toggle
2019-04-05

【牡羊座新月】〜本当の自立は、ここから始まる〜

2019.4.5 17:50 牡羊座 新月

さて、牡羊座新月となりました。

体感的にはだいぶ長く感じた3月でしたが、新年度&新時代の節目をまたいだ水星逆行がようやく終わり、この新月からより実行レベルで、2019年を真っさらにスタートさせるタイミングとなっています。

天王星の牡牛座INと同時に、3/6〜3/28の期間で魚座にて水星逆行でしたが、体感的には丸々3月〜この新月に至るまで、魚座水星逆行らしい浄化&デトックス感が常にあるような流れに感じました。

このタイムラインからの展望は、各々それぞれ、のちのち振り返ったときに、人生の節目を迎えることになったであろうターニングポイント的な時間軸になっていくかと思いますので、その変化へのインパクトが大きい分、抵抗や何かと思い切れない状態によるデトックスしきれない感、手放ししきれない感が残るかもしれません。今年いっぱい引きずりそうなニオイもプンプンしますが….

この水星逆行期間ですが、特に「感情レベル」で潜在意識からのリリースが地味にガッツリ出てきていたかと思います。

躁鬱感、不安感、将来への恐れ、自己欺瞞、自己矛盾、忘我状態、犠牲者意識、依存心などなど…です。

春分で新たに2019年が始まったものの、なかなかこれからの自分自身の人生の方向性やコミットに対して、煮え切らない感じを持っていたり、過去の感情を引きずっている気配もあるかもしれません。

結構な2、3月でしたからね。乙女座スーパームーン満月などもありましたし、ずっと実生活的にも感情的にもさまざまなレベルで浄化が続いていました。

ただし、我が国日本は、4/1に新元号「令和(レイワ)」が発表され、社会の表看板もリアルに変わるという大きな節目を迎えたのです。

そして今回の牡羊座新月で、真っさらな自分で、リアルに真っさらな自分で、真の自立を成し遂げる生き方を始めていくタイミングとなったのです。

私の感覚だと、結構な人が、これまでの過去感情の飲まれ感、次なる展開への煮え切らない感を感じているな〜と感じるので、ここでちゃんと、パラダイムシフトレベルの切り替えとなった春分と令和発表時の星々の意図を振り返りつつも、今回の牡羊座新月(真っさらスタート)を解説していきたいと思います。

新元号【令和】発表に込められた宇宙の意図

先に、新元号「令和」発表に込められた宇宙の意図を見ていきます。

「令和」の言語的意味などはすでにいろんな方が解釈を出していますので、あくまでここではこの令和時代に込められたAstrology的な解釈を説明していきます。

超、明確なチャートですが、ブーメランヨッドという配置です。

新たに日が昇ってくる、始まりを迎える東の地平線の場所アセンダントに、蟹座ドラゴンヘッド。オポジションの180度反対側で、日が沈む西の地平線の場所DCに、山羊座ドラゴンテイル&冥王星&土星。そして、この180度ラインを射手座木星と水瓶座リリス&月が二等辺三角形の配置で囲んでいます。

ヨッド(Yod)は別名、〝Finger of God〟(神の手・神の指)です。

あたかも神がコントロールしているかのような宿命的な配置となっております。(宇宙的予定調和とでもいいましょうか

この新元号「令和」の基準が、始まりのアセンダント蟹座ドラゴンヘッドに相当してくるとも言えますから、まさにこの蟹座ドラゴンヘッドポイントがアセンダントでアンカリングされ、これまでの社会基盤が解脱(DC山羊座天体群)し、新たな社会基盤が出来上がることになります。

この「令和」時代には、理想や未来に向かって広がっていける開放感と、希望に満ちた豊かさの恩恵、満足感がもたらされるということになります。なんて素晴らしいんでしょうね☆

