toggle
2019-09-18

【開催報告】〜Wisdom of Astrology 2019 LEVEL3〜

乙女座太陽の時期も終盤となってきましたが、この1ヶ月、こまごまとした様々な実務やタスクをこなす日々が続いたかもしれません

その中でも自分の隠れていた過去の価値や存在を発見するような、有意義な時間を過ごした日々もあったかもしれませんね。

私は先週からの三連休は宇宙尽くしで締めくくらせていただきました。

先週、土曜日からの2日間では、Wisdom of Astrology LEVEL3クラスの開催となりました。

このLEVEL3では、私たちの意識や衝動の実体として機能している基本の10天体を学び、「天体意識」という視点で、私たち人間が持つ意識の各10パターンを学んでいきます。

太陽系の星々の天文学的要素、歴史、神話、アーキタイプ、発達年齢域、公転周期に伴う意識の違い….などなどを、太陽系天体一つひとつに思いを馳せながら惑星の旅をしていきました。

占星術では、今の自分はどんな天体意識を通じて考えているのか、今の自分(相手)のこの状況はどんな天体意識によって引き起こされているのかということに洞察を深めていくことが重要なのです。

天体意識を自分で理解しておくことによって、外部からの情報に振り回されたりとか、世間や自分からの巧みな魔界幽界情報に踊らされなくても済むようになります。

受講された皆さまからは、

  • もうちょっと違う太陽の生き方があるんじゃないかな…と思った..
  • 自分の太陽の多様性、多面性をあんまり意識してなかったので、そこがわかったのが良かった..
  • 天体やサインの性質でも、消極面と積極面でバランスが大事なんだとわかった..

などなど、とても興味深い感想をいただきました。

天体意識の扉を自ら開いてみると、世間で散々叫ばれている太陽星座でさえ、その能力や可能性を十分に生きれていないなと思えてくる次第なのです。

今回テキストをアップデートして作成していく中で、私自身の中でも強くそれを感じ、新たに太陽星座の生き方へのコミットが私自身も変わりましたね。

星のお勉強とはまずは意識のお勉強であり、日々日々気づきの連続であり、自分の思い込みや経験を視点を変えて観たときに、今までの思い込んでいた状態の意識を超える気づきがもたらされます。

宇宙と共にある進化成長のサイクルを、自分の中で常に感じられるのです。

天体意識への洞察として例を挙げておきますが、月は心や感情ですが、家庭環境や親からの愛情の受け方、自身の安心や満足のあり方を表します。

ただし、月はインナーチャイルドであり、この時代を生きる私たちはそのインナーチャイルド(安心や満足、愛に満たされていること)の傷を大なり小なりに持っています。

また、太陽は自我をあらわす意識体ですが、この時代の私たちは基本的なアイデンティティーの問題を抱えていることが多く、創造的な自己の潜在力をまだまだ開花させていないことがほとんどだったりします。

ひふみがちゃんと伝えてくれていますが、「だました岩戸からは、だました神(アマテラス=太陽)がお出ましぞ」なのです。

ということは、私たちはまだ自分自身の本来の月(女性原理)も本来の太陽(男性原理)も生きていないということが言えます。

これをたかが10天体分の意識だとしても、それらと丁寧に向き合っていくだけでも時間的に寿命がいくらあっても足りないのですがw、本当の自分を本気の本気で生きたいと思うのであれば、人生のどこからでも遅くはありません。

ただしこれは自分の世界にすっごく入っていく作業なので、それはそれは孤独な作業です(自分の本当の力に気づけるのはここからで、真実のお宝は外にはまずないでしょう)

だけど、気づきや過程をシェアし合える場があれば、みんなで気づき合いながら成長して、それこそみんながハッピーに生きれることってあるんじゃないかなと思っているのですよね。

個人的にはそんな集団づくりなんかを何やかんやを通してやっていきたいなとやっぱり思っているのです。

また、月や太陽以外の天体意識に洞察を深めていくポイントとしては、火星(パーソナル意識)と木星(社会意識)のギャップをつなぐ超大切な役割としての小惑星の意識たちがあることや、土星以遠の天王星、海王星、冥王星のユニバーサル意識をどう理解し腹落ちさせていくか…など、そのあたりにも焦点を当てつつ学びを深められたLEVEL3クラスとなったかと思います。

天文学的な成り立ちとしての太陽系の星々に対して疑問を持っていくことも重要で、ここも斉一論から視点を変えると、科学と神話が融合した一気にドラマチックな太陽系のストーリーが浮かんでくるのです。(この分野で本当はもっとじっくりやりたいんですw)

天体ごとの学びの最後には、しっかりとサインと天体を言語化して表現するワークをやり、天体とサインが織りなす意味を、言葉でしっかりと綴っていきました。

ここまでくると、ホロスコープリーディングの50%ぐらいができるようになります。

来月からはLELEL4(ハウス)・LELEL5(アスペクト)とホロスコープリーディングのすべての要素を網羅していく流れですね!

