toggle
2019-01-03

あけましておめでとうございます!【2019年の星の流れメモ】

皆様、2019年、明けましておめでとうございます!!

今年も ethical cosmic をよろしくお願いいたします。《杉山洋一・京子》

さてさて、世間のカレンダー上では2019年となりました。(Astrology的には春分がユニバーサルレベルの2019年のスタートです)

宇宙のサイクルでは、山羊座の太陽期の途中で、いたって普通の時期なのですが、地球社会の次元ではこの年末年始で仕事や数字が一旦リセットとなるので、社会生活はここからまた新たな始まりといった節目となりますね。

2019年の皆さまの新たなお気持ち、今年にかける抱負など、すでに掲げられましたでしょうか。

ひとまず簡単な情報として、今年、2019年の新月満月、天体の順行逆行などの星の動きをメモしておきます。

  • 1/6(日) 新月-山羊座10:28【部分日食(全国で見られる)】
  • 1/7(月)天王星(逆行終了:牡羊座28°)
  • 1/21(月)満月-獅子座14:16【皆既月食(米国他各地)】スーパー・ブラッド・ウルフムーン・エクリプス→月が通常よりも大きく見える「スーパームーン」、皆既月食の際に月が赤く見える「ブラッドムーン」、1月最初の満月である「ウルフムーン」が組み合わさる現象。
  • 2/4(月) 立春 12:14(太陽黄経315°・太陽水瓶座15°
  • 2/5(火) 新月-水瓶座 6:04(今年最遠の新月)
  • 2/20(水) 満月-乙女座 0:54(今年最大のスーパームーン満月)
  • 3/6(水)水星(逆行開始:魚座29°)
  • 3/7(木)新月-魚座 1:04
  • 3/21(木) 春分 6:58(太陽黄経0°・太陽牡羊座0°)/満月-天秤座 10:43(1回目)
  • 3/28(木)水星(逆行終了:魚座16°)
  • 4/5(金) 新月-牡羊座 17:50
  • 4/11(木) 木星(逆行開始:射手座24°)
  • 4/19(金) 満月-天秤座 20:12(2回目)
  • 4/25(木) 冥王星(逆行開始:山羊座23°)
  • 4/30(火) 土星(逆行開始:山羊座20°)
  • 5/5(日) 新月-牡牛座 7:45
  • 5/6(月) 立夏 4:03(太陽黄経45°・太陽牡牛座15°)
  • 5/19(日) 満月-蠍座 6:11(ウエサク満月)
  • 6/3(月) 新月-双子座 19:02
  • 6/17(月) 満月-射手座 17:31
  • 6/21(金) 海王星(逆行開始:魚座18°) 
  • 6/22(土) 夏至 0:54(太陽黄経90°・太陽蟹座0°) 
  • 7/3(水) 新月-蟹座 4:16【皆既日食(南太平洋・南米)】
  • 7/8(月)水星(逆行開始:獅子座4°)
  • 7/17(水) 満月-山羊座 6:38【部分月食(西日本方面)】
  • 8/1(木)新月-獅子座 12:12/水星(逆行終了:蟹座23°)
  • 8/8(木)立秋 4:31 ライオンズゲート(太陽黄経135°・太陽獅子座15°)
  • 8/11(日)木星(逆行終了:射手座14°)
  • 8/12(月)天王星(逆行開始:牡牛座6°)
  • 8/15(木)満月-水瓶座 21:29
  • 8/30(金)新月-乙女座 19:37(今年最大のスーパームーン新月)
  • 9/14(土)満月-魚座 13:33(今年最遠の満月)
  • 9/18(水)土星(逆行終了:山羊座13°)
  • 9/23(月)秋分 16:50太陽黄経180°・太陽天秤座0°)
  • 9/29(日)新月-天秤座 3:26
  • 10/3(木)冥王星(逆行終了:山羊座20°)
  • 10/14(月)満月-牡羊座 6:08
  • 10/28(月)新月-蠍座 12:38
  • 11/1(金)水星(逆行開始:蠍座27°)
  • 11/8(金)立冬 2:24(太陽黄経225°・太陽蠍座15°) 
  • 11/12(火)満月-牡牛座 22:34
  • 11/21(木)水星(逆行終了:蠍座11°)
  • 11/27(水)新月-射手座 0:06/海王星(逆行終了:魚座15°)
  • 12/12(木)満月-双子座 14:12
  • 12/22(日)冬至 13:19(太陽黄経270°・太陽山羊座0°
  • 12/26(木)新月-山羊座 14:13【部分日食(全国で見られる, インドネシアなどで金環日食)】

