toggle
2018-07-23

空間性と共時性のあいだ

みなさん、こんにちは!

猛暑が続いていますね。
西日本の被災地においても、厳しい環境が続いていると思いますが、
みなさま、体調の管理にはどうぞ十分お気をつけください。

さて、ethical cosmicに引越ししてからというもの、個人ブログとは違い、
ethical cosmic ではパブリックで土星的な役割が増して、
自分の書きたいこと、考えていること、感じていることを
どのように表現すればいいのか、いまだに戸惑っています。

そして、ブログで伝えたいことがあって、喉まで出かかっているのに、
結局、喉で抑えてしまっているような感じがずっとあるのです。

例えていうなら、ワクワクしながら新しい洋服買ったものの、
今まで着たことがないデザインで、ほんとうに似合っているのかしら?といった、
着心地の悪さを感じていて。

よういちさんとふたりで一緒にethical cosmicをやっていく、と
決めるのもすごく時間が必要だったし、今も正直迷いがでてくることもあります

それでも、わたし一人でブログやセッションをやっていた頃よりも、
もっと、もっと、たくさんの方たちに「サウンド・ヒーリング」や
「IHキネシオロジー」を知っていただくためには、
より土星的になっていく必要があったのも事実で、
このタイミングでじぶんの身体をトランスフォームさせる必要があった
ということ感じています。

でも、「土星的だけ」だとおもしろみに欠けちゃうし、
ふたご座と、しし座と、さそり座をスパイス的に混ぜ合わせて、
「きょうこ便り」を書いていければと思っていますので、
みなさま、どうぞ、よろしくお願いします!
(そんな高度なことができるのか???)

このことを、よういちさんに話したところ
「みずがめ座の時代は、天王星的な生き方の個の集団であるとも言えて、
それは天王星的な意識(普遍性)に至れれば、
土星的な構造(しばり・ルール感)やそういったシステムのなかにいても、
共存はできうるということ。

ただし、空間性(土星的、山羊座的意識)と
共時性(天王星的、水瓶座的意識)の間には、あまりにも資質的ギャップがある。
まさにそれが今の過渡期であり、
わたしたちがキロン(土星と天王星の橋渡し)の叡智に至ることが必要。」
という、なんともむずかしいことを言っておりました。
詳しく知りたい方は、占星術クラスにお越しくださいませ。
占星術クラス(Level2〜Level3)」で、とっても詳しく説明してくれると思います!!!

そうそう、喉まで出かかっているのに、喉で抑えてしまっているといえば、
フィボナッチプロセス創始者であり
Acutonicsティーチャーであるロン(Ron LaPlace)、
そして、同じくAcutonicsティーチャーのエリン(Erin Taylor)の
惑星音叉ツインセッションを受けたとき、同じことを言われたのを思い出しましたよ。

ロンとエリンから惑星音叉ツインセッションを受けられるというのは、
ほんとうに、ほんとうに貴重な経験なのです。
フィボナッチセッションは、通常ひとり施術のセッションですが、
ツインセッションでは、ふたりが同時に「奇経八脈」にアクセスするため、
フィボナッチセッションのパワーが何倍にもなるといわれています
(それをethical cosmicではやらせていただいています)。

このセッションはすごく思い出に残っていて、
なぜなら、初めてよういちさんとふたりでセッションを受けたから!
(お互いセッションを受けているときに立ち会うという意味です)

このセッションが、すごかった!!!

最初は、よういちさんがセッションしている姿を見ていたのですが、
ロンとエリンのセッションしている姿の美しいこと!
シンギングボウルの使い方もすばらしく、すっごく勉強になっていたのですが、
パートナー同士は心がつながっているといわれるのは、
ほんとうにそうだな~と実感したのが、
よういちさんのセッションを見ているだけなのに、
感情がガーーーーーっと上がってきて、その時点ですでに半泣きの状態に。

で、次はわたしのセッションとなったら、、、もう最初から最後まで大泣きで。
使っていた音叉もオーム音叉を基音とした「フィボナッチ音叉」ではなくて、
水の周波数を基音とした「ウォーター・フィボナッチ音叉」
(現在、フィボナッチ音叉を使って施術しているのは、ロンとエリンだけ)での
セッションだったからかもしれません。

