toggle
2019-08-29

【乙女座新月スーパームーン】〜心の充足のための正義感を持って、労働や日常の内容を刷新的にクリエイトする〜

2019.8.30 19:37 乙女座 新月(スーパームーン)

さて、乙女座新月となりました。

8月2回目の新月は、今年最大の近地点新月となるスパームーン新月です。

変化に次ぐ変化の煽りを受ける2019年ですが、「現実的に変化させる」という意味では、乙女座柔軟宮の最たる特徴が大きくフォーカスされる新月となるでしょう。

このスーパームーン新月時、太陽・月・水星・ジュノー・火星・金星と合計6天体が乙女座でひしめき合っていて、乙女座的な意味で新しいサイクルを多分に多分に多分に始めていく新月となるかと思います。

星空のおとめ座は、北斗七星の柄からうしかい座のアークトゥルスを通っておとめ座の1等星スピカまでつながる春の大曲線の一部としても知られる星座ですが、その姿は背中に翼を持ち、手に麦の穂をたずさえた女神の姿で描かれます。

ラテン語で「穀物」という名を持つ乙女座は、ギリシア神話の大神ゼウスの姉で穀物と収穫の女神デメテルの姿とも言われています。

デメテルという名前は「earth mother」からきていて、デメテルは穀物をはじめ農業や大地が生産する作物や自然物の神であり、大地母神ガイアの後継者でもあると言われます。要はガイア(地球)の象徴でもあるということです。

ローマ神話では、農耕の女神としてすべての人々に食物を与え養ってくれる、大地母神セレスとして描かれます。

この新月時、ゾディアックの第2ハウスと第8ハウスは牡牛座と蠍座であり、さらに第8ハウスにはセレス(デメテル)が射手座で入宮し乙女座の6天体にハードアスペクト、セレスとアセンダント付近の牡羊座逆行キロンがソフトアスペクト、セレスと牡牛座逆行天王星がハードアスペクトを取ります。

ここ最近、北極圏やアマゾンで大規模な森林火災が発生していますが、アマゾンでは森林火災の規模は2013年の観測開始以降最大を記録し、森林破壊の規模においても過去10年以上なかったレベルに達していると言われます。(BBC NEWS Japan: https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-49443871

ここにブラジルの食料産業の実態が垣間見れるということです。(AFP BB NEWS: https://www.afpbb.com/articles/-/3241276

ちなみに、そのアマゾンを凌ぐ世界トップ規模の森林火災が起きているのが、実はアフリカとなります。(Yahoo NEWS: https://news.yahoo.co.jp/byline/morisayaka/20190828-00140276/

この乙女座スーパームーン新月時、地球環境レベルの「事件」といったトピックから、地球規模での環境衛生の実態、食料生産の実態を考えさせられるような、まさに乙女座(デメテル)テーマが持ち上がっています。

フランスのマクロン大統領は、アマゾンの森林火災について「地球の酸素の20%を作り出す肺に火がついている。これは国際的危機だ。G7サミットの参加国の皆さん、2日後にはまずこの緊急事態について話し合いましょう!」と、G7サミットに先立ちツイッターで協議を呼びかけました。

肺というのは陰陽五行では悲しみの感情を表しますが、セレス・デメテルのテーマには「損失の病理」「悲しみにどれほど耐えられるか」、さらに「共有の原則」といったものが存在します。

デメテルの神話では、ある日、デメテルの最愛の娘ペルセポネが冥界の神ハーデースにさらわれた時、デメテルはショックと意気消沈、怒り、悲しみ、罪の意識によってほら穴に閉じこもり、地上の草木や花々、作物は枯れ、大地は寒々とした姿になってしまったというストーリーがあります。

デメテルの感情は、単なる悲しみの次元を超えていたのです。

この神話になぞらえれば、デメテル(地球)が経験した苦痛や悲しみの感情によって、私たち地上世界の環境や、資源や食料などの生産・共給システムが大きく変化してしまうということを表しています。

大きな悲しみのアーキタイプであるデメテル=大地の自然=アマゾン(地球の肺)が今、その悲しみを爆発させ、強く訴えかけているようです。

この緑の星 地球に住む私たちは、同時進行的にデメテルと同じ思いや感情を経験しているとも言えますし、これから経験することになるとも言えます。

デメテルのペルセポネーへの溺愛、そしてその別れの試練は、愛する人や価値あるもの、考えなどに対する執着を変えていかなくてはならないこととして、人生における重要なテーマを投げかけるでしょう。

今後、人類の食料生産の不健全で不調和なあり方と同時に、地球環境の悪化がよりフォーカスされてくる時代になるかとは思いますが、私たちのこれまでの「モノ・ブツ・カネ」に対する溺愛の結果としてもたらされた罪や悲しみを、デメテルと同じように今後経験せざるを得なくなるということになるでしょう。

