toggle
2019-10-24

【開催報告】〜Wisdom of Astrology 2019 LEVEL4・5〜

先週、土曜日からの2日間では Wisdom of Astrology LEVEL4・5クラスの開催となりました。

このLEVEL4・5クラスでは、ホロスコープのハウスの役割を理解し、さらにアスペクト解読の理解へ進んでいきます。

また、天体意識への理解を深めるために、人の意識を担う天体それぞれがどういった範囲とポテンシャルで各意識領域を担い、それがどういった階層で私たち人間に働きかけているのか、占星術の基本中の基本である、天体意識からの自己認識の二つの流れの洞察を深めていきました。

この自己認識の二つの流れは、人間心的に生きる階層と、宇宙心的に生きる階層の両方の視点を見出し、各々がどういった比重で地球人生を送っているのかを知ることができます。

さらに、自分というものを構築する多重なパーソナリティーの階層も学んでいきました。

このLEVEL4・5あたりから、星々と対応する人間の意識をさらに理解していくために、より広大で普遍的な視点の中に入っていくことになります。

この辺から専門性もぐっと増していきます。

ワーク的にも、天体とハウス、さらにサイン天体ハウス、そしてアスペクトの種類別特徴にアスペクトの感覚をつかみながらの言語化、そして複合アスペクトと…ホロスコープの構成要素の機能をがっつりと網羅していきました。

ここまでいけば、10天体のホロスコープリーディングができる技術を身に付けることができます。

さらに星々と人との相互作用がより明確になっていくことでしょう。

『上のごとく、下もしかり』

このヘルメスが伝える大宇宙と小宇宙の照応という占星術の根本理論を、各自がさらに体現していくことになります。

受講された皆さまからは、

  • ハウスは知りたかったところ。そこまで分かると詳しくホロスコープをみれる。
  • アスペクトの多様な解釈は、まだまだやっていかないと….という感じ。
  • アスペクトとハウスで、家族や友人への理解もより深まった。「へぇ〜」という感じ。
  • 自分ではよくわかっていない性質のことろが、まわりから言われて気づける。
  • 自分のはピンとくるところとこないところがあるけど、人のはピンとくるところが多々ある。
  • 奥が深かったです。。
  • 使いたくない部分(性格面)って、あるな〜。。
  • 自分の中で、拒否したい…や、ちょっと嫌で放置したい…ところのポイントがわかった。
  • 使いたくないところ、嫌だと思っているところはどうやってアプローチ?…

などなど、このLEVEL4・5あたりからより実践レベルでのテーマが浮上してくる感じだったでしょうか。

どんどん自他の内部を構成している意識の多様性や、それらの意識を意識的&無意識的に自他がどう扱っているかが客観的にわかるようになってきます。

ここで、ホロスコープが示す自分がやろうとしている地球次元の人生に圧倒されたり、抵抗したり、混乱したりすることが多くあります。(逆にワクワクする人はほとんどいないのです)

その多くは、「何のために自分はこの地球に生まれてきているのか…」ということが納得しないやわからない、また「自分の本当に望む幸せがなんなのかわかっていない…(思い込んでいる世俗的な幸せはいくらでも意識化している..)」や、さらに「宇宙の采配(自然の摂理)を肯定できていない…」などが関係しているでしょう。

これは面白いのは、ほとんどの人がうま〜くやんわり本当の生き方を避けている。というのがかなりの現実です。

その時点で、真のスピリチュアルな自分を生きない選択をしていることになります。

そういう矛盾したスピリチュアル系の人が多くいますが。

永遠に真の自己を受け入れず、自分らしさを肯定できない生き方をすることになるのです。

だいたいの人が自分のことをわかっているようで、本当は全然わかっていないというのが実情です。

「本当は分かりたくない…」といってもよいかもしれません。

もぉ、私は何がしたいの???って….

私の幸せはどこ???って….

せかせかと求め続けますが、

結局、内なる魂(意識)の自己と向き合わない限り何も始まらないということです。

これはやってるようでやっていない。

やってるようで、実は確信犯的にやってないんですよね。

そしてなんとか数十年とうまく取り繕ってきたセルフは、ホロスコープで本当の自分が見えてきたりすると、真の自己の可能性を前にして抵抗し始めることになります。

この抵抗感を楽しめるかどうかが地球という星の楽しみ方でもあるのですが。

真の自己が生きたい地球人生を素直に受容できるかどうか、まずはそこが大きなポイントとなります。

超自然的にあからさまに示されるホロスコープの運命を受け入れるというのは、ちょっと難しいことなのかもしれません。

これはどのレベルでホロスコープを活用するかでも全然違ってくることになります。

抵抗感をもたらすような意識の緊張は、進化・成長を促すという自然な理解が必要になります。

自分の本当の人生のシナリオへの抵抗は健全な反応ですね。

飢餓が長寿遺伝子サーチュインを獲得してきたように、ヒトの進化には緊張やストレスが必要なのです。

なぜなら地球次元だからです。

この自然の視点がもてるかもてないかで、例えば90度や180度のアスペクトの解釈も雲泥の差になります。

自分を真に理解することからすべては始まっていきます。

全部ホロスコープに書いてあります。

真の自分の存在意義を受容して、無限の可能性を開き、宇宙レベルの愛と幸せを生きたければ、本当に深欲になる必要があるでしょう。

メインストリームで騒がれてきた精神世界やスピリチュアルの理論も、もう通用しない時代となるでしょう。

ということで、来週からはLEVEL6クラスがスタートします。

蠍座に太陽が入り蠍座の水星逆行をまもなくにして、ベストなムードでキロン・ノード(ドラゴンポイント)・冥王星深掘りのクラスです。

私たちの魂はどんな思いで、どんな経緯を経て、今生では何を望んでいるのか…

真の自己の核心に迫っていきます。

関連記事