toggle
2018-06-28

星と夢見

みなさん、こんばんは!

今日は、山羊座満月です!山羊座満月についての詳しい説明は、
ぜひこちらをご覧くださいね!
https://ethicalcosmic.com/2018/06/27/capricorn-fullmoon/

今回の山羊座満月はチャート的に、すごい満月らしいです!
そして、次の新月から、夏の三連発「蝕」の期間に突入するということで(まるで打ち上げ花火のような表現!)、なんだか宇宙は盛り上がっているようですね。

満月・新月が訪れるたびに、満月・新月がわたしたちにもたらしてくれようとしているエネルギーを、もっと上手に使いこなせるようになりたいな~って思っているんですが、仕事のことや家庭のことに追われていると、いつの間にか宇宙から降り注がれているエネルギーの存在自体を忘れてしまうことがあって、もっと日々の生活にこのエネルギーを取り入れられたらいいのに、と思うのですがなかなか思いつかず、もったいないッ!と感じています。満月・新月エネルギーを上手に取り入れるには、惑星音叉セッションを受けていただくのが、とってもよいとのことですが、もっと簡単に取り入れる方法を見つけたら、こちらでもシェアさせていただきますね!

そんなわたしですが、水星逆行だけは、自然と活用できるようになってきました。
たとえば、水星逆行中は、スケジュールを組んだり、重要な判断をしない、とかとか。星が逆行するとネガティブなイメージもありますが、その一方で、水星逆行中にすると「良し!」とされていることもたくさんあって、水星逆行中は、じっくりと自分を振り返る時間にあてたり、ヒーリングを受けるなど、内(じぶん)に意識を向けるのにぴったりの時期のようなのです。

外へばかり意識を向けるのも、バランスが悪いし、内へ意識を向ける時期を設けましょうねって星が教えてくれているとしたら、星とともに生きるということは、自然の摂理に沿った暮らし方だとも言えますよね。

さて、すこし話は変わって、今わたしが夢中になっているものが、星を含めて3つあります。

◎1つ目。もちろん「星」のこと。
◎2つ目。「奇経八脈」のこと。奇経八脈は、フィボナッチプロセスヒーリングと密接につながっています。
◎最後の3つ目。「夢を見る(ドリーミング)」ことです。

毎夜、わたしたちが見る夢は、潜在意識が見せてくれています。そして、夢見(ドリーミング)というのは、わたしたちが見る夢をひもとくための技術のこと。夢日記を書かれている方もいらっしゃるかもしれませんが、まさにその夢というイメージは、たくさんのことをわたしたちに伝えてくれようとしています。ただし、多くの人は、イメージという言語の読み解き方を忘れてしまっているので、夢が何を伝えてくれようとしているのかを理解することがむずかしいのですが。夢を見ながら、今、夢を見ていると意識できるようになったら、見ている夢の展開が気に入らなかったら、見ている途中で夢の内容を変えることができたら、とってもおもしろい!し、素敵!だなと思うのですが、みなさんいかがですか?

イメジェリーの世界的大家といわれている、キャサリン・シェインバーグが、夢やイメージをどうやって見るか、どのように解釈するか、そして見た夢やイメージをどのように変えるかを世界各国で開催しているワークショップで教えてくれています。そして、先日そのキャサリンに会いに、遠くはるばるイタリアまで行ってきましたー!しかも、ONLY English!クラス。もうほんと大変でした!英語を理解するのが(笑)でも今回の目的は、クラス雰囲気を味わうことと、友人たちとたのしい時間を過ごすことだったので、すべて◎!

夢は、夜だけでなく、昼間も見ていると言われています。イメージはとっても簡単に、そして早く、潜在意識を変容させます。なぜなら古いイメージを新しいイメージに変えることができるから(生まれるまえに決めてきたブループリントに戻るともいえます)。今回のワークショップでも、イメージは本当にパワフルで、深淵な叡智が隠されているということを改めて感じました。

今回のイタリアでのワークショップでは、Acutonicsティーチャーのエリンも一緒に参加したのですが、クラスの途中、エリンが小声でいろんな秘密を教えてくれました!イメージと奇経八脈とのつながりとか☆ 惑星音叉セッションにも活用できたらいいなーって思っています。

キャサリンの本もとってもおもしろいので、おすすめです!

きょうこ

関連記事