今年は、山羊座 – 蟹座ラインでの「食」が強調されるのと、天秤座での満月がなんと2回!あります。

食の影響が基盤・基礎を表す山羊座 – 蟹座ラインですので、いろんな意味で「社会の基盤・基礎」と「心の基盤・基礎」のテーマが強く持ち上がるかと思います。

そしてパートナーシップ、リレーションシップのテーマは外せないでしょう。

また、昨年はユニバーサル惑星・ソーシャル惑星に加えて、パーソナル惑星も含めたほとんどの星が逆行する惑星逆行yearだったのですが、昨年はかなり個人レベルでも差し迫るテーマで揺さぶりをかけられた方も多かったのではないでしょうか。

今年は水星逆行以外のパーソナル惑星の逆行はないので、対個人存在に関するテーマの、変化調整の直接的な激しい衝動は昨年よりは落ち着くかなと思います。(感性や資質、才能、ハートに従う、何にイニシアチブを持つなどのテーマですが、昨年でそれを認識し、今年はそれでもって枠組み〔社会や構造〕に広げていく展開です)

今年の水星逆行は「水」のサインを掘り起こしますので、心の安心と安定について、心のつながりについて、魂レベルのつながりについて、愛について、変容について… など、感情レベル、安心安全のレベル、魂レベルでの整理整頓、調整、再確認がテーマとなりそうです。

今年のスーパームーンの最大は、満月・新月ともに「乙女座」です。手放しもスタートも、実際的なテーマ(労働・日常生活環境・肉体・健康)への働きかけが強くなる年ともいえるでしょう。

そして何と言っても、スーパームーン満月と食が重なる、1/21の獅子座満月(皆既月食)は強烈でしょう。日本では見られない食です)

この皆既月食のまたの名が、スーパー・ブラッド・ウルフムーン・エクリプスと呼ばれていて、米国などでは話題となっています。

この満月は今年2番目の大きさのスーパームーンですが、〝食〟と重なるということで、影響力は強烈です。(しかも獅子座)

今年はまさにこのタイミングでの〝個〟のスーパーアクティベートが肝心となるでしょう。

古い習慣と恐れを捨て、獅子座という各々の〝ライオンハート〟その〝個性〟の輝きを解き放つ絶好のタイミングとなります!

これらを踏まえて今年1年を総括するなら、

・「個」…..まず、前提として、すべての前提として、個であること。個が表現されること。正確に言うと、これまで表現されていない側面の個が表現されること。「いやいや私なんて..」「私はこう見せておくべき..」は、もう苦しみを増すだけでしょう。日本人的な〝普通〟でいること、〝仮面の正しさ〟でいること〝事なかれ主義〟でいることが、社会でやっていくある種の勝ち方でしたが、社会や仕組みがそういった生き方を評価し、守らなくなった時、それは崩壊します。これが今の山羊座のどん詰まりの時期です。山羊座から水瓶座へのステージの切り替わりは大きなギャップです。私たちは社会に紐づく価値観を刷新していけなければ、頼っていた価値観や仕組み、構造からの締め付けは、個々をさらに苦しめていくでしょう。それはどの場所どの集団にいても、個であることがとても重要だということです。

・「パートナーシップ」…..今年は天秤座の満月が2回あります。実は、これからさまざまな達成のステージでとても大切なのは、〝協力関係〟です。これは真のパートナーシップという意味では、男女関係であっても、同性関係であっても関係ありません。人の成長や成功、豊かさは人間関係で成り立っていると言っても過言ではありません。私たちは、これまでのように一人で頑張ってなんとかしよう、なんとかできるという時代にはもう生きていません。そこには精神的、物質的限界があるからです。パートナーシップには、まず関係性の調和、フェアさがテーマとなります。これをまだ私たちは、相手に気を使い、相手を優先にし、自分を抑えていれば、とにかくその場は平和に穏便に事は進むという信念体系でいます。それが魚座の時代の平等主義、調和主義です。縦構造のヒエラルキー関係も支配者と奴隷という魚座の時代のパートナーシップになります。___「才能(個)を持ち寄る」____個が表現され、その個性同士がアルケミーを起こし、3乗にも4乗にも可能性が開き、加速度的に劇的に目的を達成していくかたち。アクエリアスの社会成功は、前提に個であり、個を持ち寄るパートナーシップであり、個を尊重し合う横並びのつながりが実現される、真の協力関係が求められます。これは基本的に婚姻関係にも同じことがいえます。自分自身の根っこの価値観と資質、才能を共有できる堅固な信頼関係を築くことが重要なテーマとなります。

