toggle
2019-06-02

【双子座新月】〜独自の豊かさへとつながる、創造的可能性の拡大〜

2019.6.3 19:02 双子座 新月

6月になりましたね!

そして、軽快なシーズンである双子座太陽の時期となっております。

皆様も軽快さ増していますか?

すでに5月21日から太陽も水星も双子座に入っていますので、何やら移動やら学習分野やら情報収集やら、言葉のやり取りやら、小旅行やら、手仕事やら…せわしなくせかせかと動いているということが増えているかもしれません。

私に限っては双子座の月なので、がっつりこのモードに乗っけられているのですが、この期間やたらと移動しまくっていて、マイカー乗って在来線乗って新幹線乗ってバス乗ってタクシー乗って走って走って会話して情報収集して…みたいな1日もあり、ほとんど移動してる時間がメインじゃないか!? みたいな日々をも送っています。

ちなみに、現在双子座の水星がアウト・オブ・バウンズ中(天体が赤緯・北緯の23.26度を超える位置にある状態)なので、双子座水星=移動・交通・コミュニケーションがより盛んになるともいえるでしょう。

5月28日〜6月17日まで水星がアウト・オブ・バウンズしています。

また、アウト・オブ・バウンズ中の天体は、その天体の作用が突飛になる時ともいわれますので、つい昨日の出来事である横浜の新交通システム シーサイドラインの逆走とか、水星逆行でもないのにこんなことが起きてくるのでしょうね。(死者が出なくてよかったです。

ただの水星逆行現象であれば、電車の遅れとかまだカワイイものなのですが、今回の双子座水星アウト・オブ・バウンズによる事象は、交通とか移動の分野ではかなり突飛な現象を見せてくれていますね。双子座は水星の本来の居場所ですから尚更かもしれません。

 この期間、会話・学習・情報・移動・手を使う技術などといったことが、よくもわるくもヤンチャになることを踏まえて、それらを意識しつつ、逆に上手くそれらを選択&活用していけるとよいですね。

6月5日からは蟹座水星でアウト・オブ・バウンズなので、ハートコミュニケーション、集団性の中でのコミュニケーション、本心から動く移動という感じでしょうか。

実は現在、蟹座の火星もアウト・オブ・バウンズ中でして、この火星は4月22日〜6月12日まで(5月16日〜蟹座IN)突飛な火星です。

5月上旬頃、交通事故のニュースが多かったですよね。

5月前半は双子座火星だったので、双子座=交通、火星=事故・トラブルとも関係しますから、双子火星の突飛な現象がよく現れていました。

さらに5月16日に蟹座に火星が入ってからも、蟹座火星のアウト・オブ・バウンズであり、その期間中に川崎でスクールバス児童殺傷事件も起きました。

事件が起きた5月28日はちょうど双子座水星がアウト・オブ・バウンズとなるタミングでしたので、水星と火星、両方の天体が突飛になるというタイミングでした。

  • 双子座水星:双子座水星=移動交通&交通手段=登校・スクールバス/双子座水星=子供=〔義務教育〕の小学生
  • 蟹座火星:蟹座=養育中の児童集団=小学生集団/蟹座火星=児童集団自動車=スクールバス/火星=怒り・攻撃心/火星=刃物=包丁/蟹座火星=溜め込まれた感情ストレス/蟹座火星=児童集団に向けられてしまった溜め込まれた感情ストレスの攻撃性

この2つの天体のアウト・オブ・バウンズ中に残念な事件が起きてしまったわけですが、これを皆様どう捉えましたでしょうか?また、どう感情が動きましたでしょうか?

5月16日から蟹座に火星が入り、アウト・オブ・バウンズで感情ストレスの炙り出しを煽り始める 

5月19日 蠍座満月で深海10,000mぐらいに沈められた、伏せられた内なる感情の浄化がスタートする(陰〔水〕の象徴、屋久島では50年に一度の大雨) 

5月21日 双子座に入った太陽と水星は、外への表現!という実行機動力を高めて行動計画に出て行く 

5月27日 魚座下弦の月、犠牲による浄化 

5月28日 双子座水星アウト・オブ・バウンズとなる日、川崎スクールバス児童殺傷事件が起こる

事件の前日の魚座下弦の月は今年最小の下弦の月でした。これは犠牲を最大限に少なくした浄化という意味に取れます。

あんな残酷な事件が起きているのに…と思うかもしれませんが、犠牲は最小で済ましますのでお許しください、この浄化は今の日本人にとっては必要ですのでという宇宙の意図を私には感じます。

このスクールバス児童殺傷事件は何のための象徴だったのでしょうか?