ただ、これを個人レベルで活かすには、ポイントをしっかりと抑えなければまったく効力がないのも事実です。

そのポイントは、これまで構築した看板や役割でなく、また足かせや鎧をつけていない、そして縛られているのが安心で安定という古い観念を捨てた、ただ純粋な本心の感受性からの自分を始めること。

左脳の自分に主導権を握らせるのではなく、右脳の自分に主導権を握らせ、そこに左脳を従わせ、感性の自分に徹底的に沿った行動を始めていくこと。

これが社会での個人レベルのエゴの変容にまで至ることですが、それによってまったく新たな魅力の(もともと持っているものの)個性が進化、成長していく展開、理想の未来への恩恵を受け取れる流れとなるでしょう。

ヨッドは限定されたテーマによる発展です。言い方を変えると、限られたテーマへのコミットを徹底的にするだけです。

逆に、純粋な本心の感受性からの自分がわからない、もうそんなのどっかに忘れてきたというのであれば、これまでの社会での立場、表看板、鎧、責任、役割から降りて、自分の思想、理念、未来のビジョンの共感を求めて、新たな環境に挑戦する。共鳴するコミュニティーに入っていく。などのテーマにコミットしていくことが重要となります。

リアルな個性のポテンシャルの探求に入っていく生き方の時代になりますし、そして本当のハートの時代がスタートするでしょう。

この生き方の始まりは、いろんな意味でこれまでの人間関係や過去の生き方とのギャップを感じていくかと思いますので、それが他者の態度や反応だったり、自分は他人とは違う感覚だったり、精神的な行き詰まり感だったり、お金とか立場的な恐怖感だったり、感情的不安定感などに表れて、苦労するかもしれません。(これを苦労と思っても、思わなくてよいのですが、しれ〜と、淡々と通過するか、経験経験、楽しませてもらってます!って通過することが大事!!)

そして重要なのは、身のまわりで何かが起こってきても、良くあろうと思ったり、完成させようとしないこと…良い結果を過度に期待したり、プレッシャーを自身に課さないこと…感情を抑圧せずに、押し殺すこともせずに、ただ客観視すること…問題を否定したり、問題と格闘したり、特定の結果を強引に導き出そうとしないこと…自分の安全のために偽りの態度をとらないこと…苦境に身を投じても、そこに解決策がもたらされる場合があるので、そこから安易に遠ざかろうとしないこと…などが非常に大切になります。Yodなので。

「令和」時代は、仕事、社会集団生活、対人関係において、希望に満ち溢れた、個々の個性のカリスマ性をシェアしあえる、自由と解放の自己存在に至る素晴らしい未来へと変容を遂げていくのですが、しっかりと上記の変容の現実を経てということになります。

ここからのタイムラインて、「なぜ、今、私はこういった状況なのか?」ということが、しっかり俯瞰できてないと、成長ではなく、安易な選択をしてしまいがちですからね。

あとは自分のより良き人生にどれだけ本気になれるかだけでしょう。

春分で示された、大きな現実転換をもたらすことができる地の大三角

春分の日の象徴的な出来事と言えば、何と言ってもイチローの引退でしたね。

第10ハウス山羊座ドラゴンテイル&冥王星&土星が示していた、「はい、これまでのキャリア、お疲れ様でした〜!!終わりにしましょ〜」の示す通りに、イチローはドンピシャで現役引退していきました。

これは、今年2019年において、広義の意味で、すべての人に当てはまる内容です。

その内容は、例えば、惰性で続けてきたもの、すでに中身が伴っていないもの、自分の心の喜びの基盤がないもの、ただただ犠牲でしかないもの、表ヅラをよく見せるだけのもの、世間やまわりの期待や意見だけで作り上げた自分のイメージのもの、普通に飽きてしまっているが地位立場面の理由で続けているもの、ただ経済的な理由だけで続けているもの、純粋な自分軸のワクワクがないもの、とにかく長く長く頑張ってきたものなどなど….

