toggle
2019-06-17

【射手座満月】〜本心で生きようとするならば、超えていく壁(チャンス)が見える時〜

2019.6.17 17:31 射手座 満月

さて、射手座満月となりました!

梅雨のシーズンで天気も安定しませんが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

現在、大なり小なりのトラブルや、怒り・恨み感情の噴出を通じて、問題定義のように見えることが各自起こっているかもしれません。〔第8ハウス蟹座天体群-第2ハウス山羊座天体群〕

片や、人生の開けたビジョンに向かって、自由に希望を持って進んでいきたい方向性も見えているかもしれません。〔第1ハウス射手座天体群など〕

何か相反する現実というか、矛盾するようなことが起きている現状がある…〔第1ハウス射手座天体群-150°-第8ハウス蟹座天体群〕

もしそう感じる人がいた場合、今の状況をどう捉えるか。

ここは結構重要な局面となっているでしょう。

たとえば今現在、家族内トラブル(たけしさんもリアルタイムですね)、家族や婚姻関係内でのサバイバル感情(怒り・恨みなど)の噴出、家や住居についてのプレッシャー、遺産相続問題、婦人科系のトラブル、身内の命について、身内の傷について、組織内での苦悩、心を許していた仲間や共感していたビジネスパートナーとの不調和感….などが見え隠れしているかもしれません。〔第8ハウス蟹座天体群〕

また、ほとんどにお金の問題も関わっているでしょう。〔第8ハウス蟹座天体群-180°-第2ハウス山羊座天体群〕

こういったことが大なり小なり現れてきているかもしれません。

この問題定義のようなものは、相変わらず過去感情のやり方(いつものパターン)でやり過ごそうと思っているかもしれないですし、または、クリア(超越)しなければならない壁のようなものとして見えているかもしれません。〔第1ハウス射手座天体群-150°-第8ハウス蟹座天体群〕

面白いことに、今は本人が知ってか知らずか、自分らしく生きたいというインナーチャイルドの本心がちゃんと衝動で出てきているタイミングなのですが、それを生きようにも、過去感情(不安や恐れや心配など)で獲得してきた、これまでの生活基盤や社会基盤の安定性が、なんとも矛盾をつくり出し、大きなギャップを見せつけてくれていることでしょう。〔第1ハウス射手座天体群-150°-第8ハウス蟹座天体群〕

この後の7月に起こる蟹座と山羊座の蝕を目の前に、お金が絡んだライフスタイル&社会基盤のちょっとしたトラブル(刺激)として問題定義された現状に対して、ピンチをチャンスと思って進んでいくこともできれば、ピンチだからこれまでのやり方(安全策≒心配策)を踏襲するということにもなるでしょう。〔第1ハウス射手座天体群-150°-第8ハウス蟹座天体群/第2ハウス山羊座天体群〕

ちょっとした問題定義のようなものが、この射手座満月の時期に現れているとするならば、このピンチはチャンスと捉えるのが自然な射手座エネルギーの認識です。〔第1ハウス射手座天体群-150°-第8ハウス蟹座天体群〕

成長と進化のチャンスということです。〔第1ハウス射手座天体群〕

ここは射手座満月らしく、非常に広い視野を持って人生を見つめるタイミングとなっています。〔第1ハウス射手座天体群〕

今回のトピックは何と言っても矛盾の同居です。〔第1ハウス射手座天体群-150°-第8ハウス蟹座天体群〕

その矛盾の同居から、訓練によって新しい力を身につけることになります。〔第1ハウス射手座天体群-150°-第8ハウス蟹座天体群〕

自分のハートに従って挑戦したいこと、自分のハートに従って自由になること、そこに安心と安定の生活の基盤はまだない…

しかし、その矛盾を同居させつつ、〝進み続けること〟

好奇心のままに自分らしい人生に挑戦することと、安心した生活とが調和するまで、〝理想を求め続けること〟

そこに努力と訓練が必要である、と教えてくれています。

射手座のシンボルとなっているケンタウロスも肉体が半人半馬(かなり矛盾していますよね)ですし、この矛盾の同居の過程を、しっかりと大きな視野を持って、経験しながら学べ!と言っているかのような今回のチャートとなっています。〔第1ハウス射手座天体群-150°-第8ハウス蟹座天体群〕

理想の現実を創り出すためには、今はしっかりと挑戦しながら生活や身内との矛盾と向き合い、その矛盾を未来で達成する平和と調和と安定に向かって、ちゃんと努力して調律し始めていく時期だということです。〔第1ハウス射手座天体群-150°-第8ハウス蟹座天体群〕

