toggle
2019-08-26

【開催報告】〜Wisdom of Astrology 2019 LEVEL2〜

この週末は、Wisdom of Astrology LEVEL2クラスが開催されました。

このLEVEL2では、黄道12星座をしっかりと自分自身の理解の中に落とし込んでいきます。

たぶん占星術を受け取る側のほとんどの人が、この12星座(ゾディアック)と呼ばれる一部分を切り取って自分の性格だと思い込んでいるかと思います。

ですが、そこに宇宙との分離の落とし穴があることに、まずは気づくことから始めます。

私たちの可能性はどこに眠っていて、さらに現実的に生かしていくことができる眠っている性質はなんなのか。

な〜んだ、自分が切り取った(それだけだと思い込んだ)性格以上のことが、かなり重要な要素じゃん!って、大きく発見できることがホロスコープにはあります。

世間的な星占いもよいのですが、たぶん世間の星占いの刷り込まれは、本当のご自身の能力や可能性を開花させてくれるものにはならないでしょう。

あえてそう言わせていただきますが、なぜなら、切り取る視点のみだからです。

〝切り取らない視点があって、同時に切り取る視点を持つ〟

この多次元間の交流の視点を持てないと、宇宙の叡智を本当に理解することはできないでしょう。

そうでないと、本当に人の幸せや可能性を見つめていくことはできないからです。

風の時代にどんどん切り替わっていくにつれて、これを人に頼るのではなく、自分の知的教養、道徳として持っておく、ということは当たり前になるかもしれませんね。

子どもたちが占星術の知識を当たり前に持つ日もそう遠くはないかもしれません。

子どもが親を分析する時代なんかが来たりして…w;

(それだけここ5〜6年の星の動きはセンセーショナルです)

単純に知的にも進化しないと、風の時代の流れはカオスや混乱も多いと思いますので、安心していられないことも多々あるような気がするのですよね。

ある意味、知的に進化する必要があるということですが、この「知的に進化」というのは現代アカデミズムに限ったことではないので、「個々の意識の飛躍」と捉えておいたほうがよいでしょう。

そして、間違いなく意識の視点が広大に開くのが、このゾディアックの学びです。

一つひとつの星座(サイン)が自分自身の中で分離していない=宇宙の広大な叡智はしっかりと自分自身の中に眠っている、という認識です。

…..どういうこと?…..

この観点から、私がお伝えするWisdom of Astrologyが始まっていきます。

このLEVEL2クラスでは、性格や性質的側面をすべて自分自身の中に落とし込んでいく作業です。

またこれは、同時に理解不能だった他者を理解していく作業です。

「あ〜、私の知っているあの人はこういう性格だからこういう風なんだ」って、客観視できる学びと脳のワークです。

今回のクラスの参加者の方の経験も面白く、1日目が終わって、

「自分の牡牛座にもっと素直になってもいいな〜と思って、食べたいもの食べて帰って来たら、目の前にお財布が落ちてた…」

なんて、、その素直な意識とのシンクロ率(@.@///)%の出来事まで起こったそうです。

純粋な意図を持つことって、自分らしく幸せになるのに本当に大事なことなんだなって思います。

他者がどうこうというより、まずは自分であって良いということですよね。

これが本質的な引き寄せが自然と行われる最たる部分なのでしょう。

これは個の犠牲という水の時代から、個の容認という風の時代のテーマにも通ずることだなと思います。

そういった意味でも、自分の性格、家族の性格、他者の性格、そんなことを分析しつつ、

振り返り、確認し、気づき、認め、そして理解しながら、12星座の学びは終了しました。

また、占星術と紐付くハーブ(アロマ)や星座石との関連も学び、より五感からも12星座を感じる時間となりました。

この2日間は皆で脳を集中的に使いました。

大概、皆1日目が終わって帰って寝落ちというパターンがほとんどです☆;

参加者の皆さまお疲れ様でした!!

私もたくさん学べて嬉しいです。

お昼はうちの京子メシを美味しく皆で頂きます。

あたたかいお味噌汁が飲めるって幸せです。

次回は、Wisdom of Astrology LEVEL3基本10天体です!

私たちの意識の実体に迫ります〜♪

占星術クラス【Wisdom of Astrology】

関連記事