toggle
2019-04-23

【4.25〜冥王星逆行/4.30〜土星逆行】〜変化・変容のリアルブースト〜

山羊座冥王星&土星の逆行の始まり

はい!どうもです。

最近はNGT48の件やら、アーティストの泥酔による事件やら、不可解な交通事故のニュースなどが耳に入ってきますね。

単純に、モラルを欠いた行動、モラルを疑わざるをえない動き、、射手座木星逆行らしい現象があちらこちらで事象化しているように感じます。

8月11日まで、たぶん皆さんの周りでも、それ道徳的におかしくない?おいおい、ちょっとそれは人道的におかしいでしょ?ということが明るみに出てくる期間ですので、しっかりと人や企業を見つめておいてくださいね。

ここで、世間でも身のまわりでも〝火〟のない実態の粗がボロボロ出てくる(ごまかしているようでごまかせていない)ので、けっこう見ものです。

シンプルに、今後の真の発展性と成長のために、そのための自分を信頼するために、誰を信頼していくか。

今まで気にしていなかったものが、「えっ…この人….信頼できない….」ということになってくるかと思いますので、各自、そこにゼウス(木星)の審判を心で下してください。

特に、そこをうやむやでやり過ごしたい人や、そんなのいいいいっていけちゃう人はそれでも問題ないのですが、この期間は、自分の本来の光のアイデンティティーが、本心が、あれれれれ!? と思う可能性大なので、そこに目をそらさず見つめてみると、今まで気づいていなかった何か新しい自分に気がつくかもしれないです。

さあさあ、運命!? の5月が始まりますね。

5月は、新元号【令和】の正真正銘の始まり。新天皇即位。

それを知ってか知らずか、4月25日〜冥王星、4月30日〜土星が山羊座で逆行を開始します。

冥王星は10月3日まで、土星は9月18日までの、およそ5ヶ月前後の逆行期間です。

天体の逆行は、その星々の衝動が強まる期間ともなります。

あとはやっぱり、過去をさらいます。

過去をさらって、〝今、この時バージョン〟にアップデートします。

その天体のテーマについて、変化・変容のエネルギーが強くなるともいえます。

今回の山羊座冥王星&土星は、サウスノード(ドラゴンテイル)ともばっちりコンジャンクションしていますので、かなり魂レベルで過去をさらうでしょう。

そういう意味でもこの5月からは、時代とともに、個人レベルでも大なり小なり〝運命の時〟が発動していくことになるかと思います。

言わずもがななのですが、

  • 山羊座冥王星逆行=キャリアの根本的な変容を強化。破壊と再生を強化。
  • 山羊座土星逆行=キャリアの基盤・構造の基礎工事を強化。社会の基盤の再構築を強化。

それぞれのテーマでパワーが強まる感じですかね。

ただのキャリア・シフトというよりか、基本的には天職へのシフトチェンジといった方がわかりやすいかもしれません。

エネルギー的にはそれほどのものです。

冥王星、土星ともに山羊座20度以降で起こる逆行ですので、このエネルギー、人によっては社会でかなり充実していたものをさらう勢いかなと。

また人によっては、かなり重厚なブースト加速があるかもしれません。

ここまでどういう意識と意図で生きてきたかで、その道はそれぞれです。山羊座は結果でもありますしね。

とにかくそれだけパワフルな山羊座冥王星&土星逆行期間です。

たぶん、自分の本来の社会的な道にあんまり沿っていない人は、このエネルギーに当たることのそれ相応のあれこれはあるかもしれません。

自分の道を貫いているという人の辛さもありますが、それはまた別の辛さです。

富士に苦の花咲かせるつさらは喜びですからね。

ここが、魂を生きる=お花畑スピリチュアルになってしまうと、スピリチュアルは気持ち良くなければおかしい…なぜ…苦しむのか…となるのです。

苦(九)の別(区別)がわからない。

山羊座冥王星逆行時は第10ハウスにあり、さらに月まで10ハウスに加担して、「職業・キャリアの変革」という衝動と感受性を強めます。

これまでの仕事の概念、やり方、スタイルを根本的に変えるほどです。

山羊座土星逆行時は第6ハウスにあり、さらに射手座逆行木星まで6ハウスに加担して、「労働環境・労働スタイルの基盤再構築」という衝動を強めます。

ここでアクエリアス時代の仕事のスタイルの土台を作っていくようなタイミングです。

この2アクションを経て、4月30日の平成最後の大晦日に、ボス(冥王星)とソーシャル天体(土星・木星)の逆行が揃い踏みです。

そして5月1日に令和へとシフトを遂げ、社会…社会…社会……そして個人の社会性…社会性…社会性……のアップデートエネルギーを強めていくのです。

私はやっぱりこのタイミングから、人 先行型よりも、時代(社会)先行型の進化が目立っていくような感じがしています。

時代が人を置いていく感じ。

いま現在、太陽は牡牛座に入り、4月30日の平成大晦日を超えて、5月の牡牛座シーズンが始まります。

この5月は牡牛座新月もあり、牡牛座天王星のエネルギーも強く活性化されていきます。

まず変わらないであろうというものが変わる、まず変わらないというものを変える、というエネルギーが顕在化させられるタイミングです。

世間でも、6月の株主総会以降から動きが出てきそうですし、それに共鳴するかのごとく、おそらく個人レベルでも、6月、7月以降に動きがリアルに出てきそうな気配がありそうです。

7月には各自の生活基盤や社会基盤を表す蟹座・山羊座で「蝕」が起こりますので、やはり7月あたりは一つのエネルギーピークがありそうですね。

7月は蟹座に戻っていく水星逆行もありますしね。

夏の終わりの8月30日の乙女座スーパームーン新月あたりには、日常や労働環境における大きな変化の動きを感じるかもしれません。

まったく新しい日常へのシフトは、そのあたりが一つの節目となるでしょう。

とにかく、新しい時代【令和】、その時代の未来を育む、進化創造のパワーを生むスタートの5月がやってきます。

ただ、素直にワクワクすることを、自分を生きることの自己を創造する時代の始まりがやってきます。

私たち自身の〝火〟の丸(日の丸)の生き方がスタートします。

〝火〟の丸(日の丸)同士の共鳴と真の調和がスタートしていきます。

犠牲ではない、〝火〟の丸(日の丸)同士のつながりからの、真の希望と平和の黄金時代がスタートしていきます。

梅干し弁当には、梅干しがないと成立しません。

赤い炎の丸玉(魂)を、四角い白飯の真中に据えないといけませんね。

この5月にたくさんはためくであろう日本国旗は、真のアイデンティティーの目覚めを象徴するようでしょう。

各自のファイヤーが点火される時ですね。

〝自分自身の政権交代です〟

というリアル変容の山羊座冥王星&土星の逆行期間が始まっていきます。

関連記事