自分らしく生きようとする人生と、生活基盤や身内、ハートの問題に対しては、自分の努力で訓練するか、または他者の手によって教育や世話をされるかで、摩擦しながら成長へと磨かれていきます。〔第1ハウス射手座天体群-150°-第8ハウス蟹座天体群〕

他者の手によって教育されると言っても、この過程を教育してくれるメンターはそう多くはないでしょう。なぜなら新しい地球時代の生き方にフィットしていくための矛盾を調律調整していくからです。〔第6ハウス牡牛座セドナ〕

これからの地球時代を心理的にも社会的にも癒された自己、救われた自己でリアルに生きようとするならば、救われる努力(喜びで生きる努力)を自分自身の人生に徹底的に取り組んでいる人を見つけて、その人にアドバイスをもらったほうがよさそうです。〔第1ハウス射手座天体群〕

星的には木星意識、セドナ意識の持ち方が大事です。

射手座はスピリチュアル分野と言ってもよいのですが、たとえばこれまでのようにパワーを見せつけてくれる教祖様に救いを頼っても難しいかもしれません。すべてのシステムの古さを如実に感じる時代となりました。〔第1ハウス射手座逆行木星-90°-第3ハウス魚座海王星〕

現在、ちょっとしたトラブル(問題定義)を通じて「このままではではいけない」という衝動がわいてきているかもしれません。〔第1ハウス射手座天体群-150°-第8ハウス蟹座天体群〕

今の時期は、過去(魂レベル)のサバイバル感情が基になっていた現実創造のパターンを変えていく時です。〔第8ハウス蟹座天体群-180°-第2ハウス山羊座天体群〕

その過去のパターンで現実化されたライフスタイルやシステムは、これからの時代には、もっと自分自身の本心(インナーチャイルド)や社会生活の満足度をも苦しめていくばかりでしょう。〔第8ハウス蟹座天体群-180°-第2ハウス山羊座天体群〕

仕事のパターン、生活のパターン、人生のパターン、この資本主義経済で築き上げられてきた人の幸せの価値感、安心・安全の人生設計の価値観、その古くなってしまった常識と言われる価値観を改革していくことは、もうどこの分野でも問われ始めてきました。〔第2ハウス山羊座天体群〕

少し現実的な話をしますが、先日、百寿社会の創造シンポジウムというところで、貴重なメンバーの講演を聞いてきました。

「中年期〜高年期の人はギリギリ逃げ切れるでしょう」と、内閣府の人生100年時代構想会議 有識者議員の若手ホープ、22歳現役大学生社長の三上洋一郎氏は言っていました。

なので、この星読みのブログで書かれている生き方も、特に高年期〜高年期に近い上の世代の人は、あまり気にして生かして行こうとすることも必要ないかと思います。

心の幸福を求めて、死ぬまでにやれることをやるというのは十分に求めていく価値はあることだとは思いますが、高年期〜高年期に近い上の世代の人は、たとえ心は救われなくても、これまでの社会システムが守り、生活や老後は逃げ切れると踏んでよいかと思います。

ただし、逃げ切れると言っても、「46歳ぐらいの年齢層の人がギリギリだろう」と三上氏は言っていました。

この辺りはAstrology的に言えば、生きる本質を表す冥王星の世代間ギャップがもろに影響してくるのですが、1958年~1971年生まれの冥王星乙女座世代、1971年〜1984年生まれの冥王星天秤座世代の間に、大きく異なる本能的な生き方の価値観の違いのギャップがあります。

Astrology的に考察すれば、1971年生まれの今年48歳ラインあたりが、これまでの社会システムで逃げ切れる生き方と、まったく違う価値観で創造的な人生を始めていく生き方の、ちょうど狭間のラインにあるとかなと思っています。(あくまでも目安ですよ)

ちなみに、セドナの意識(冥王星よりも遠い)をアクティベートするならば、この冥王星の世代間ギャップは関係なくなるので、何歳でも人生を劇的に転換させていくことは可能だと思います。

セドナの意識というのは、地球環境、生命との共生、慈悲、決断力、自己の本道、非二元性、超創造、量子的飛躍….わかりやすく言えば、ナウシカみたいな意識創造です。

あと、1963年〜1969年あたりの世代は、乙女座で天王星と冥王星のコンジャンクションを持つ、通称「壊し屋世代」です。

この世代は上の世代の生き方を踏襲しつつも、批判されるという最大の恐怖を超えて、労働環境や公衆衛生の刷新を行えるかが最大のテーマとなっている世代ですが、この世代はこれまでのシステムで逃げ切れる世代ではあるものの、何か未来のためにやっちゃえる素質を持ったキーマンたちが揃っている世代なので、この世代も幸福創造の世代へ橋渡す役割として大きなポイントとなるかと思います。