水というのは、まさに感情を表していて、「ウォーター・フィボナッチ音叉」は、
奥深くに眠っている感情を水面に浮かせることができるので
まだこんな感情が自分のなかに眠っていたんだということに
気が付かせてくれます。

セッションが終わり、ふたりに言われたことが
「よい解放だったね!」ということ。

そして「きょうこのなかには火が燃えていて、
その火が喉のところで止まっている。そしてサードアイ(松果体)のブロックもある」
といわれたのでした。

ちなみに、それを聞いていたよういちさんは
「きょうこさんのホロスコープを見たときに、
火の女神だということに気づいたんです」とロンに伝えたところ、
「だから、YoichiはKyokoを好きになったんでしょ?」という会話も・・・
(ひゃーーー!!!)

今、振り返ってみるとおもしろい会話がなされていたけど、
その時は泣き疲れてぼーっとしていて、脳がまったく動いていなかったので、
喉のつまりや、サードアイ(松果体)のブロックをどう解放させればいいか、
もっと詳しく突っ込めばよかった・・・。

セッションに限らず、何気なく言われたメッセージに
すごーーーーく深い意味が隠されていますよね。

ちなみに、フィボナッチセッションを受けたらどうなるか?ですが、
じぶんが進むべき道を歩きはじめます!
(これはこれまでフィボナッチセッションを受けた方からの実際の感想です)

そして、セッションを受けた人の家族・動物までに変化を及ぼします。
(服部みれいさんの「うつくしい自分になる本」でも「フィボナッチセッション」が
取り上げられていますので、ぜひご覧なってみてくださいませ)。

そうそう、カナダでのAcutonicsクラスで、フィボナッチのシェア会があったので、
ロンに「服部みれいさんという方の本に、フィボナッチが紹介されたんだよ!」と
と伝えたところ、めちゃくちゃよろこんでいました!

 

じゃん!その時の写真です!

みれいさんの本を片手に熱く語っているわたし!
緑色のポロシャツを着ているのが、ロンです。

それぞれ一人ひとりが、
自分が進むべき道を進みはじめること、
人生でこれ以上のよろこびはないとわたしは信じています。

なので、自分が進むべき道に導いてくれる、フィボナッチセッションを
させていただくことがでけるということは、
まさにわたしのよろこびだな~って感じていますよ。

ぜひ、みなさん、フィボナッチセッションを受けにいらしてくださいね。

◎フィボナッチセッションとは…

フィボナッチ・サウンドヒーリングは、フィボナッチ数列の周波数に合わせた音叉(フィボナッチ音叉)を使い、「奇経八脈」を活性化します。活性化された「奇経八脈」は、過去(過去生含む)と現在を未来につなげ、その方ご自身が持つすべての可能性につなげることができると言われています。

セッションのご予約は「お問い合わせ」から、またはethical.cosmic@gmail.comまでご連絡くださいませ!

◎お知らせ

【占星術クラス UPDATE!!】2018年度のWisdom of Astrologyクラスの詳細がアップされました。すべての出来事を占星術の観点から、見て・感じて・分析できるようなります!星の勉強をはじめると、良くも悪くも、否が応でも星の影響を受けているということが身をもって実感できるようになります。

――――

◉LEVEL1「Entry Class」(オープンクラス:誰でも受講可能, 単発受講可能)

◎占星術概論 − 内容【占星術とは何か?, ヒストリー, 歴史的偉人たちと占星術, 占星術の基本概念, ホロスコープとは?(各パーツと仕組み), 地球の歳差運動と春分点の移動(魚座の時代から水瓶座の時代へ)… 】

雑誌やTVの占いは外れてるし、なんか嫌なんだけど、なんとなく魅かれるし気になるんだけど?。まず占星術というものを知りたい。ホロスコープってどういうもので、何がわかるの?。水瓶座の時代って何?。ちょっと習ってみたいんだけど、まったく初めてです。などなど、占星術のいろは、入り口をご案内するエントリークラスです。ご興味のある方はどなたでも受講できます。

▼料金&開催スケジュール▼

8月25日(土)10:00〜16:30  Update!!
――――
占星術にちょびっとでもご興味のある方、
どうぞ、どうぞ、ご参加されてみてください。
結局、好きなことだけ書いておわりました・・・(笑)

それでは!

きょうこ
関連記事