これは地球(生命)規模の犠牲がもたらされるということになるでしょう。生態系の変化です。

だとしても、これも進むべくして進んでいく、経験するための私たちの道なのですね。

また、今回の新月チャートでは、セレス(デメテル)の位置や乙女座天体群とのアスペクトを見ても、デメテルが経験したように、「別れ」というテーマも持ち上がってきます。

乙女座に描かれるデメテルは、私たち自身が移り変わっていくこと、失うことがあることを教えてくれるのです。

それでもデメテルは悲しみの中にあっても強靭で、苦痛や悲しみから立ち直ります。これが私たちの「変容」のアーキタイプとなります。

乙女座の浄化力というものは、変容をも司る浄化ということです。

デメテルのイニシエーションを潜り抜けてきたものは、強く、深く鍛え上げられ、さらに愛情深くなります。

これが女性性のイニシアチブによるアイデンティティーの確立なのです。実は女性性(自然法則)って強烈に甘くないのです。

さらにこれが、セレス(デメテル)のハイヤーオクターブであるセドナにつながっていきます。

私たちは新しい地球の生き方、新しいスタイルの物的生産力を身につけるのです。

第10ハウスの山羊座天体群は、これまでのキャリアの失脚や転落の恐怖を呼び起こし、さらに現状維持的な執着へも強く引っ張り込みます。ただし、サウスノードがもうそこに本質的な意味で社会的発展性がもたらされないこと、心の空虚感がどんどん生み出されてしまうことを感じさせるでしょう。

そのために、大なり小なり現在の何かしらと「別れる」「失ってみる」、何なら何かを「捨てる」ことが非常に重要なことだと、この乙女座スーパームーン新月は語ってくれます。

より大なりの方向の修正や処分の方が、この新月にはフィットするでしょう。

また乙女座は、ギリシア神話に登場する有翼の正義の女神アストレアとしても描かれます。

アストレアは文明や経済を発達させ、所有欲に駆られて土地の私有などを始めた人類に、最後まで地上に留まって正義を訴え続けた女神だったと言われます。

しかし、人類の段階的な堕落に失望し、遂に欲望のままに行われた殺戮によって血に染まった地上を去りました。

そして彼女は天に輝く星となったことで、「星のごとく輝く者」、「星乙女」と呼ばれるようになりました。現在その姿が天のおとめ座となったとも言われています。

また、アストレアが正邪をはかるために所持していた天秤がてんびん座になったと言われています。

実は、そのままそのアストレアの名前がついた小惑星(アストラエア)があり、1845年ドイツの天文学者カール・ヘンケによって、ベスタ以来の5番目の小惑星として発見されました。

アストレアは幻滅や絶望を体験しても、忍耐強く人間を見守り、正義を訴え続けた女神です。

そして乙女座の性質でも表されるように、堕落のない、健全で完全な世界を望みます。

このアストレアの思いが、この乙女座スーパームーン新月チャートの根っこ中の根っこにあり(IC蟹座アストレア)、第1ハウスの牡牛座逆行天王星、第5ハウスの乙女座スーパームーン新月とオーブ0度で完全な小三角を創ります。

そしてこのアストレアの忍耐強い正義のハートコミットメントを、今回の乙女座スーパームーン新月でスタートさせていくことになります。

乙女座は「労働スタイル」「労働の実質的内容」「奉仕的な日常」「日々の役割」「健康管理」などを表します。

このタイミングで、各々の現在の経済基盤や生活基盤がアンバランスな自己犠牲や自己抑制のもとに成り立っている現状と、そこに執着して依存や保身になってしまう労働や日々の日常の状態を浮き彫りにしています。(第2ハウス牡牛座ベスタ・逆行セドナ-120°-第10ハウス山羊座逆行冥王星)

これは逆に、変身願望によってこれまでの何かを犠牲にしてでも、決断によって本道の道へと入っていき、経済基盤や生活基盤に心の充足をもたらすというかたちで、女神アストレアのような正義感と忍耐力を発揮していけるかがポイントとなっています。(第2ハウス牡牛座ベスタ-120°-第10ハウス山羊座逆行冥王星/MC山羊座-180°-IC蟹座アストレア)

まさにこれは、アストレアに関連してくるオウディウスの『変身物語(メタモルポーセス)』のような展開でしょう。

本当の真実の価値(力)を明らかにしていく(創造していく)ことによって、独自のアイデンティティーで、この節目から経済基盤、地球生活基盤を革新していくことになります。(第7ハウス蠍座パラス・アテナ-180°-第1ハウス牡牛座逆行天王星)

これに必ず必要なのが、しっかりと心の充足をもたらすんだという正義感と忍耐力、そして実務の刷新、考え方の刷新、技術の刷新、マニュアルの刷新、信頼関係や人間関係の刷新、生活の刷新、満足感の刷新、目的の刷新、自己実現の刷新、意欲・やる気の刷新の現実的な行為です。(第7ハウス蠍座パラス・アテナ-180°-第1ハウス牡牛座逆行天王星-調停-IC蟹座アストレア/第7ハウス蠍座パラス・アテナ-180°-第1ハウス牡牛座逆行天王星-調停-第5ハウス乙女座天体群)