こういったキャリアについては、天のレベルでは、単純に「はい、ご苦労様です。お疲れ様でした〜!!」といったタイミングだったのです。

これは、イチローのようにきっぱりという人もいれば、同じ仕事でも、働き方、仕事の仕方を変えて、今までのスタンスは終え、新たなスタンスに変わるということでもあるでしょう。

とにかく、現実生活(地のサイン)でのド変容と超創造の大発展の大三角がかかわっていましたので、大きなエネルギーが働いていました。

仕事や実生活の大きなシフトについては誰にでも影響しますが、これは2020年の春分までは最低限でも続くトピックです。

そして、もうもともと持っている完全オリジナルの個性、才能、資質で、これまでの関係性をアップデートし、真に自立した経済活動、新しい豊かさの時代に入っていく時が示されたということになります。

この2019春分において、本当にパワフルな現実転換の大三角が示されたのです。

ただし、ここでも注意すべきことは、これを個人レベルで活かすには、大三角のポイントをしっかりと抑える必要があります。

特に大三角は、「大発展の恵み」にもなれば、「腐敗体質への縛り」にもなります。

何に意識と行動を向けるかで、その意図の方向性を拡大していきますから、こういった変化の時代には、使い方を気をつけなければならない複合アスペクトになります。

基本的に大三角は、人生のすべてをかけるような大きな目的とコミットでないと、その恵みは活用できないと言ってよいでしょう。

この大三角に絡む星々(冥王星・土星・火星・月・ドラゴンテイル・セドナ)が何かとパワーが半端じゃないので、現実を変える」という強いコミットメントで応えて、活かし方の方向付けをきちんとしないと、逆に仕事とか現実生活の何かしらで、ブォンブォン煽られてもおかしくないとなるのです。

2019春分で示された地の大三角は、現実的な仕事面、生活面での緊張や対立を嫌う傾向が強くなります。

創造よりも現状に依存することを強力に推し進めることになる可能性もあるでしょう。これは来年春分まで引っ張る可能性もあります。

私は「星に喰われる」という言い方をするのですが、まさにその展開になると、今回は予言的なカイトにもつながってくるので、ちょっとまぁ…という感じなのです。

簡単には、天気(星々の影響)を味方につけるということなのですが、その緻密なレベルのエネルギーの使い道の重要なポイントを、何とかこうしてお伝えしているということなのです。

やはり今後2020年以降の自分自身の人生は、自分で創り上げ、クリエイティブな人生に喜びがあり、今までとは違う価値観の生き方が展開されていきますので、そこへの舵取りをしっかりと自分で、少しずつ、自立して、協力者を仰いで、行っていけるかどうかというのが鍵となるでしょう。

Yodの捉え方でも示しましたが、しつこくもう一度書きますが、

常に良くあろうと思ったり、すぐに完成させようとしないこと…良い結果を過度に期待したり、プレッシャーを自身に課さないこと…感情を抑圧せずに、押し殺すこともせずに、ただ客観視すること…問題を否定したり、問題と格闘したり、特定の結果を強引に導き出そうとしないこと…自分の安全のために偽りの態度をとらないこと…苦境に身を投じても、そこに解決策がもたらされる場合があるので、そこから安易に遠ざかろうとしないこと…などが非常に大切となります。

とにかく、純粋な本心の感受性、感性に主導権を握らせ、そこからのアクションを着実に行い、理性(左脳)をそれに従わせて、一歩一歩着実に次なる現実展開をすることがすっごく大事です。