犯人は自殺したため、誰もそのやり場のない怒りは特定の外へはぶつけられない状況です。

犯人が生きて報われようものなら責めてやりたいが、結局、誰も報われていない。だから誰を責めようにも責められない。全員が犠牲者。というオチ。

内あるがごとく外ありき…

私たちの集合意識に溜め込まれた各々の封印された感情ストレスは、このチャイルド(児童)を傷つける事件のように、インナーチャイルド(私たち全員にある蟹座意識)を傷つけ続け、そして自分自身(自尊心)をも傷つけ続けていたことでしょう。

この事件は、誰も報われない生き方(私たちの魚座の時代の生き甲斐)の象徴であるようにみえました。

言い方を変えると、みんなが犠牲者であろう!という善意識の象徴です。

(これは本当に根深いんです…顕在意識ではそんなこと1ミリも思っていないかもしれませんが)

おかしな事件が近年多いと思いますが、現在のタイムラインの私たちの集合意識が見せてくれたこの事件は、もう自分たちの心(蟹座=ハートのチャイルドのスペース)を傷つけることでは何も生まないということを理解しなければならないと思います。

私たちは、本当の本心の感情を見ずに、もう自分が何を思っているかもわからずに、善人を全うできている、善人でありたいと思い込んできたかもしれませんが、それは、結果的に感情を封印することこそが善人でいられる、ちゃんと統制された人でいられるという、これまでの大人像のあり方でした。(それはこれまでの私たち全員の中にある山羊座意識です)

これは意識的にも無意識的にもです。もちろん良かれと思って皆そう生きてきました。

普通の人として生きれている、私はちゃんとした大人よ!私はちゃんとした大人になるんだ!と頑張ってきたかもしれません。

ただし、感情のスルー&棚上げがオートマチックになり、それが自己分離を大きく広げ、感情とアイデンティティーが合致しないということの事実をひたすらもたらし続けることになりました。

それが、虚無感、悲しみ、罪悪感、後悔、犠牲者意識、自尊心の欠如などを永遠につのらすだけであるということに、目を覚まして気づかなければなりません。

これらの感情が強まれば、自分が生きている意味を見出さなくなります。

生きる屍です。極まった状態の最終的には自殺です。

トータル的なこれらの意識〜感情の経緯は、この魚座の時代を象徴するキリスト、マリアさま意識を、一視点で体現している状態です。

「私たちは、犠牲者である…」

ということです。

戦争も支配構造も豊かさや満足感も…すべて何かから誰かからの犠牲であると。

これはおよそ2,000年間ほど持ち続ける、魚座の時代の個々の信念体系です。

じゃあここで、アクエリアスです、「もう犠牲者をやめる決意が持てますか?」と問いた時に、まだほとんどの人はそれを決断する覚悟が持てていません。

ただ現在は、およそ2,000年レベルの信念体系である犠牲者意識を手放す過渡中の過渡といえるかもしれません。レイワにもなってしまいましたし、。

犠牲者をやめてしまったら、罪人になってしまう…

犠牲者をやめてしまったら、私には何もなくなる….

犠牲者をやめてしまったら(自分が光り輝き始めたら)、周りからバッシングや批判を食らう….

犠牲者をやめてしまったら、自分のところから誰もいなくなってしまう….

犠牲者をやめてしまったら、他者への文句や批判の当て付けができなくなる….

犠牲者をやめてしまったら、責任転嫁ができなくなる….

犠牲者をやめてしまったら、他者への依存や崇拝ができなくなる….

犠牲者をやめてしまったら、自己防衛ができなくなる….

実は、犠牲者をやめる=自己創造の道に入るということは、ものすごい恐怖が伴うことです。上記を超越していきますから。

これまでの私たちの善の価値観は、犠牲(自分の感情を傷付けていること)によって成り立っているということです。

でも、もうそろそろ犠牲では自他も誰も救われないことに気づき、結果的に善を思ってやっていた行為(犠牲)が、偽善になってしまったとしたら、どうなりますか???

