toggle
2019-08-22

背骨はなんでも知っている

みなさん、こんにちは!
まだまだ暑い日が続きますが、おげんきにされていますか?立秋も過ぎて、少しずつ秋の気配もしてきましたね。もう夏が終わっちゃうよー!というさみしい気持ちです。今年は夏が、かなり短かったような気がしませんか?これも気候変動の影響なのかしら?と思ってしまいますね。

さて、体感音響サウンドヒーリングのモニターセッションを受けにたくさんの方が引き続き来てくださっています。ありがとうございます!

体感音響サウンドヒーリングのモニターセッションでは、背骨に中心に施術をさせていただいています。「背骨」はすべてを表していると言われていて、野口晴哉が設立した野口整体では「背骨」を観ればその人が今どんな状況で、どんな問題をかかえているのか全部わかるといわれています。わたしも体感音響のモニターセッションをさせて頂く前に、みなさんの背骨をさわらせてもらい(胸椎と腰椎の数を数える訓練をさせてもらっています)から実際の施術に入らせてもらっていますが、みなさん一人ひとりそれぞれ胸椎の一つ一つの頸椎の骨の大きさもまったく違うし、胸椎・腰椎をはっきりと認識しやすい方とそうでない方がいて「観察」の難しさと奥深さを感じています。

もともとIHキネシオロジーというエネルギーワークに近いヒーリングから入ったのもあって、肉体へのアプローチ力がかなり弱かったのですが(お恥ずかしい。。。)、ここにきて身体的な施術の基礎を学ぶ機会を得ています。エネルギーワークでは主に見えないもの、触れないものに対して直接アプローチしていきますが、「背骨」という、見えるもの、触れるもの、いまそこで実際に起きていることを通じて、見えないもの、触れないもの、目の前の出来事の背景で起きていることを観ていくということをします。

そこには「観察」が重要になってくるのですが、鋭いと思っていた自分の指先の感覚がかなり大味だっとことがわかりました(がびーん)。。。気楽に、でも愉しみながら引き続きやっていきたいなと思っていますがそれと同時に、肉体的に見えないもの、触れないものにアプローチしていくのと、キネシなどでアプローチしていくのとはたして自分がどちらに向かおうとしているのかということも見極めたいと思っていますよ。

惑星音叉でも華佗夾脊(かだきょうせき)(背骨)に沿って音叉を当てていく施術方法がありますが、この背骨を観察する訓練をしていくなかで、洋一さんもあらためてこの華佗夾脊(かだきょうせき)に注目し直しているようです(セッション後の測定数値にかなり変化があるみたいです)。

体感音響サウンドヒーリングのなかでヒーリングタッチをさせていただいています。これも野口晴哉の愉気がベースになっていて、とっても奥が深い。この愉気するのも好きだし、「背骨」に直接アプローチできるしで、体感音響の施術かなり好きかもしれないです!先日、無料モニター募集は締め切らせていただきましたが、もしまだ受けてみたい!という方いらっしゃいましたら、ぜひこちらまでお問い合わせください!

※写真は、先日長田優香先生が主催されたメディフェアにて、体感音響の施術をさせてもらったときの様子です。


おしらせ

今週末から、いよいよWisdom of Astrology LEVEL2(黄道十二星宮)がスタートします!自分でホロスコープチャートを読めるようになりたい!という方はどうぞこのクラスからご参加くださいませ。

たくさんの方にお会いできるのをたのしみにしています!

 

お申込受付中!2019年8月24日(土)& 8月25日(日)2日間 Wisdom of Astrology LEVEL2◎黄道十二宮( 12サインの理解…)↓  ↓  ↓ 

ホロスコープの知識がなくても日常の人間関係の中で役に立つ知識、視点が得られます。太陽星座だけでも自分や家族、他者の心理・性格的側面を把握できる内容です。人間関係性の中での思い込みやトラブルを回避する術ともなります。これまでの受講者の中には、12星座(サイン)の知識が職場内での人間関係において客観的な視点を獲得できてとても役に立っている、というお声もあります。人の基本的性格を表す星座(サイン)を学んでいきます。12星座とアロマやハーブ、ストーンとの対応にも触れていきます。

占星術クラス【Wisdom of Astrology】

In light and hermoy

杉山きょうこ

関連記事