・「集団性/組織性」…..今年は山羊座の「食」が3回あります。山羊座は主に社会集団性や社会組織ですが、今年は自分が社会集団に属する価値観、または社会集団を創っていこうとする価値観の刷新が非常に重要なテーマとなるでしょう。これは「個」、そして「パートナーシップ」のテーマともしっかりと紐付く流れです。新しいタイムラインの時代において、個が集まり、才能を持ち寄るパートナーシップが生まれ、そしてようやく集団性や組織性といった社会集団になっていきます。今までの過去の集団性や組織性を見つめ直し、これからの集団性や組織性という視点で、新たな価値観をクリエイトする年となります。個の生かし方、仕組みのあり方、まとまり、運営、養育、といった具体的な方法を刷新し、新しい未来に適合した社会組織として通用する仕組みを模索することになるでしょう。これまでの組織性、集団性にはかなり無理があり、管理者、所属する側、双方にとってのストレスとデメリットが多いのが実情です。より良いかたちの集団性においては、これまでの制限や縛り(決まり)を改め、もっと双方に楽につながるかたちが求められるでしょう。ただし、べったり頼っている側においては、精神的自立を求められるようなプレッシャーをかけられるかもしれません。これはある意味サバイバル(個の時代)への道しるべなのです。また、「共感性」「家族性」「安心・安全性」「心」というキーワードは、これからの集団・組織において大切な基準となるでしょう。自分自身が何を基準にして、どういった集団や組織に所属していくのか、はたまた創造していくのか。この時間軸の時代性に沿って、これらについて考えることが多くなりそうです。

となりますかね。

春分からの2019年の本格的なスタートまではまだありますが、ざっと今年のより良く生きていくための指針としてのポイントをあげてみました。

さて、ここでお知らせですが、

2019年1月21日のスーパー・ブラッド・ウルフムーン・エクリプス(獅子座満月 -皆既月食スーパームーン)後の、1月22日(火)〜1月24日(木)の3日間、【2019新春ホロスコープリーディングday】を開催いたします!

星は時(タイミング)を支配しています。個を強くアクティベートするこの時期に、もう時間がない!もうこんな自分は嫌だ!2019年の自分の運用をしっかりとこなしていきたい!という方にオススメしたいホロスコープリーディングです!!

テーマは、この強力な月食の影響を基に、「個」・「パートナーシップ」・「集団性」といった観点から、

  • 自分全体としての本質的な個性の発見を知り、その個性の発揮の場所を知る…
  • どういったパートナーシップ(関係性)のかたちが相互信頼として築いていけるのかを知る…
  • 今現在の境遇と、今からどれくらいの時間軸でこれからの人生を進めていけば良いのかを知る…
  • 自分にとっての課題、乗りこなしていくテーマを知る…
  • バースチャート(変わらないもの)と二重円、三重円(変化していく時期)を知るの総合リーディング…

といった内容で、新春ホロスコープリーディングを行います!

場所は、「恵比寿ガーデンプレイス」。「対面リーディング形式」で行います。(地方の方はzoomオンラインリーディングもご相談できます)

詳細は改めて記事にアップします。

それでは、今年もよろしくお願いいたします!

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

2019年1月20日(日)書籍:『患者役をやめれば エネルギーが変わり 症状は消えていく』長田夏哉 著出版記念セミナー(ヒカルランドパーク)
今著では、【医療占星術・宇宙カルテと惑星音叉ヒーリング】 の章で、新たな記事を私(杉山洋一)が書かせていただきました。ホロスコープ(宇宙カルテ)と惑星音叉…医療現場での星々(宇宙)の活用をご紹介しております。何かと興味、好奇心がくすぐられた方は、この日はヒカルランドパークに遊びに来てください。

2019年1月26日(土)Dr.Erin Taylor の The 8 Extraordinary Vessels ~奇経八脈~1Day講座

講座内容の詳細がアップデートされています。射手座木星期、このタイミングこそ奇経八脈の情報が共有されるベストタイミングでしょう。これから音叉や音を使ったアプローチに興味がある方にも、肉体と音をつなぐ大切なルートを学ぶことができます。生命の可能性を開く叡智である奇経八脈、その気づきを是非深めてください。お申し込み受付中です☆

関連記事