アクエリアス(水瓶座の時代)の価値観の転換というのは、これぐらいのレベルでやってきています。

これまでは、犠牲が最大の生き甲斐と安心と称賛でしたが、地球がそのこれまでの善行を、善行として選択しなくなってきたらどうしますか?

もう個々は光り輝いていいし、ありのままの自分自身を全うに肯定していいし、世間から当てつけられる偽善を装うこともしなくてよいのかもしれない….私は私らしく、本当の感情を生きていいのかもしれない…と思っている方もいるでしょう。

本当にそれを実行レベルで積み上げることができますか?

悲しく、救われず、犠牲者であったという人生で死んでいく美学と、

自分が光って、創造的な喜びに入り、他者も光って、お互い光って、一人ひとりが自己肯定感と自尊心を持って、自他を肯定して尊重して満足して死んでいく人生の美学と、。(これは自分の創造性を徹底して生きないと難しいです)

私たちはまだ、魚座の時代の〝悲しさ〟に親しみを感じています。

でも、救われ〝た〟自己、癒され〝た〟自己をもう築いてよいという時代になってしまったのです。

魂もビビるほどの未知との遭遇なのです。

え!?癒された私になっていいの??救われた私になっていいの??となっちゃうのです。

本当に自分が光っていく人生を送りたいのならば、創造的な意識を常に持ち続ける必要があります。

そして、過去〜現在の一切を受容し、感謝し、赦す必要があります。これはキリスト、マリアさまの愛の体現です。

この意識の進化が、創造の道に入る鍵となるでしょう。

慈愛をもってゆるす決断。(赦し)

自分のそのものの道に入る決断。(創造)

結果的に癒された自己。(再誕生)

これはすべて超伝導体 Sedna(セドナ)で体現します。

犠牲者であるという、その感情は溜め込んでいる以上、晴れることはありません。そのやり場のない思いは、集合意識となり、誰かが何かがいつか犠牲になるしかありません。悲しいかな今の地球次元ではまだそうだということです。それだけ悲しみを抱え込みすぎているということです。

犠牲もSednaの一側面です。

その悲しみを癒しきれるか。今の肉体が死ぬまでに間に合うかどうかは現在の自分が持ち続ける意図次第でしょう。

またこれは、自分を真に信じる力についてやらなければいけないので、それはまた大層な苦労もんです。

ただ、未来の地球を担うために生まれてきている子供たちは、もうすでに新人類です。その子供たちが喜び合える世の中の土台を築いていく役割が、今の大人たちにはあると思います。

悲しみと犠牲の中で一生を終えるのも一つの幸せなのですが、皆がクリエイティブに光る未来のワクワクのために、自分が関われる、自分の力を使えると思った方が、命を生きようと思える力がまだわいてくるかと思います。

私たちは、新しい選択を始めていくことが、今もたらされているのです。

さて、長々と前座をお送りしましたが、ここからが新月読みとなります。

今回の双子座新月は、労働環境を劇的に拡大させるようなタイミングとなるでしょう。(第6ハウス双子座新月)

それこそ犠牲のヒエラルキーを超えた、新たにフェアな創造的関係性によるキャリアが、この労働環境の劇的な拡大を促進します。(第10ハウス パラスアテナ-120°-第6ハウス双子座新月)

またこれは、各々の精神的なレベルで探求していくことでもあります。(第3ハウス海王星-90°-第6ハウス双子座新月)

この展開には、過去の潜在感情の変容による成長と進化がセットです。(第12ハウス 逆行セレス-180°-第6ハウス双子座新月)

精神的、物質的限界への挑戦を育てることで、今後の自分の仕事における能力を限界まで押し広げていくことになるでしょう。(第1ハウス射手座逆行木星-180°-第6ハウス双子座新月/第12ハウス 逆行セレス-180°-第6ハウス双子座新月)

関係性には、本心のハートの安心感と共感の信頼関係を重要視してください。理想のビジョンを会話できることが、関係性と金銭のより良き流れをサポートします。(第7・8ハウス蟹座ジュノー・ノースノード・火星-180°-第1・2ハウス山羊座土星・サウスノード・冥王星-調停で第3ハウス魚座海王星)

