toggle
2019-04-19

【天秤座満月】〜程よい人生に満足する生き方 or 自分らしい生き方 〜


2019.4.19 20:12 天秤座 満月

はい、今年2回目の天秤座満月となりました。

先に、日本時間の4月16日未明に起きた、ノートルダム大聖堂火災についてですが、1000年近い歴史を持つ建造物が崩壊しましたね。

世界的にも有名で、ユネスコの世界遺産にも登録された、ローマ・カトリック教会の歴史的大建造物でした。

修復に10年以上かかるとの見方もあるそうですが、これは、ただ建て直せばよい、ということで済むお話しなのでしょうか。

このノートルダム大聖堂、まさに信念やモットーを大事にされ、長いこと維持されてきた古い建造物=「牡牛座」となりますが、それが天王星牡牛座時代の天王星の洗礼を受けました。

星のセオリーから言えば、天王星は形骸化しているものを容赦なく壊していきます。(星の視点は人のエゴで語られるものではありません)

天王星牡牛座時代は、絶対に壊れない(牡牛座)と思われていた価値や基準、物に対して、未来(アクエリアス)に沿わないものは、リアルに破壊されていくという運命です。

しかも天王星はプロメテウスの火でもありますから、その象徴の火で、今回のノートルダム大聖堂は焼かれました。

また、4月11日から射手座木星が逆行していました。この射手座木星逆行から1週間もたたないうちの出来事。

射手座木星は、もろに信仰、宗教に関係します。

木星は、魚座(キリスト)の原始的な支配星。そして逆行は過去をさらうこと。バージョン替え。

キリストに象徴された、魚座の時代の私たちの潜在的な信念(信仰)体系 ※無宗教であってもは、その信念体系(射手座木星)のあり方そのものをバージョン替えしなければならないようです。

それは、もう、私たちは犠牲者でないと。犠牲者になろうとしなくてよいと。

それは無価値だと。

3月6日の魚座新月でそのテーマは示されていました ↓

【魚座 新月】〜『ここまで、本当に、お疲れさまでした』〜

根本的な信念体系がシフトし、自分を生きる時代へ。

もう、本当に時代は変わりますよ〜というメッセージに私は強く感じましたが、こういうリアル展開になってくると、やはり人間ですと、過去やこれまでの価値を惜しもうとする感情が強くなってきますので、強い現実変化の2019年の只中で、各自なかなかのカオスを経験していくことになるでしょう。

ただし、星々はものすごく素直ですし、そして淡々と未来を示してくれています。

ここで、現在絶賛逆行中の木星についてお話ししますが、4/11〜8/11までの4ヶ月間、マイホームの射手座で逆行しています。

射手座木星期の今、これまで前に進めてきたこと、進んできたことに関して、ここでおさらい、見直し、確認作業をしながらの拡大&発展の時期となっています。

例えば、過去の探求したことの再フォーカスや、過去チャレンジしたことの再チャレンジ、また、以前興味を持ってなあなあにしてきたことをしっかりと理解や気づきに落とし込む、などが大事になってきます。

何かしらの研究を振り返ったり、学術的なアプローチをしてみたり、より横断的な経験や学びを通して求めていること追求してみたり、そんなこともよいでしょう。

また、この射手座木星逆行の期間で、しっかりとした今後の自分自身の社会的な発展のために、「社会に対する私のミッションは何なのか?」「私は、何のために仕事で発展するのか?」「私が業務で示したいモラル(精神的価値)とは何なのか?」などの、独自の道徳観念や倫理規定をしっかりと定めることが必要な時となっています。

8/11以降、ただ大勢の人に認められればいいとか、ただ富めばいいとか、うまく取り繕って賞賛を浴びれればいいというような、後から粗が出てきそうな発展と広がりにならないように、真の意味できちんとした社会的発展を遂げるために、ここで理想・理念をしっかりと見出し、固め、打ち出す作業が大切になってくるでしょう。

射手座木星逆行が始まってまだ1週間ほどですが、仕事面、社会面などでは、道徳や倫理について、あれ?なんかおかしくない??と思うような、モラルを欠いた態度や事態が、個人レベル、社会レベルで浮き彫りになってきています。

射手座木星の消極面でもある「無責任さ」、「傍若無人」、「不誠実さ」がよ〜く見えてくる時期となっていますので、誰それや外界のそういった部分にかなり気付いてしまう時期となっていますので、この射手座木星逆行の期間で、社会的に応じる人や取引先、対人関係としてアリなのかナシなのかをしっかりと見抜けるとよいでしょう。

これは、この先のやりたいことやそのビジネスで発展するために超重要な「信頼関係」に関係してきます。2020年以降の展開にはもろに関係してくるでしょう。

要は、相手を信頼する基準(自分自身の社会的モラル)を、自分の中にしっかりと見出だしておく必要があるということになります。

そして、その基準をしっかりと自分軸にして、信頼関係を結んでいってください。

自分の社会的モラルを基準に、相手と信頼関係をつなぐことのポイントとしては、相手の「言葉よりも態度」を重要視することが肝心でしょう。

本当に心からつながり、強い結びつきの絆をもたらし、頼できる相手なのかを、相手の態度でしっかりと確認することが大切です。

人は言葉で何を言ってても態度に出てしまうので、言葉がどうこうよりも、しっかりとした実際的な態度を基準に、発展のための信頼関係を結ぶようにするとよいでしょう。

射手座逆行木星は、この満月のタイミングでジュノーと180度の配置となっていますので、自分の理想・理念のモラルからの➡︎信頼関係のモラルという形で、しっかりと形成していかれることをオススメします。