今現在はお金や生活にならなくても、不安でも粘り強くコミットし続けることが大事です。

なんせ無から有の超創造ですからね

さあ、始まります。スタートを切る牡羊座新月。

前置きが長くなりましたが、なかなかこれからの自分自身の人生の方向性やコミットに対して煮え切らない感、過去の感情を引きずっている感もどっぷりある中で、

春分、令和元号発表を経て、純粋な本心の感受性、感性からの自分で、現実を変えるという強いコミットメントを行動に移す、その始まりの始まりのタイミングとなりました。

具体的には、対人関係において、真っさらな自分を出す(貫く)ことで、ごく自然な自分自身の人格をスタートさせる。

対人関係において、個性を持つことを恐れず、自分らしさを表現して、より本能的に生きることを始める。

自分がどうしたいのか、何を求めているのかを主張し、自分らしく自立していく。その行動を起こす。

という感じです。

ですが、この新月の牡羊座のエネルギーは、誰それ考えずに走るという純粋な牡羊座エネルギーの新月ではなく、思いっきり人の評価を意識しつつ、それでもあえて誰が評価してくれなくても走るという積極的な牡羊座のエネルギーを使っていくことになります。(第7ハウス牡羊座新月15度台

第4ハウスの山羊座天体群と牡羊座落ち込み度数の新月で、牡羊座らしいスタートに対する無気力さ、活力の減退があるかもしれませんが、ただし、牡牛座天王星が同じハウスで新月を導いてくれていますので、このタイミングで自分らしらを現実に転化し、新たな始まりに向かって自分をアンカーさせることができるかどうかが、ポイントとなるかと思います。(第7ハウス牡羊座新月&牡牛座天王星ノーアスペクト

このタイミング、結構ハイレベルですけど、人間関係のうわべの調和に意識が向かい、自主性、主体性の意志の弱まりがありつつも、その「無気力と闘いながらも、自分らしさを始めていけるか」でしょう。(第7ハウス牡羊座新月

相変わらず人間関係、対人関係….というテーマがくっついてきますが、関係性を意識しながらも、自分らしさをもたらしていけるかを求められています(第7ハウス牡羊座新月&牡牛座天王星ノーアスペクト

関係性の中で、ごく自然な自分自身の人格をスタートさせることによって、関係性のバランスが創造的にアップデートされていきますが、ただ、それには純粋な本心の感受性の自分を、社会集団のなかで見せていく必要がありそうですその自発的な行為を始めていくことで、極めて大きな活力を生む新月となっています。(第7ハウス牡羊座新月・第1ハウス天秤座逆行パラスアテナ・第4ハウス山羊座土星&冥王星&ドラゴンテイル・第10ハウス蟹座ドラゴンヘッドでグランドクロス

良好な相互信頼関係を築くには、考え方の共有、理想・理念の共有、未来のビジョンを話し合える、ということをしっかりと育む必要があるでしょう。(第3ハウス射手座木星-180度-第9ハウス双子座ジュノー

このタイミングでは、社会生活、そして人間関係の現実を変えるための変身願望も強くフォーカスされます。

自分の魂のアイデンティティーとその潜在的な創造力の表現において、葛藤をもたらしている、考えを支配する強力な精神の強迫観念や執着を超えていけるかが非常に大きなポイントとなるでしょう。(第1ハウス天秤座逆行パラスアテナ-90度-第4ハウス山羊座冥王星&土星

10天体は順行期間ですが、小惑星含めると現在唯一逆行しているのが、天秤座パラス・アテナです。これが超重要で、自分の魂のアイデンティティーとその潜在的な創造力の表現によって、対人関係のバランスのアップデートを求められています。(すごく起源の古い自分によっての関係性のアップデートです)(第1ハウス天秤座逆行パラスアテナ)

今年はリアルな変化・変容に向かうからこそ、星々もプレッシャーをかけてきます。

コミットを求めてきます。

多分、今年はそれを求め続けられるでしょう。

春分で太陽とキロンが重なったのは非常に意味深いのです。

本当に変わるけれども、変えられるけれども、その堰を切る決断はあなたにしかできません。

そして、その過程を通過する必要があるということですね。

この牡羊座新月、無気力と闘いながらも、古い起源から連綿と受け継がれる自分らしさを始める決断と行動ができるか。

本当の自立のための、まずは第一関門です。

その決断は誰にも依存できません。すごいリアル現実。

すべての人に幸あれ。

◎このタイミングの設置とヒーリングは?

