toggle
2020-01-22

【開催報告】〜Wisdom of Astrology 2019 LEVEL9〜

先週末、約半年間にわたる占星術クラス【Wisdom of Astrology 】の2019年度の全課程が終了いたしました。

長いような短いような、ちょうど星々の流れも時代の超ド級の溝をまたぐような時に、ご縁あったメンバーで、今回の2019年度バージョンの占星術クラスが満了となりました。

今回は探求者系?メンバーというか、まぁ私に起因することでしょうが、よくもこんな変なおじさんのところに… と思うのですが、実力のある面々が揃い、個性的なメンバー皆でAstrologyというものを学んでいきました。(チャートを見れば、誰しも個性的で可能性の宝庫なのです)

この占星術クラスの最後の締めの内容は、LEVEL9【失われた女性性の起源の復活と統合:アステロイド4天体(小惑星セレス・パラス・ジュノー・べスタ)】でした。

内容としては、

いままさに、なぜ四大小惑星を取り入れる必要があるのか?…

いま、大衆意識(女性も男性も)の中に浮上してきている、元型的女性原理とはなんなのか?…

【水瓶座の時代】が近づくにつれ、人類が今経験している産みの苦しみ…

私たちに刻まれた女性原理の抑圧と歪み…

女性の性と男性の性のバランスの問題…

女性の変容の象徴としての〝蛇〟…そしてそれらの星座…

人間の意識における量子の増加の淵から、思考の神経細胞パターンの爆発による脳機能の新しいセンターの登場(クォンタム・リープ)をもたらす四大小惑星…

などなど….

これから200年期の風の時代を迎え、さらにおよそ2,000年周期の水瓶座の時代がリアルに迫ってくる時節を迎えるにあたり、この2020年〜というタイミングにこそ、まさに解放されるべくして待ち望んでいた私たちの女性原理意識といえます。

それらを、四大小惑星、セレス(農耕の女神)・パラス(戦士の女神)・ジュノー(結婚の女神)・ベスタ(神聖な火の女神)を通して、私たちの中に眠っている女性原理に触れていきました。

実は、彼女たちの素性は〝変容の代理人〟であり、彼女たちの意識が顕著に発現してくると、変容の力が生産的な人格を与えてくるようになります。

古い構造や姿勢や価値観が破壊され、再生され、再生産されて、確立された大衆意識を打ち壊すようなより強い個人主義へと導かれ、その目覚めた生命が際立ってくるのです。

ただし、これらの小惑星によって表される心理学的な問題が、日常の中で認識され、経験されることによって、それが各自のリアルな変容に携わっていくことになるのです。

変容の代理人である小惑星の女神たちは、意識の境界線を広げ、分断の幻想を超えて現実を捉え直させ、本当の一体感を発見させてくれます。

彼女たちは、〝新たな誕生エネルギーの媒体〟となるのです。

彼女たちは統合されるのを待ち望んでいるともいえます。

脳機能の量子的飛躍によって、より集合的で宇宙的な周波数へとチューニングされるために、人を根本的に開いてくれる経験や危機を彼女たちは示しています。

小惑星セレス・パラス・ジュノー・ベスタは、【水瓶座の時代(風の時代)】の全人類のバランスと平等の理想に入っていく、〝橋を超えてきた使者〟ということなんですね。

それによって、【水瓶座の時代】=【完全なバランスを実現する時代(個人の統合から水瓶座的バランスへ至る)】へと、私たちのステージが進化していくことになります。

私が思うに、これらの四大小惑星は、火星と木星の間にあるという軌道上、ケンタウルス族の小惑星カイロン(キロン)がもたらす橋渡しよりも先に、最も重要なテーマを担っていると考えています。

パーソナル意識(火星まで)と社会意識(木星・土星)の分断が、実際問題あまりにも溝が深く、彼女たちの性質によってこの分断が統合され、ようやく真の個人性と社会性が一致する方向へと向かえます。

なので、風の時代、水瓶座の時代の個人の社会成功や社会での達成は、これまでの体制主義で取り囲まれている成功や達成と大きく違ってくるということです。

そして、このパーソナル意識と社会意識の分断が女性原理によってコネクトされ、ようやくユニバーサル意識へと発展することができます。

これはちゃんと、太陽系の軌道上そうなっているのです。

2020年末には到来する風の時代、そしてより色濃くなる水瓶座の時代では、皆が当たり前に天王星意識(個性化)で生きる状態です。

これはユニバーサル意識の状態で個人を認識し、人や社会との関わりがもたらされている状態です。

だから、このリアルな時間軸の2020年においても、〈脳機能の量子的飛躍が起こり、最終的に到達するユニバーサル意識の発動(次の螺旋のステージの神経伝達が発動している状態)〉と、これまでの、〈今までの価値や真実を頑なに抱きしめている思考の状態〉とでは、生きている星が違うといったレベルにまで感じられるようになるのかなと、私はすごく思うのです。

