toggle
2018-12-15

【最新情報】The 8 Extraordinary Vessels~奇経八脈~

先月11月8日にリリースしました、来年1月26日(土)開催の「The 8 Extraordinary Vessels~奇経八脈~」講座、また、エリンのプライベートセッションにたくさんのお申込みをいただきまして、ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございます!感謝の気持ちでいっぱいです。

プライベートセッションの方は、おかげさまで定員となりました。ありがとうございます。セッションにお申込いただいた方から「新年のヒーリングを楽しみにしています!」というメッセージをいただきましたが、エリンの惑星音叉セッションが、みなさんにとって、あたらしい一年、2019年のすばらしいスタートになることを心から願っています。

さて、今日は「The 8 Extraordinary Vessels~奇経八脈~」講座の続報!ということで、最新情報をみなさんにおしらせいたします。まずはじめに、「講座でどのようなことを学べますか?」、「1月の講座が気になっています。来年5月に開催予定の講座をもし受けるとしたら、1月の講座は必須で受けといた方がよいのでしょうか?」というお問い合わせをいただきましたので、こちらでもご紹介させていただきます。きっと同じような疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないかな?と。

まず、ひとつ目のご質問。「◎講座でどのようなことを学べますか?」について。

本当に簡単にご案内しますと「奇経八脈」のイントロダクションです。先日、ご案内ページに「講座内容詳細」の情報を追加しましたが、イントロダクション講座といっても、下記の「講座内容詳細」を見ていただくとお気づきになるかもしれませんが、いわゆる「イントロダクション」と聞いて想像するような内容では終わらない講座になると思います!

☆講座内容詳細☆

◎進化とは何か?
◎意識とは何か?
◎どのように意識は進化するか?
・プログラムとしての信念体系
・エネルギーとしての感情
・コヒーレンス
◎なぜ、今まさに、錬金術や奇経八脈の創造性を思い出すことがとても重要なのか?
◎なぜ、まさに今、この方法で奇経八脈を使っているのか?
◎奇経八脈の歴史
・なぜ奇経八脈の情報が失われたのか
・なぜ奇経八脈の記憶がよみがえろうとしているのか
◎内丹の背景:内なる錬金術と奇経八脈へのつながり
◎奇経八脈に関連するエネルギー(気のタイプ)
◎奇経八脈の対応がどのようにDNAコードのパーツや内分泌系を目覚めさせるか
◎魂はどのように奇経八脈に関連するコードを認識するか

◎セレモニーセッションのデモンストレーション
◎質疑応答

そのほかにも、個人的に興味を惹かれている「易経」と「易経と奇経八脈の関係」についても、もし可能であれば1月の講座で紹介してほしいとエリンにリクエストしたところ、快く受け入れてくれました。「易経」の内容は、本来1月の講座では入ってこない内容になりますが、「易経」に興味をお持ちの方も多いのではないかと思いますので、どうぞおたのしみに!

エリンには、1月の講座に向けてマニュアルを用意してもらいましたが、当初は多くても10ページ程度という話だったにもかかわらず、先日上がってきたマニュアルは、なんと30ページにも及ぶマニュアルでした。この短期間によくこれだけの内容をまとめ上げてきたなあというような中身で、あらためてエリンのパワーを感じましたし、間違いなく素晴らしい講座になるなあと。

続いて、ふたつ目のご質問です。
1月の講座が気になっています。来年5月に開催予定の講座をもし受けるとしたら、1月の講座は必須で受けといた方がよいのでしょうか?」について。

1月の講座は、必須ではありません。来年5月に開催予定のクラスから、音叉やチベタンボウルを使った実技が入ってきます。そのため、1月の講座では、実技に入っていくために、「奇経八脈」という奥深い叡智を少しでも理解するための講座となっています。ですので、もちろん5月から参加していただいて問題ありませんが、「奇経八脈」は隠されてきた情報、叡智のため、ほんとうに深い内容です。「奇経八脈」について深く理解したい方は、ぜひ今回の講座から受けていただくことをオススメします!

講座をすでにお申込いただいている方には、来週以降あらためてメールを差し上げる予定ですが、エリンから1月の講座に参加されるみなさんがお持ちの「奇経八脈」についての質問を事前に知らせてほしいという要望が来てきます。エリンにとって、これはとってもたいせつなんだそうで、みなさんの質問によって、クラスがどう変化していくかも、今からとてもたのしみにしているところです。

引き続き講座のお申込受付中です!たくさんの方にお会いできることをたのしみにしています。
ご質問などありましたら、こちらからお気軽にお問い合わせくださいね。

杉山京子

タグ:
関連記事