さて、この満月ですが、先月の春分の日(1回目の天秤座満月)から、2回目となる天秤座満月となりました。

ですが、天秤座29度の満月で、もう天秤座を完結するという段階の満月です。

また、第12ハウスの天秤座満月で、ここでは、「どれも行き過ぎず、程よい生き方で満足して生きていたら、自分の人格があいまいで、感情の分裂感、感情の二重化に気づかされる」というタイミングとなるかもしれません。(第12ハウス天秤座月-90度-第2ハウス山羊座冥王星)

このタイミングの対人関係において、かなり外面を気にしてしまうと、自己否定や自己憐憫、それこそ犠牲精神や迫害精神を強めてしまうことにもなりそうで、かなり地下的な方向に自分を追い詰め兼ねません。(第12ハウス天秤座月-第4ハウス魚座金星-第7ハウス牡牛座セドナでYod)

しかし、自分の哲学や生き方がまとまりやすい時期なので、意識的に考えたり、書いたりするような時間が作れると非常によいでしょう。(第12ハウス天秤座月29度)

さらに、それがうまくまとまるほど、次の段階への移行が大胆にできるでしょう。(第12ハウス天秤座月29度)

これは労働の場所にある、太陽と天王星のタッグを点火させることがポイントとなりますが、労働面で、従属したり迎合したりせず、完全な自由性の追求をもたらすことによって、本当の自分の真実の価値に飛び込む力が出てくるでしょう。(第12ハウス天秤座月-180度-第6ハウス牡羊座太陽・牡牛座天王星)

このタイミングでは、表向きの調和に半ば縛り付けられている部分がありつつも、独自の独創的なアイデアを労働環境にもたらしていけるかが鍵を握ります(第12ハウス天秤座月-180度-第6ハウス牡羊座太陽・牡牛座天王星)

これは、自分の信念やモットーに沿ったかたちで、金銭的にも爆発的な創造を生んでいくような進展も隠されています。(第12ハウス天秤座月-第6ハウス牡羊座太陽・牡牛座天王星-第4ハウス魚座金星-第7ハウス牡牛座セドナでブーメランYod)

ただしここでも、自己イメージの苦手意識、イニシアチブが取れない、自分の考えに自信がない、自己主張できない、多少の犠牲を払ってでも魂のアイデンティティー(本能的欲求)に傾倒できないといった感じ(第5ハウス牡羊座キロン・水星・ベスタ)、金銭的な、頑な現状維持(退化の衝動)も強烈です。第2ハウス山羊座土星・ドラゴンテイル・冥王星)

相変わらず、変化(進化)と維持(退化)の衝動が引っ張り合っているのですが、この時期(今年)は本当に意識的に生きていないと、時代に取り残されていく感(二極化)がリアルになっていくのかもしれませんね。

今年は、個人よりも社会の方が先に進んで行くことが増えてくるかもしれません。

理想に向かって、限界への挑戦と自立心を育て、変容の過程へと入っていく時となります。第1ハウス射手座セレス-第4ハウス魚座海王星&リリス-第7ハウス双子座火星でTスクエア)(蠍座AC)

◎このタイミングの設置とヒーリングは?

ethical cosmic では、惑星音叉によるサウンドヒーリングを行っています。

ホロスコープと惑星音叉によるヒーリングセッションは、多次元(身体・心・魂)の変容をサポートし、ディスティニー(宿命)の人生をクリエイトするための最高のツールとなります。

◉Uranus 音叉(天王星 音叉)

  • 自分らしさを開放する
  • オリジナリティーの強化
  • 身体・心・魂の古いパターンを超える

この満月のタイミングで、労働の場所で天王星と太陽が重なります。従属せず、迎合せず、アクエリアスの生き方を実現するために、完全な人生の自由性の追求に焦点を当てることが重要です。現状維持(退化)の衝動に引っ張られる中で、粘り強く天王星とつながり続けることが、天王星牡牛座時代の仕事&所得改革につながります。太陽とのタッグで、独創的なアイデアを労働環境にもたらすチャンスです。天王星を味方につけましょう。

◉Sun 音叉(太陽 音叉)

  • 創造の源とつながり、創造の欲求とつながる
  • 本来の自分自身を生きるバイタリティー
  • 光の本質とともに自己完成へ導く

労働の場所で天王星と太陽が重なり、独創的なアイデアを労働環境にもたらすチャンスです。独自のアイデンティティーを強化し、現実を変える力にしましょう。天王星を味方につけ、自己の本質の光をスパークさせましょう。今ここからの勇敢さ、自信、自尊心を育て、自分らしさを生きるバイタリティーを目覚めさせましょう。

現在、惑星音叉/フィボナッチセッションの、ツインセッションまたはシングルセッションにおいて、モニター価格でも承っております。詳細はご連絡ください。

※惑星音叉セッションは治療行為ではありません。反応には個人差があります。また作用を確約するものではございません。各々の心身魂の状態により、これらのツールの受け入れが可能でないこともあります。

医療現場で積み重ねた惑星音叉の臨床実績からなる本物の価値を提供いたします。

星々を味方につけて、星々と共に人生を歩まれる方の、すべての可能性のために。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

▶︎▶︎【4/19満枠となりました5月1日(天皇即位の日)・5月2日(国民の休日)『令和』時代の初まり2日間限定☆ロン・ラプラスとエリン・テイラーによるフィボナッチ・惑星音叉ツインセッション⬇︎

【ご案内】ロン・ラプラスとエリン・テイラーによるフィボナッチ・惑星音叉ツインセッション

***

5月のAcutonics®惑星音叉ワークショップ日程

各クラスの詳細紹介記事

※特別価格での音叉購入による講座のお申込みは終了しましたが、ただし、講座参加を強く望まれる方はご連絡ください。

***

関連記事