そしてどんな階層やレベルにおいても、各自の意識共鳴によって、グループや関係性が育まれ、それぞれの意図する幸福や平等や調和が生まれてくるのかと思います。

これはたとえば、

  • 「個人を犠牲にするのが平等」という当然の真実を生きる人たち
  • 「才能(個性)を持ち寄るという平等」という当然の真実を生きる人たち

のように、「平等」という捉え方もまったく違う(ステージが違う)生き方が同時存在していく流れにあるということですね。

とにかく言えることは、アクエリアスマインドの人類のバランスと平等の理想へ入っていくためには、小惑星セレス・パラス・ジュノー・ベスタによって、これまでの父権社会のタブーや女性性のコンプレックス(男性にもある)や性の問題についての思考の飛躍が起き、各々が解放されていないと、天王星意識(博愛=ユニバーサル意識)で生きるということは難しいということですね。

四大小惑星がもたらす女性原理の目覚めは、実は風の時代、水瓶座の時代へと私たちが移行するための重要な鍵を握っていると言えます。

私もクラスの中で「妻を2人持つ!」と爆弾発言!?をしましたがw;(その後、大いにディスカッションが荒れるというか盛り上がりましたw)、これはうちの京子と年末年始から仮想現実で話し合っていることで、現状の私の感じていることを皆にもシェアさせていただいたということでした。

たとえば、モノガミー【異性同士の一夫一婦制】は父権文化(キリスト教)の象徴で、実は原始的な母権文化やその他の文化の価値観ではそれがなかったかそれに制限されることがなかったのです。

とりあえずいろんな文句が飛んできそうなのでこのあたりでやめておきますが、現代社会が言う不貞を働きたいがためにという観点とは大いに違い、性的な気質というかコンプレックスのようなものによる自己認識のあり方を捉えている次第なのです。

これが変人といえば、変人になってしまう社会ですが、ただ隠しても隠しきれないほぼ全員に当たり前にある性のコンプレックスのたった一握りの例にしか過ぎません。

誠実さや、関係性の女神ジュノーが表す献身と忠実さというものはどんな信頼関係においても重要なことなので、結局、さまざまな関係性のあり方が構築されるにしても、当人たちの細かいレベルにおける信頼関係の飛躍的な相互認識と相互理解が必要でしょう。

(ちなみに現状は今までと変わらないので、ご安心!?を!?

風の時代、水瓶座の時代には、本当に大きく価値観が変わっていきます。

セレス・パラス・ジュノー・ベスタの四大小惑星の各自のアクティベーションは、思ってもみない人生の達成や、人生の幸福の目覚めをもたらすことになるのです。

これは非常に楽しみなことなのです!

Wisdom of Astrologyの占星術クラスLEVEL1〜LEVEL9までは、ここで一段階目が終わります。

このLEVEL1〜LEVEL9までは、占星術の知識の習得、占星術の「あ・い・う・え・お」を習った段階(双子座的学び)となります。

ここからは、占星術実践者や占星家として、本物になるための自分を鍛える学びに突入します(射手座的学び)。

星々をどう捉え、人生の可能性や未来をどう開くのか、この先が読み手として、また実践者としての資質が問われてくるでしょう。

そして、人の導き手としてや人の救い手として、自分自身の宇宙を成熟させることの気づきや理解の幅の創造作業が始まっていきます。

ひとまずここまで、大変お疲れまさでした!

そして、このメンバーで、私も学び、成長し、豊かな時間が過ごせたことに感謝いたします。

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎
お申込み受付中!! 占星術クラス【Wisdom of Astrology LEVEL1】:2/2(日)or  2/11(月・祝)〜 2020年度のLEVEL1クラス(誰でも受講可能な初期クラス)がスタートします!!
ethical cosmicが提供する「人生の基礎教養」として設けるこのクラスは、
新しい生き方を共有し、風の時代のステージにおいて、自他の可能性を最大限に生きるためのホロスコープ占星術という認識を理解していきます!
ethical cosmicでは、今後ご案内予定のホロスコープを使ったセッションを行う講座やクラスの最初のステージとなる基礎教養として、この占星術クラスを設けています。セラピストやカウンセラー、ヒーラーとしての実力向上にも!

占星術クラス【Wisdom of Astrology】〜2020年度新規 LEVEL1: 2月スタート!!〜

 

関連記事