思いの中で強く理想を掲げ、その理想の中に経済的満足、生活的満足を求めていくために、まずは物と、人間関係とお金の所有のあり方を整理整頓していきます。(第12ハウス魚座逆行海王星-180°-第6ハウス乙女座金星)

この乙女座スーパームーン新月の整理整頓や刷新の基準は、「以前よりもかなり自己犠牲していない状態の充足感をもたらす」「インプットしている脳の考えではなく、また人の関心や意見でもなく、あくまで自分の心が正しいと思っている正義感にしたがっている」ということがポイントとなるでしょう。(第5・6ハウス乙女座天体群-60度-IC蟹座アストレア)

そのための射手座木星による発展と拡大の2019年後半のチャレンジングは、ここからスタートすると言っても過言ではありません。(第12ハウス魚座逆行海王星・第6ハウス乙女座金星・第9ハウス射手座木星でTスクエア)

射手座木星の度数はここから成熟していくので、社会的な実態や結果、キャリア的価値につなげられるチャレンジはこのタイミングからといってもよいでしょう。

この新月では、アセンダント牡羊座に幸運のPOF(パート・オブ・フォーチュン)がぴ〜ったり乗っかります。何かしらの新企画、新開拓、真っ新な分野、まったく初めてのスタート、そこに非常に幸運がありそうです。

現実にやっていることと理想との分離感を感じ、真実の自分らしさを出すことへのトラウマと向き合いながら、人生の新たな完成形に向かって識別し、処理し、統合作業を行い、社会の中での自己存在の矛盾を調整していくことになります。(第12ハウス牡羊座キロン-150度-第5ハウス乙女座新月)

結果的に、本心的な方向へ自分自身の権力の持ち方、あり方が変わることで、こんなことできるとは思わなかったとか、通常では到底無理と思っていたようなことを成し遂げていく、そんな高い生産性や創造性が生まれていくことになるでしょう。(第12ハウス魚座逆行海王星・第6ハウス乙女座金星・第10,4ハウス山羊座蟹座ノードラインでミスティックレクタングル)

真の心の充足のために、デメテルの「別れて(別れる)」、「失う(捨てる)」というイニシエーションを潜り抜け、アストレアの正義と忍耐力を持って、日々の労働や日常を刷新的にクリエイトする。

そんなことを地道に現実的にスタートさせる、乙女座スパームーン新月の始まり始まりとなるでしょう。

〝無限なる完成〟

 

↓  ↓  ↓  ↓ 

☆★臨時追加開催決定★☆

占星術クラス【Wisdom of Astrology】

Wisdom of Astrology LEVEL2◎黄道12宮(オープンクラス・誰でも受講可能)・LEVEL3◎基本10天体(LEVEL2受講済みの方)が9月10月に臨時追加開催されます☆まずは黄道12宮を知り、様々な性格や性質のパターンを知ることからホロスコープを紐解く実践的な学びがスタートします。教育・カウンセリング・人間関係・可能性や才能を伸ばしてあげること・お互いに思いやりを持ってあげること・多様性の中の自分の役割を知ること・世の中を知ること・宇宙を知ること….などなど、まずは生きることにおいてメリット盛りだくさんな教養と英知である占星術の基本知識を持ちましょう!

追加開催決定!お申込受付中!! 2019年9月22日(日)& 9月23日(月・祝)2日間 Wisdom of Astrology LEVEL2◎黄道十二宮(オープンクラス・誰でも受講可能) 

ホロスコープの知識がなくても日常の人間関係の中で役に立つ知識、視点が得られます。太陽星座だけでも自分や家族、他者の心理・性格的側面を把握できる内容です。人間関係性の中での思い込みやトラブルを回避する術ともなります。これまでの受講者の中には、12星座(サイン)の知識が職場内での人間関係において客観的な視点を獲得できてとても役に立っている、というお声もあります。人の基本的性格を表す星座(サイン)を学んでいきます。12星座とアロマやハーブ、ストーンとの対応にも触れていきます。

追加開催決定!お申込受付中!! 2019年10月5日(土)& 10月6日(日)2日間 Wisdom of Astrology LEVEL3◎基本10天体(LEVEL2を受講された方) 

太陽と月だけではなく、自分自身に備わる太陽系のその他の星々に対応する多様な意識を紡いでいきます。たとえば、自分の好きなことは金星、自分の責任感は土星など、より幅広い視点で自分や他者をとらえるための種々の意識(実体)のバリエーションを理解していきます。LEVEL3までくると、ホロスコープを見ても簡単に自分や他者の内面意識を理解することが可能となります。また、太陽系の星々に興味がある方や星々の叡智に触れる学びをされている方にも、星々の教養を広げる目的として役に立つ内容です。

占星術クラス【Wisdom of Astrology】

 

関連記事