一つの指針として言うならば、1971年前後の生まれを基準にして、そのあたりの年齢以下の人たちは、これまでの社会システムや生活インフラに依存することではなく、そこに頼り切っていたものをどーんと覆す人生設計を立てたほうがよいかもしれないですね。

何せ、創造の時代ですからね。

乙女座 – 魚座ラインの価値観から、獅子座 – 水瓶座ラインへの価値観の転換です。

簡単に言えば、本心の感情を取り戻していて、心が幸福になって、生活的にも豊かになる生き方の実現です。

あと、たとえ逃げ切れる上の世代の人たちであっても、「若い世代に投資して欲しい..」と三上氏は言っていました。

確かに、若い世代には社会をよりよくするアイデアがあっても、基盤となる大きなシステムを持っていなかったりするので、未来をかたちづくる可能性にあふれた若手のアイデアがなかなか世には出て来づらいということがいえますよね。

全世代で、心の豊かさや幸福のあり方を意識的に創造する気になって、未来のためにそれぞれの役割をこなしていけたら、すぐにでも日本は変わるのでしょうが。

ただそれも世代交代サイクルの時間の問題なので、自然とシフトは行われるものです。

地球レベルでは新しい時代の意識がじわじわじわじわと色濃くなってきており、刻一刻と移り変わっていっています。

特に、2020年12月のグレートコンジャンクションは、これまでの時代の価値観の転換となる節目となるかと思います。

まずはそれまでどんどんどんどん過去からのシステム、過去からの人生設計がドン詰まるかと思いますが、これまでの常識という呪縛の苦しみをどうやって転換していくか。

水瓶座での木星と土星のグレートコンジャンクションによる、初期的な社会的ヒエラルキーのカオス(希望的観測)は、私たちの世代や若い世代には最高の恵みでありチャンスですから、今からワクワクが止まらないのです。

特に、30代以下などの若い世代は、今、日の目を見なくても、上の世代の価値観に迎合せずとも、決して諦めずに自分のやりたいことをしっかりとやって、地球社会レベルに貢献できる信念とモットーの自分軸を確立して、その技術ないし実力をしっかりと高めておいてください。

冥王星蠍座世代(1984年〜1995年前後)こそが、すべてを根こそぎひっくり返していく世代なので、この世代が社会で活躍するときが、社会レベルでも大きなシフトが起こってくるでしょう。

いまは過去感情が起因となっている、目に見えている現実現象に何も悲観する必要はありません。

満たされている癒されているという感情パターンの方向へ、人生創造のシフトが起こり始めているということです。〔第6ハウス牡牛座セドナ〕

もしここで起きているトラブルのようなものは、ウェイクアップコール。チャンスと捉えてみてください。

過渡期とは、矛盾期とも言えます。

変化が起こっているというのは、矛盾が孕むのは当然ですよね。

もうその古い古いサバイバル感情を、今の自分として生きる必要はないということです。〔第6ハウス牡牛座セドナ〕

整理整頓と創造を同時に行いましょう。第6ハウス牡牛座セドナ〕

魂レベルの再生による成長と飛躍、拡大と発展の芽をしっかりと育てていくためにも、独自の物質生活、独自の経済活動にしっかりと傾倒し、専心し、その土壌に足をしっかりとつけ歩んでください。その勇気と強い意志が訓練されるでしょう。第12ハウス射手座逆行セレス-150°-第5ハウス牡牛座天王星&ベスタ〕

妬みなどを芸風にしている山ちゃんが蒼井優さんと結婚するほどの衝撃のように、

恐れ、不安、心配、憂鬱、怒り、恨み、悲しみ、後悔、罪悪感、自己否定、喜びやワクワクがない、ジャッジメントのようなサバイバル感情状態から、誰でも山ちゃんのように、クォンタムリープできる時代となったのです。

宇宙はちゃんとわかりやすくメッセージをくれていますよ。

無限なる成長☆

◎このタイミングの設置とヒーリングは?

ethical cosmic では、惑星音叉によるサウンドヒーリングを行っています。

ホロスコープと惑星音叉によるヒーリングセッションは、多次元(身体・心・魂)の変容をサポートし、ディスティニーの人生をクリエイトするための最高のツールとなります。

◉Jupiter 音叉(木星 音叉)

