座土星-90°-IC牡牛座天王星&金星

山羊座天体の塊は、国産、地域の魅力、伝統技術、に未来があることを示していますが、これまでの単純グローバリズム思想が崩壊しないと、それらに光を当てることは難しいでしょう。とにかく時代に合わなくなる形骸化したやり方やものが腐り切るまで腐らないと何も始まらないということです。

一旦鎖国のようになって日本の魅力と才能と価値を取り戻したら、それが改めて地球全体レベルでつながっていくような感じですかね。

山羊座の土星さん冥王星さん、その他諸々の目覚ましいご活躍は、人生の途上で捨て去ってきた影に光が当てられるようになるまでは、従来の価値観をガンガンに縛り付けていくでしょう。

見せかけの安心に捉われずに、深欲の安心に向かうときです。(第8ハウス乙女座月

また乙女座というのは健康問題がテーマになるので、実際のコロナウイルスの特徴から、今回のチャートを医療占星術的な解釈でみてみると、コロナウイルスは喉部分にフォーカスされるという点から見て取れます第2ハウス魚座太陽&海王星)

実際にコロナウイルスで軽い風邪のような症状が出た人は、喉の上気道に軽い炎症を起こす程度で済んでいる…一方で重症化した人や死亡した人は肺炎を起こしている…コロナウイルスは主に咽頭や肺で増殖するという特徴を持っていて、体の奥深くに侵入する前に増殖する…気道から気管支までの内表面で活動している線毛上皮細胞にしっかりと線毛運動を行ってもらうことが重要…元気で健康な人はこの線毛運動が活発なので、気道内にコロナウイルスを吸い込んだとしても、粘液に絡まれた状態で線毛運動によって追い出されてしまうのでなかなか感染に至らない…  —杏林予防医学研究所 所長 山田豊文 氏—

その上で恒常性維持機能のバランスを担うのが第8ハウス乙女座月で、ウイルス抵抗力を底支えするのがまずは排出・排泄器官の健康状態となり、その健康度が免疫機能に大きく貢献するということになります。特に身体の新陳代謝能力、老廃物の排出力、解毒力の力が重要となると言えるでしょう。

ヒトの気道や肺の改善がまずは重要ということのようですが、基本的にまずは肺循環を高めるということが第一かと思います。現代人は働きすぎ、業務負担のかけ過ぎなどで交感神経を優位にしてほぼ無呼吸のような状態で仕事をしている人が多いので、深い呼吸ができていない人がほとんどです。また交感神経優位状態が続くと代謝機能も落ちるので、老廃物の排出力、解毒力も落ちます。現在状況で業務環境の縛りが緩んできているのならば、逆にしっかりと呼吸をする時間を取ってみてはいかかがでしょうか。また家に居続けて怠けて副感神経優位状態が続いても代謝機能が落ちるので、適度に風通しの良い外の環境でしっかりと遊んだり呼吸したほうがよいでしょう。

また昨今の夫婦関係や家族関係、対人関係に見られるような言いたいことを言い合わない関係性によって喉のチャクラの氣の流れも滞っている人も多くみられます。喉のチャクラは自分の真実の声、本心の感情を発せていないと喉に炎症が出やすくなるので、そういった問題もコロナウイルス抵抗力を落としやすくなると考えることもできます。日本人特有の言いたいことを我慢する(高齢者から子どもまで幅広くある)のは、コロナウイルス対策としてはあまり良い方向に向かわせてくれなさそうなので、それこそここからは我慢せずに自己表現をできるだけしたほうがよかもしれません(ちょうど創造の時代ですので)。とりあえず言いたいことはなるべく言える環境をつくっておくことがコロナウイルスにやられない一つのポイントとかなと思います。

何やら鼻歌も良さそうなので、鼻歌もいいかもしれません。

「鼻歌(はなうた)とは鼻にかかった小声で歌う歌。または、口をとじたまま小声で歌う歌」—スウェーデンの首都ストックホルムにあるカロリンスカ研究所(カロリンスカ医科大学病院)の麻酔集中治療部門、Eddie Weitzberg氏らによって米国胸部学会(ATS)の学術誌American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine(AJRCCM)誌7月15日号に掲載された研究論文によると、健常人10人を対象とした実験で、ハミング下では通常の鼻呼吸下と比べ、鼻腔内の一酸化窒素濃度が15倍に上昇したという。(口呼吸では一酸化窒素は産生も遊離もされない。)

研究グループは「ハミングによる空気の振動で、副鼻腔と鼻腔の間のガス交換が促進された結果」と考察、「副鼻腔炎の予防に役立つのでは」としている。一酸化窒素は気道の様々な機能の調節に重要な役割を果たしている。近年、一酸化窒素の生理作用の1つとして気道上皮細胞の線毛運動亢進作用が明らかにされ粘液線毛輸送への関与が想定されている
—Wikipedia (2020/02/12 14:12 UTC 版)—

