toggle
2019-10-31

【開催報告】〜Wisdom of Astrology 2019 LEVEL6〜

さてさて、10月の最終日曜は、占星術クラス Wisdom of Astrology LEVEL6でした。

このLEVEL6クラスの内容は、「キロン・ノード(ドラゴンヘッド&ドラゴンテイル)・そして冥王星深掘り」です。

そうです。一番ズシーンと来る内容を扱うのがこのLEVEL6クラスです。

東洋的な生命の自然観の輪廻転生の中で、魂が生きながらに自然とできてしまった傷のありか、過去世の自分自身が築き上げた自己存在のスタイル、今生で果たそうとしている目指している方向性などを学んでいきました。

また、冥王星の自然欲求としてもたらされている魂の進化衝動なども含めて、個人個人のディープな存在としての変遷を紐解いていきました。

日常の仕事や生活や対人関係を送るために日々使っている認知している表層意識とは違う、普段は意識化すらされていない魂存在・魂衝動としての深い潜在意識の解釈を進めていきました。

これは、自分自身のシャドウ欲求を認識することでもあり、普段は意識化されていない、深い根底の意識を理解していくステップです。

これらが人生でどう機能しているかにフォーカスすると、

結局いつもおんなじようなパターン、環境、人間関係を永遠に繰り返していて、何かとしっくりこない人生を送っている=サウスノード(ドラゴンテイル)の過多傾向

健康を害しやすいところや人生の中で苦手意識やトラウマを持っているところ=キロン

破壊を経験して進化(変容)に向かいたいが、執着的になる強烈な脅迫観念のところ=冥王星

といったことなどがわかってきます。

日常の表層意識下にある霊的な衝動や欲求としての影響を知って、それが表向きの自己を形成する意識たちにどう影響しているかなどを感じていきました。

面白いことに、ホロスコープで自分の星の意識にコンタクトしていくと、私たちが自己存在として認識できて納得できている理解範囲はだいたい火星意識ぐらいまでだということがわかったりします。

それ以上のソーシャル天体の木星・土星や、ユニバーサル天体の天王星・海王星・冥王星などの意識については、それを自分の中で理解して取り込んで生きるというのは、結構至難の技だったりするのです。

10天体だけでもそれだけ広大で、多重階層を持った意識領域にアクセスすることになりますから、個人のパーソナルな領域で火星以上のものを捉うとなると本当に難しくなってきます。

人によっては金星意識止まりな人も多いです。

そのため、霊的な存在、魂レベルの自己存在の生き方といった、宇宙意識レベルの天体意識に同調していくという人生は、普通の人なら「何で!?」「何のため!?」「そんなことしに来た覚えない..」「ヤダヤダ..」「そんなこと望んでない..」という感じになったりします。

本当のことがわかっちゃうと結構こうなります。

でもこれが正常な地球に生まれたヒトとしての反応ですから、こういった反応はとても健全なんですよね。

ネジがどっか抜けてて、恐れを超越してまで魂の自己を生きようとワクワクする人は本物のスピリチュアリストですが、だいたいの人は恐れをしっかりと自分の支配者にしてしまうので、その時点でがっつり地球人をやっています。

魂存在としての超自然的な自己をこの次元で生きるというのはとても難しく、分離した自己を築いた方が楽に生きれるのです。

真の統合の生き方は、着々と地球次元(物質次元)と魂次元の生き方を統合していくことで成し遂げられていきます。

多くの人が信奉している教祖様たちも地球に生まれて生きながらえている以上、分離している、または分離から始まっているということを理解しないといけません。

その分離の取り組みをどうやっているかを教祖様たちに質問してみたほうがよいですね。

ちょうど深掘りにはもってこいの蠍座太陽シーズンでもあり、蠍座水星逆行エネルギーにも覆われてきたタイミングで、ホロスコープチャートから超自然存在としての過去・現在・未来の自己ストーリーの洞察を皆で深めていきました。

参加者皆、自分らしく星の言葉を紡いで理解してきています☆

次回、LEVEL7はホロスコープチャートリーディングのディスカッションです!

皆で互いに読み合います♪

関連記事