今このタイミングからでもやってみたい!! 習いたい!! という方は、臨時クラスの開催でまだ間に合いますので、どうぞご連絡くださいませ。(詳細は下記に)

今回のお昼もうちの京子さんのおにぎりを皆でいただいました♪

夏の終わりのゴーヤチャンプル〜☆

地場産の無農薬のお野菜を個人的に購入しているので、夏になると定番のゴーヤです。こんなにゴーヤを食べるようになったのは人生初ですね (⌒-⌒; )

さらに三連休の最終日は、私の地元さいたま市のさいたま市宇宙劇場にて行われた、サウンドヒーリング協会監修の《Star Light Healing in Hawaii》のイベントスタッフとして参加してきました。

私たちは日々のサウンドヒーリングの施術やプライベート生活空間の中でも、空間環境デザインとして地球の恵みや生物たちの営みが生んだ自然音を活用しています。

このイベントはハワイが生む波や風、虫、鳥たちの自然音と、ハワイの人々が見上げていた星空や星座とともに、ハワイアンスピリットに溢れた音楽の数々に聴き入り、癒しの時間を過ごすプラネタリウムイベントです。

ハワイの人々の自然との調和、宇宙との調和、心の世界と外の世界との調和が歌われた音楽は、星空と自然音環境によって五感レベルで深く体験できます。

久しぶりにプラネタリウムに行きましたが、ハワイの星空や星座とともに聞こえてくる自然音は臨場感に溢れ、日本の街中にいながらもハワイへのトリップを体験出来る大盛況のイベントとなりました!

また個人的には、星や星座のお勉強はやはりプラネタリウムが一番だなと思いましたね。

このイベントでは第2部のサイエンスカフェにて体感音響によるサウンドヒーリングをイベント参加者の方にご体験いただきました。

イベント全体を通してもとても新感覚で、生まれた地元で宇宙と音がつながっていく不思議な感覚に魚座満月への思いを馳せていました。

ということで、とても充実した宇宙と音の9月の三連休となりました。

本日、9月18日は山羊座の土星が順行となります。各自の仕事や自身が社会で本当の役割を成すことの基礎基盤の再設定化がもたらされ、その改めてのスタートです。

来週は秋分です!

ここでしっかりと未来を見据えた今へと舵を切っていきましょう!

↓  ↓  ↓  ↓ 

☆★臨時追加開催決定★☆

占星術クラス【Wisdom of Astrology】

追加開催決定!お申込受付中!! 2019年9月22日(日)& 9月23日(月・祝)2日間 Wisdom of Astrology LEVEL2◎黄道十二宮(オープンクラス・誰でも受講可能) 

ホロスコープの知識がなくても日常の人間関係の中で役に立つ知識、視点が得られます。太陽星座だけでも自分や家族、他者の心理・性格的側面を把握できる内容です。人間関係性の中での思い込みやトラブルを回避する術ともなります。これまでの受講者の中には、12星座(サイン)の知識が職場内での人間関係において客観的な視点を獲得できてとても役に立っている、というお声もあります。人の基本的性格を表す星座(サイン)を学んでいきます。12星座とアロマやハーブ、ストーンとの対応にも触れていきます。

追加開催決定!お申込受付中!! 2019年10月5日(土)& 10月6日(日)2日間 Wisdom of Astrology LEVEL3◎基本10天体(LEVEL2を受講された方) 

太陽と月だけではなく、自分自身に備わる太陽系のその他の星々に対応する多様な意識を紡いでいきます。たとえば、自分の好きなことは金星、自分の責任感は土星など、より幅広い視点で自分や他者をとらえるための種々の意識(実体)のバリエーションを理解していきます。LEVEL3までくると、ホロスコープを見ても簡単に自分や他者の内面意識を理解することが可能となります。また、太陽系の星々に興味がある方や星々の叡智に触れる学びをされている方にも、星々の教養を広げる目的として役に立つ内容です。

2019年末までのサウンドヒーリング、モニタースペシャルセッションも受付中★〔体感音響+惑星音叉サウンドヒーリングセッション〕

 

関連記事