あとは第8ハウス乙女座月で、食生活習慣からくる免疫環境(腸の環境)の底支えも重要でしょう。これは基本中の基本の免疫力ですね。腸には免疫細胞として全身のリンパ球の60〜70%が集中しているとも言われますので、食べ物の影響はとても大きいです。およそ1,000種類、100兆個以上ともいわれる腸内細菌と腸の免疫細胞とが会話を交わしながら全身の健康を維持する「免疫力」をコントロールしているといわれます。

「腸が脳に感情のサインを送っている」とも言われますが、基本的には食事次第で「どの腸内細菌が繁栄するのか」ということが決まり、そのとき繁栄した細菌が迷走神経を通じて脳に信号を送っているということが考えられます。例えば楽観、爽快感、やる気とかにかかわる神経伝達物質であるセロトニンの90%ほどは腸内細菌によって生み出されているということがわかっています。日本人はもともとセロトニントランスポーター(セロトニン再取り込み機能)が世界的に見てかなり少ないので、日本人は特に「楽観不足」「爽快感不足」「やる気不足」にあるとも考えられますから、普通に生きていても不安を抱えやすい人種といえます。こんなウイルス騒動では余計に不安が募りやすいです。

とにかく、体の物理環境の仕組みをまずはちゃんと押さえつつも、免疫力の基礎を築くために自分にあった食物摂取のバランスと食習慣を見つけ出すことが一番重要かと思います。私は「腸が脳に感情のサインを送っている」という観点からも「普段食べているもの、またこれまで習慣的に食べてきたものの腸内細菌叢からなる感情が、思考(脳)を支配している..」ということも一理あると思っています。情報と同じように日本には食べ物が腐るほどありますが、農薬大国日本、添加物大国日本、油への関心がなさすぎる日本では、免疫力を強化する自然の本当にパワフルな食べ物やそういったものを食べられる食産業の環境はかなり少ないといえるでしょう。

ちなみに、腸内には脳のものと同じ麻薬受容体があって、脳と同じく簡単に麻薬依存症になってしまうということもいえます。これは食べているものにも依存傾向が出てくるということです。それによって思考(脳)のパターンも腸にかなり支配されるということも考えられますので、なぜ様々な宗教の教えと食事のあり方が密接に結びついているかということも考えると、思考のチェンジには食べものを変えるということはよく理解できます。

何を食べるかもあるでしょうが、どんな人が生産して誰が調理してどんな環境で食べるのかというものも腸の免疫反応=脳の思考状態にはかなり影響してくるんじゃないかと思いますので、それこそ腹減ったの欲をただ満たすだけの食生活では、免疫状態も思考のあり方も形骸化していく一方のような気がしています。腸脳相関という意味では、現在急速に求められている思考の飛躍と、免疫(腸)の飛躍というのは比例してくることなのかもしれませんね。

だいぶ乙女座パワー全開で(乙女座アセンダントなので)長々と書きましたが、今回の乙女座魚座の満月ラインを見ているといくらでも言葉は溢れてきます。ですがこの辺でやめておきますね。

あくまで個人の見解をシェアしたまでですので、参考にされる方は参考にして、あとは実験して経験して各自の確固たる知恵を育んでください。

この満月の度数からは、気の知れた人や仲間とともに意識の新しい地平線を求めて新しい題材を研究していくことが関係してきます。共同で何かに取り組むということが関係しているので、自由な可能性に向けて舵を切ってみてください。(第8ハウス乙女座月19°

「不安のあまり慌てる」という意味の言葉、「パニック」の語源は、山羊座の牧神パンに由来するともいわれていますので、スーパー山羊座年の2020年はリアルに「パニック」になることも多いかもしれません。何が起きても冷静な判断が求められるかと思いますので、そのためにもちゃんと知恵をつけましょう。

知恵とは精神論ではありません。様々なことを自らの力(ご縁)で知り、対処し、適応できる能力です。

▶︎乙女座満月のヘリオセントリックチャート(太陽中心)

太陽中心のヘリオセントリックチャートは、太陽の創造力を地球に持ち込むというテーマで理解する必要があるので、「発展方向を示す純粋な精神の向かう先」=「意志の発揮の仕方」を表しているものと考えます。

大事なのは、太陽中心であるがゆえに、誰に邪魔されるでもなく、誰を気にするでもなく、誰に忖度するものでもない、時間の制限や環境の縛りもない意志の発揮のテーマですので、ヘリオセントリックチャートを活用するときには地球の重い物理感覚(感覚や感情、地球で起きてくるデーモン的な出来事)とは関係なしに運用していく必要があります。

余計な枠がどんどん取っ払われていく中で、境界線やしがらみを超越したビジョンによって、普段意識してこなかったものをしっかりと視覚化し、秩序立てて整理し、創造の大きな一歩としてのパワーが前進していきます。(魚座海王星-180°-乙女座地球)