  • 挑戦と冒険のクリエイト
  • 自分を信じる力と人生を好転させるエネルギー
  • 成長のサポート

今回の射手座満月は東の地平線付近で木星と重なる満月です。この満月は月が低く昇るため、天気が良ければ地球の大気の影響で赤っぽく見えるストロベリームーンとなるでしょう。この満月と重なり強く共鳴しているのが射手座の木星です。現在木星は逆行中で、内なる成長を止めてはいけないと伝えてくれています。この内なる成長も8/11まで。ここまでしっかりと振り返った分だけ、そこからまた外へ大きく拡大していくパワーを木星は得ます。内なる気づき、矛盾を捉える広い視野、学びと経験、知恵…しっかりと振り返って、気づいて、他者への迎合でなく自分を信じる力を手に入れてください。

◉Ceres 音叉(セレス 音叉)

  • 土壌を耕し芽を育む成長のサイクル
  • マザーアース
  • 家族、子供、女性性、先祖とのつながり

この射手座満月のタイミングで上昇星となる星はセレスです。成長と共に変容を担うセレスは家庭内、身内内のサポートにも働きます。蟹座の火星がもたらしているちょっとしたトラブルを整えるのにも役立つでしょう。いま父性的な愛、母性的な愛のエネルギーが射手座に集中しています。宇宙は成長を最大限に愛し、保護し滋養し育てています。この優しい母なる力は、生きる強さを同時に教えてくれるのです。

現在、惑星音叉/フィボナッチセッションの、ツインセッションまたはシングルセッションにおいて、モニター価格でも承っております。詳細はご連絡ください。

※惑星音叉セッションは治療行為ではありません。反応には個人差があります。また作用を確約するものではございません。各々の心身魂の状態により、これらのツールの受け入れが可能でないこともあります。

医療現場で積み重ねた惑星音叉の臨床実績からなる本物の価値を提供いたします。

星々を味方につけて、星々と共に人生を歩まれる方の、すべての可能性のために。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

お申込受付中!2019年6月22日(土)【2019夏至チャート解説☆〈6月22日Zoomオンライン講座〉】↓  ↓  ↓ 

陽の極み、間もなく夏至です!2019年6月22日 0時54分に夏至となります。夏至の節目で春分から始まった流れを内部から成長させ、膨らませる時期となります。秋分の収穫に向けて、発展のための〝次なる選択と決断〟というタイミングとなります。
夏至は物事を次なるステップへと導いていく時期です。夏至は太陽が蟹座に入宮する日、太陽の力が最も強まり、陽の氣が極まる時です。 ホロスコープの夏至チャートは、秋分までを支配する天空のカレンダー(天の計画表)となり、夏至から3ヶ月間の私たちの羅針盤となります。この夏至チャートによって小宇宙である私たちの方向性も示されることになります。2019年の夏至チャートは、はたしてどんなことになっているのでしょうか!?夏至チャートをもとに、秋分までの計画、指針を立ててみましょう !!

イベント出展情報!2019年7月13日(土)・7月14日(日)2日間 GREEN EARTH メディフェア2019にサウンドヒーリングブース出展します↓  ↓  ↓  

GREENEARTHメディフェア2019 ―5年後の医療で迷わないためにin Japan―
2019年7月13日(土)・14日(日)は、東京 大手町にて『GREENEARTHメディフェア2019』にサウンドヒーリングブース出展します♪
サウンドヒーリング体験してみたい!!体験してみたかった!!という方にオススメな内容となっておりますので、是非この機会に東京 大手町にお越しください☆

お申込受付中!2019年8月4日(日)Wisdom of Astrology LEVEL1◎占星術概論(占星術とは何か?…)↓  ↓  ↓  

占星術とは何か?ただの雑誌やTVの占いなのか?あのランク付けされる意味がわからない!嫌いって思ってるんだけど…でもなんとなく魅かれるし気になるんだけど…などなど。まず占星術というものを知り、ホロスコープってどういうもので、何がわかるの?を理解していきます。そして、地球のサイクルを理解し、さらに魚座の時代、水瓶座の時代という大きな時代サイクルを、天文学的に占星術的に理解していきます。ちょっと習ってみたいんだけど、まったく初めてです。などなど、占星術のいろは、入り口をご案内するエントリークラスです。ご興味のある方はどなたでも受講できます。

お申込受付中!2019年8月24日(土)& 8月25日(日)2日間 Wisdom of Astrology LEVEL2◎黄道十二宮( 12サインの理解…)↓  ↓  ↓ 

ホロスコープの知識がなくても日常の人間関係の中で役に立つ知識、視点が得られます。太陽星座だけでも自分や家族、他者の心理・性格的側面を把握できる内容で、人間関係性の中での思い込みやトラブルを回避する術ともなります。これまでの受講者の中には、12星座(サイン)の知識だけでも、企業内での人間関係において客観な視点を獲得でき、非常に役に立っているというお声もあります。人の基本的性格を表す星座(サイン)を学んでいきます。

関連記事