ethical cosmic では、惑星音叉によるサウンドヒーリングを行っています。

ホロスコープと惑星音叉によるヒーリングセッションは、多次元(身体・心・魂)の変容をサポートし、ディスティニー(宿命)の人生をクリエイトするための最高のツールとなります。

◉Uranus 音叉(天王星 音叉)

  • 自分らしさを開放する
  • オリジナリティーの強化
  • 身体・心・魂の古いパターンを超える

この新月のタイミングでは、ノーアスペクトの天王星にしっかりとつながる必要があります。対人関係に独自性をもたらす始まりの始まりの時。この新月時において、天王星は他の星とつながりを持たない状態ですがそれを有効活用するのです。今回の牡羊座新月のスタートタイミングは、すんなり新しく始めていけるエネルギーはあまりありません。無気力や煮え切らない感と闘いながらも、重い腰を上げていくために、このタイミングの天王星のエネルギーを強化させるのです。牡牛座天王星の完全にしばられていないエネルギーを利用するのです。

◉Chiron 音叉(キロン 音叉)

  • 身体・心・魂の分離を癒し、変容と修復を促す
  • 高度な叡智による治癒
  • 再統合への架け橋

リアルなパラダイムシフトのタイムラインを迎えました。キロンの出番です。天王星意識へ導く役割。分離を統合し、本当の自己で今後の未来を生きるための橋渡し。気づき、経験、変容による成長を促進してくれます。本当の自立のための2019年の第一歩、私たちの魂は、真の癒しを待ち望んでいます。

現在、惑星音叉/フィボナッチセッションの、ツインセッションまたはシングルセッションにおいて、モニター価格でも承っております。詳細はご連絡ください。

※惑星音叉セッションは治療行為ではありません。反応には個人差があります。また作用を確約するものではございません。各々の心身魂の状態により、これらのツールの受け入れが可能でないこともあります。

医療現場で積み重ねた惑星音叉の臨床実績からなる本物の価値を提供いたします。

星々を味方につけて、星々と共に人生を歩まれる方の、すべての可能性のために。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

★☆★お申し込み期限、4/8!! 締切間近です!★☆★

自信を持ってオススメする星々、音、古の哲学の最高の教えと学び。牡羊座新月、無気力と闘いながらも、自分らしさを始める決断と行動の第一歩にしてください☆

5月4日(土)〜5月6日(月・祝)3日間 【Acutonics® Level1】

このクラスは、音の基礎から学ぶクラスです。さまざまな文化で用いられてきた音とヒーリングについてや「天球の音楽」と大いなるテーマについて学んでいきます。この全体としてのプログラムは、音、天文学、占星学、神話学、伝統中医学、タオイズム、西洋東洋の古の哲学が融合された、アキュトニックス独自のプログラムとなっています。この統合的な学びを受けられるのは、後にも先にもアキュトニックス LEVEL1でしかないでしょう。そして、神聖幾何学に精通したロン・ラプラスと伝統中医学をマスターしたエリン・テイラーのダブルティーチャーによる特別に贅沢な今回のクラスは、今回のワークショップが最後かもしれません。本当の意味であなたが求めることをあなた自身のスピリットの成長と共に、古くて先進的なこれらの叡智を活用して学べるクラスとなっています。星々の音(天球の音楽)は、あなたの未来を大きく開いてくれるかもしれません。

Acutonics® LEVEL1・The Fibonacci Process

▶︎Acutonics® LEVEL1紹介記事

***

5月7日(火)~5月8日(水)2日間【Acutonics® The Fibonacci Process】

自然界には、フィボナッチ数列、神聖幾何学の現れが私たちの身の回りの至るところにあります。フィボナッチ数列で調律されたオームフィボナッチ音叉を、天から授かった「源(ソース)」の流路である「奇経八脈」に用いてワークをしていきます。フィボナッチプロセスは、全エネルギーシステムの正確なバランシング、アライメント、チューニングへ導き、魂の”ブループリント(青写真)”へのアクセスを可能にし、もはや役に立たなくなった古い習慣やパターンの完了と治癒を促します。さらにアカシックレコードへのアクセスを可能にします。最も本質的な自己の生命の輝きを開花させていくワークこそ、フィボナッチプロセスなのです。フィボナッチプロセスの唯一の公式管理者であるロン・ラプラスから学べる貴重な機会です。

