toggle
2019-12-31

2019年、ありがとうございました。

太陽系惑星地球というレベルでは、あと数ヶ月2019年は続きますが、現行カレンダー上の2019年はついに終了となりますね。

私は己亥の2019年、そして年男の2019年、そしてジュピターリターンの2019年と、いろんな意味でさまざまな経験や体験をさせていただいた一年間だったと振り返ることができます。

2019年もさまざまなかたちで関わっていただいたすべての皆様に感謝いたします。

個人的には、まずはようやく芽吹いたかなという感じです。

自分の人生街道への認識もかなりアップデートされた年でした。

理屈はいくらでもあるのですが、これはフィーリングでも感じるところです。

これまでよりも、より新しい世界を見せてくれたこと、成長と可能性の機会をくれたこと、進み続けることの意味…あえて射手座木星期のジュピターリターンに紐付けるなら、気づきと学びが非常に多かった年であったといえます。

ここが〝ethical cosmic〟を掲げたすべての始まりであり、ここからが次なるステージであり、たぶん思ってもみない、でも思っているところへ向かっていくことになるでしょう。

なぜなら、私が待ちに待ち望んでいる風の時代(水瓶座の時代)を、本気でワクワク生きたいとずっと思っているからです。

この年末年始も、その風の時代へ向かっての山羊座天体大集合による事象を、惜しみなくあちこちで見せつけられ、自分自身に経験させられますが、それに伴って内面に降りかかってくる時間の展開が尋常じゃなく早いので、気持ちや意識付けの準備やバランス作業をとにかく行い続けることをやっていくしかありません。

これは今後の現実のほうからの展開に、内面が離れずにちゃんと合致させ続けていくために重要な作業です。

ethical cosmicは、いつになるかわかりませんが、この先プランBが発動w?されますので、さらに展開はシフトしていくことかと思います。

2020年〜2025年というのは、ある意味激動というか激変というか、予測できてもそこへの現実処理や現実調整のほうが大変なので、その都度ストラクチャーを設定していくしかありません。

これはすべての人共通ということで、大きな選択と各自のどんな人生枠の設定にするか?が大事なタイムラインになっていくということですね。

ひとまず、2019年が皆様にとってより良き一年であったことを祝福いたします。

2019年はお世話になりました。 

ethical cosmic 杉山洋一

***

2019年が、いよいよあと数時間で終わろうとしています。

振り返ってみると、今年は本当にたくさんの経験をさせていただきました。
射手座木星期は、わたしにとって、そしてethical cosmicにとって、まさに挑戦の年でした。
木星が12年ぶりに射手座(マイホーム)に帰ってきたからといって、決して棚ボタ的な一年ではなかったです。
自分自身を奮い立たせて、勇気を持って向き合わなければいけないこともたくさんありました。

でも、そのおかげでたくさんの方との新しい出会いがありました。
人との出会いを通じて、人は成長していきます。
わたしたち人間の原始的な願望にあるものは、「変化と成長」だと思います。
すべてのものは変化していきます。その変化は誰にもとめられません。
この世界に、昼や夜があるように、そして地球や宇宙の星々が変化し続けるように。

ethical cosmicを通じて、出会ってくださった全てのみなさま。
本当にありがとうございました!

ethical cosmic 杉山京子

 

関連記事