また、リノベーションされた魂の伝統的なキャリアや立場を持ち込んで、魂の宇宙的共鳴の仲間づくりや基盤設定に対してアクティブになった創造的なワクワクや楽しみに関しても、きな一歩の前進を踏み込んでいきます。(山羊座冥王星・土星-180°-蟹座金星)

この二つの前進作用を総合化していきつつ、到底無理のように思われるような題材のことを強力に生産していく流れです。スーパークリエイションの展開です。(魚座海王星, 乙女座地球, 山羊座冥王星・土星, 蟹座金星でミスティックレクタングル)

リノベーションされた魂の伝統的なキャリアや立場と、魂の宇宙的共鳴の仲間づくりや基盤設定に対してワクワクや楽しみが意識化され新らしい方向が見えてきたことに関しては、自分を受け入れてくれる場所を探索し場のセッティングを行う必要があります。(山羊座冥王星・土星, 蟹座金星, 天秤座水星でTスクエア)

また、その自分を受け入れてくれる場所、受け入れている場所でのリアクションや、会話のやり取りに意識を向けてみると良いでしょう。(山羊座冥王星・土星, 蟹座金星, 天秤座水星でTスクエア)

宇宙の力を受信し、新規の英知や気づきを興味のあることや熱中できることへの挑戦、ちょっとスリリングな異なるジャンルへの挑戦といったことに、高揚感を持ってもたらしていくことができます。(牡羊座キロン-120°-射手座火星)

お互いの感性や美意識が合う、共同で何かに取り組める協力関係において、興味のあることや熱中できることへの挑戦、ちょっとスリリングな異なるジャンルへの挑戦といった方向に生産的な振動を高めていくことで、天上的な豊かさを創造する非常に専門性に秀でた個性化が実現されていくことになります。(天秤座ジュノー, 射手座火星, 牡牛座天王星でヨッド)

純粋な好奇心や、能力の限界を押し広げていくことへの欲求として、興味やコミュニケーション、学びへと没入していくことが、ここからの自己統合と自己完成への新しい構造化をクリエイトしていきます。(双子座ベスタ -90°-乙女座地球)

ジオセントリックでは、あたかも完成されていたかのような俗物個人の生皮が剥がされ、ニグレド(腐敗)が始まっていくようなタイミングですが、ヘリオセントリックではものすごいアクティブなクリエイションが始まるタイミングとなっていますね!

本当に、見える世界の肉の次元ばかり見続けていては、希望もバイタリティーもどんどん弱っていってしまいますので、是非リアル半霊半物の生き方にどんどん慣れていってください!

地球(肉体)にうまく適応しつつ、スピリットが主の生き方に慣れていきましょう。まだまだ研修期間ですので、なんとか風の時代のインターンシップに順応していきましょう!

まもなく2020春分で、間髪入れずに春分の2日後には土星が①回目の水瓶座INします。7月頭まで過去の社会基盤に戻れない可能性があるので、変更となった仕事環境などのスタイルで新しい可能性を見つけていくことのほうが得策かもしれません。こういう時は昨日のことや1時間前のこともバンバン手放して、思いつめていることもボンボン手放して、とにかく感情に執着しないで切り離していくことが重要です。

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎

(仮)2020春分/土星水瓶座IN ホロスコープリーディング!!(ハイブリットリーディングでリアルな自己統合のシナリオが完成します☆)追って発表!!

新規受付はこのLEVEL2まで!お申込受付中!! 占星術クラス【Wisdom of Astrology: LEVEL2】—黄道十二星座—(単発受講可能・占星術を習ってみたい方)】3/14・15(土・日)二日間
2020年度のWisdom of Astrologyがスタートしました!LEVEL2—黄道十二星座—からでも申込み可能です。無意識を意識化する占星術の世界へ。性格や性質を担う、まずはサイン(星座)を理解していきます。

占星術クラス【Wisdom of Astrology】〜2020年度クラス〜

アストロミソロジー【天体神話】ワークショップ☆第2回「月・アルテミス」編☆ 3/22(日)
体験型象徴学の世界!?です。天上的な象意をキャッチできるためには、神話の象徴を象徴のまま理解できるようになることが求められます(恒星意識)。ヘリオは最低でも専門家的悟りの領域の全惑星意識状態が必要です。また、エゴ的感情とは一切関係ない、高次感情能力、高次思考センターで捉える力の訓練にもなるかと思います。
◎変性意識ワークやイメージワークに興味がある方、されている方

◎自己探求ワークの中に天体象徴や占星術を活用されている方
◎占星術をもっと深めたい方、勉強されている方
次回(月:アルテミス)はディスカッションをより深めていく試みをしていこうと思いますので、ご自身の月の配置がわかるホロスコープチャートをお持ちください※地球中心のジオセントリックチャート(もしくは出生情報をお知らせください。こちらでご用意することもできます)。

アストロミソロジー《天体神話》ワークショップのご案内(★次回3/22「月・アルテミス」編 お申込受付中!★)

 

関連記事