本心のハートにイニシアチブを持ち、そのハートからの安心と信頼でつながる関係性による共同的な豊かさを、あなたの本質的な資質、才能を活かした労働がサポートするでしょう。(第7・8ハウス蟹座ジュノー・ノースノード・火星-180°-第1・2ハウス山羊座土星・サウスノード・冥王星-調停で第6ハウス牡牛座金星)

遺伝的資質と才能を活かした独自の豊かさをクリエイトする時です。(第5ハウス牡牛座天王星)

自分独自のモラルを持って、未知への挑戦を始め、社会的にも成長拡大させるタイミングです。またそれをしっかりと世間へ伝えていきましょう。(第1ハウス射手座逆行木星-180°-第7ハウス双子座水星)

自分自身を育てることや女性的感性から創造される知性を使うこと、自己イメージ、そして自分の本当の感情にイニシアチブを持つことに苦手意識を感じますが、内なる感情に炎を灯し、自分自身であることのアイデンティティーに情熱を持って何事にも取り組むことができれば、自我の目覚めによる癒され〝た〟自己によるパラダイムシフトの生命力が始まっていくでしょう。(第4ハウス牡羊座キロン-120°-第12ハウス射手座逆行セレス/第4ハウス牡羊座キロン-180°-第10ハウス天秤座パラスアテナ)

独自の豊かさへとつながる、創造的可能性の拡大の新月となります。

◎このタイミングの設置とヒーリングは?

ethical cosmic では、惑星音叉によるサウンドヒーリングを行っています。

ホロスコープと惑星音叉によるヒーリングセッションは、多次元(身体・心・魂)の変容をサポートし、ディスティニーの人生をクリエイトするための最高のツールとなります。

◉Jupiter 音叉(木星 音叉)

  • 挑戦と冒険のクリエイト
  • 自分を信じる力と人生を好転させるエネルギー
  • 成長のサポート

アセンダントに射手座逆行木星です。同じく射手座には逆行セレスもいます。そしてその向かいに双子座新月。このタイミングからも精神的、物質的限界への挑戦を促されていきます。独自のモラルをしっかりと確認し、それを信じて社会的発展性へとつなげましょう。12年に1年間しかない射手座木星期です。惜しまず挑戦しましょう。

◉Mercury 音叉(水星 音叉)

  • コミュニケーション
  • 機動力
  • 選択の自由を広げる

双子座は水星と関連するサインですが、このタイミングでは水星自身も双子座にいます。アウト・オブ・バウンズの水星は6/5〜蟹座に移りますが、移動・情報収集・コミュニケーション・学習・手を使う技術など、それらに機動力を発揮していくタイミングです。この双子座水星は射手座木星と連携しているため、自分独自のモラルに則って機動力を発揮させていくことが大切です。このタイミングで喉のチャクラの活性もよいでしょう。

現在、惑星音叉/フィボナッチセッションの、ツインセッションまたはシングルセッションにおいて、モニター価格でも承っております。詳細はご連絡ください。

※惑星音叉セッションは治療行為ではありません。反応には個人差があります。また作用を確約するものではございません。各々の心身魂の状態により、これらのツールの受け入れが可能でないこともあります。

医療現場で積み重ねた惑星音叉の臨床実績からなる本物の価値を提供いたします。

星々を味方につけて、星々と共に人生を歩まれる方の、すべての可能性のために。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

お申込受付中!2019年6月22日(土)【2019夏至チャート解説☆〈6月22日Zoomオンライン講座〉】

↓  ↓  ↓  ↓    

【2019夏至チャート解説☆〈6月22日Zoomオンライン講座〉】のご案内

イベント出展情報!2019年7月13日(土)・7月14日(日)2日間 GREEN EARTH メディフェア2019にサウンドヒーリングブース出展します

↓  ↓  ↓  ↓  

【イベント出展情報 7/13・7/14】GREENEARTHメディフェア2019 ―5年後の医療で迷わないためにin Japan―

お申込受付中!2019年8月4日(日)Wisdom of Astrology LEVEL1◎占星術概論(占星術とは何か?…)

お申込受付中!2019年8月24日(土)& 8月25日(日)2日間 Wisdom of Astrology LEVEL2◎黄道十二宮( 12サインの理解…)

↓  ↓  ↓  ↓  

【Wisdom of Astrology】

関連記事