Acutonics® LEVEL1・The Fibonacci Process

▶︎Acutonics® The Fibonacci Processs紹介記事

***

5月11日(土)〜5月13日(月)3日間【LEVEL1 Extraordinary Vessels ~奇経八脈 レベル1~】

奇経八脈は、東洋医学で、正経十二経脈と連携を取る経脈といわれます。奇経八脈は、源(ソース)のエネルギーであり、奇経八脈からは、溢れんばかりの栄養、愛、そして天から授かったブループリントが届けられます。それは、天球の音楽ともつながる人体のバイブレーションなのです。奇経八脈は、まさに変容と超越のエネルギーです。Dr.エリン・テイラーは、奇経八脈という奥深い変容のエネルギーについて、数え切れないほどの臨床と実体験を通して培われた、深い理解と知識、経験、そして知恵があります。そして、必要な人にこの情報を伝えるべく、今この時代において奇経八脈を使うことが、そのまま自己発見・錬金術・変容・超越の旅となることと提唱し、そのためのメソッドとシステムを考案しました。惑星、五行、感情、易(八卦)、神聖幾何学、チャクラ、恒星系と連携する奇経八脈のワークを学んでいきます。惑星音叉のアプローチを深めたい方、奇経八脈の理解を深化させ、進化させたい方におすすめします。

【The 8 Extraordinary Vessels〜奇経八脈〜】 LEVEL1ワークショップ

▶︎LEVEL1 Extraordinary Vessels ~奇経八脈 レベル1~紹介記事

***

5月14日(火)~5月15日(水)2日間【五行・五神入門 LEVEL1】

惑星音叉を扱う上で、陰陽五行の概念を理解することは、クライアントへのワークにおける非常に重要な軸となります。五行と五神の理論は、プラクティショナーがクライアントの感情のパターンと心理を見るための「レンズ」として役立ちます。このレンズを通して見ると、感情がマインドの中でどのように働いているか、感情が体内にどのように溜め込まれ、どのような身体症状として表れるのかがよく分かります。五行と五神を深く学ぶことで、自分自身の心と体の中にあるそれぞれのエネルギーを理解し、意識できるようになります。そして、クライアントの中にもそのエネルギーを見ることができるようになります。Dr. テイラー独自の内なる錬金術(内丹術)の研究と経験をもとに、五神とは何か、五神と奇経八脈の関係について講義します。本セミナーを受講すると、五行と五神について理解し、クライアントの意識と五行がどのように働いているか(もしくは働いていないか)を見分けられるようになります。

五行・五神入門 LEVEL1

▶︎五行・五神入門 LEVEL1紹介記事

***

◎ティーチャープロフィール

Ron LaPlace(ロン・ラプラス)

  • ブラザーフッド・オブ・ザ・ホワイトテンプル大学(米国コロラド州セディリア)形而上学博士号
  • フラワーオブライフ・ワークショップ認定ティーチャー
  • 認定Acutonics ティーチャー

Dr. Erin Taylor(エリン・テイラー)


  • 理学士(BSc)
  • 認定鍼灸師(RAc)
  • 中医師(TCMD)
  • 認定Acutonics ティーチャー・プラクティショナー

 

この二人からの学びを日本で受けられるのは、本当に特別です♪

!!さらに!!

5/1(水・即位の日)・   5/2(木・国民の休日)

令和時代のリアルスタートの始まりの始まりに、このダブルティーチャーによる、

★☆★ロン・ラプラス&エリン・テイラーによる惑星音叉ツインセッション★☆★

限定12枠で受けられます。。

詳細は後ほど!!

お申し込み&お問い合わせ

関連記事